新規事業創出ガイドTHRUSTER(スラスター)バージョン4の配信を開始

7月21日(水)13時16分 PR TIMES

〜新規事業のコアとなる事業仮説の作り方と仮説検証の実践方法の手引き〜

 新規事業創出のプロセス開発や新規事業立ち上げのハンズオンサービスを提供する株式会社グロースハックスタジオ(本社:東京都渋谷区 代表取締役 広岡一実 以下GHS)は、新規事業創出ガイド「THRUSTER(スラスター)」バージョン4の配信を開始しました。

 THRUSTER(スラスター)バージョン4では新規事業の中心的な役割となる事業仮説の構造やロジックと、仮説検証の実践方法であるアジャイル型プロジェクトマネジメントの運用方法を解説しています。

 社内起業家の方だけでなく、新規事業運営する事務局の方にも新規事業のあり方や運用方法について活用できる内容になっています。

【バージョンアップの背景】
 事業を作るための手法は発展して細分化が進む一方で、事業仮説全体を構造的に捉えたガイドのようなものがあまり見当たらない状況です。

 新規事業立ち上げでは社内で企画を通す際などによく聞かれる「なぜ今、なぜ自社が、この新規事業に取り組むのか?」という問いに対して明確に回答するためには、事業仮説を構造的に捉えておくことが重要です。

 また、新規事業を立ち上げていくプロセスの観点では、事業仮説の確度をあげていくといった仮説検証型のマネジメント手法の必要性が高まってきていますが、実践的な運用ガイドがあまり存在しませんでした。


【バージョンアップの3つのポイント】
 一般的なキャンバスのようなフレームワークや個別の方法論ではなく、新規事業の事業仮説や進め方を俯瞰し構造的に捉えた新規事業創出ガイドとして作成し直しています。

 主なバージョンアップのポイントは次の通りです。

事業仮説の構造と構成要素を解説
仮説検証型で進めるプロジェクトマネジメントの概要と実践方法を解説
新規事業組織を強化するナレッジマネジメントの概念と実践方法を解説


[画像1: https://prtimes.jp/i/18185/9/resize/d18185-9-ff7b7e772f14640ad44d-3.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/18185/9/resize/d18185-9-4e2c6402390a674ae4da-2.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/18185/9/resize/d18185-9-f54c5cdcafda4f831958-4.png ]



【THRUSTER v4 の活用方法】
 新規事業創出ガイド「THRUSTER(スラスター)」は以下のようなシーンでご活用いただくことを想定しています。

新たに事業仮説を構築するとき
既存の事業仮説のアップデート方法が分からないとき
事業仮説を構造的に理解したいとき
社内公募制度や新規事業制度での各事業仮説をどう評価すればいいか分からないとき
新規事業立ち上げの進め方や運用方法の社内プロセスを整備したいとき
新規事業組織を強化するためのナレッジマネジメントのプロセスを構築するとき



【THRUSTER v4 の入手方法】
THRUSTERは以下のURLから無料でダウンロードしてご活用いただけます。

ダウンロードサイト:https://thruster.tokyo/


内容に関するご不明点や進め方に関する相談などがございましたら、こちらからオンラインでの無料相談も随時受け付けておりますのでご活用ください。

オンライン無料相談:https://www.ghs.tokyo/index.html#youcanbook


【会社概要】
会社名 :株式会社グロースハックスタジオ
代表 :代表取締役 広岡 一実
設立 :2015年4月
URL :https://www.ghs.tokyo/
事業内容 :新規事業創出ガイド”THRUSTER”の開発と提供
:新規事業創出のインハウス化ツールオトノミの開発と提供


【本件に関するお問合せ先】
株式会社グロースハックスタジオ
Email : info@ghs.tokyo

PR TIMES

「新規」をもっと詳しく

「新規」のニュース

「新規」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ