CAMPFIRE Angels、第9号案件の情報開示スタート、募集開始は「7月30日(金)20:00」を予定

7月21日(水)9時47分 PR TIMES

第9号案件は骨再生医療材料で脊椎・整形外科手術におけるアジア市場を開拓する、バイオ医療テックカンパニー

株式会社CAMPFIRE Startups(CAMPFIREグループ 本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:出縄 良人 / 以下、当社 )の運営する、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels(キャンプファイヤー エンジェルス)」の第9号案件として、骨再生医療材料で脊椎・整形外科手術におけるアジア市場を開拓する、バイオ医療テックカンパニー「オステオノバス株式会社」の情報を公開いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/27509/48/resize/d27509-48-d014d48d21f59e70ac0d-0.png ]




第9号案件は、バイオ材料研究者と脊椎外科医のノウハウを結集した医療材料で、手術の不便を解決する「オステオノバス株式会社」

「CAMPFIRE Angels」は、非上場会社がサイト上で自社株の株主募集を行うことで、多くの個人投資家(エンジェル投資家)から少額ずつ資金調達ができる、株式投資型のクラウドファンディングサービスです。その第9号案件として「オステオノバス株式会社」をサポートいたします。

本日【7月20日(火)20:00】よりプロジェクトの情報を開示し、来週【7月30日(金)20:00】より株主募集を開始いたします。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/27509/table/48_1.jpg ]




「オステオノバス株式会社」について

「腰が痛い」「足が痺れる」などの症状は日常生活の中で時々耳にされることと思います。原因が脊椎にある場合、一般的にはまず保存療法、それでも症状が解消されない時には手術になります。例えば「脊柱管狭窄症」。加齢や重労働等によって骨や関節が変形、もしくは椎間板や靭帯が硬く飛び出し、神経やその周りの血行を阻害する症状で、60歳以上の高齢者に多く見られる病気です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/27509/48/resize/d27509-48-479280f9725614a41f69-1.png ]


「脊柱管狭窄症」手術の場合、よく選択されるのがケージを使用した椎体間固定術。椎体と椎体の間のクッションのような役割を果たしている椎間板を除去し、代わりに支えとなるようケージを挿入します。同時に、スクリューとロッドを装着してサポート。ケージは椎骨よりも小さいため、ケージの周りや内側に人工骨や移植骨を使用し、余っているスペースを埋めていきます。時間と共に椎体やケージの周りに骨が出来ていき、上下にある椎体同士が癒合します。
[画像3: https://prtimes.jp/i/27509/48/resize/d27509-48-23ba03eaaf037a275c8a-2.png ]


様々な人工骨があるなかで、現在主に使われているものとして顆粒状、ブロック状、生物由来製剤のものがあります。顆粒状のものは術部に置いておくことはできますが、術後患者さんが動かれた時に顆粒が移動してしまう心配があります。またブロック状の場合、骨の形状に合わせて留置するのが難しいという課題があります。患部の奥に入れるのも困難です。他にも人の骨を原料に使った生物由来製剤がありますが、抵抗を感じる患者さんも多くおられます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/27509/48/resize/d27509-48-c01c24770660f28c3917-3.png ]

そこで、オステオノバス株式会社の親会社米国OsteoNovus Inc.が開発したのが吸収性骨再生材料「ノボグロ(NovoGro)」。医師が感じる不便さや患者さんの心配事を解決し、安全で使い勝手の良い製品開発に取り組みました。「ノボグロ(NovoGro)」は、アメリカで発明界のオスカーとも呼ばれるThe R&D100を受賞。米国「R&D World Magazine」主催の権威ある賞で、世界的研究機関や企業が開発し、過去1年に実用化された製品や技術のうち最も優れた100件を選出するもの。過去にはトヨタ自動車の技術も表彰されています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/27509/48/resize/d27509-48-581109bb2e31c97c67f1-4.png ]

脊椎外科や整形外科手術など、人工骨を使用する手術は年間で約10万件、100億円の市場規模であると推測しています。オステオノバス株式会社独自の製品力と医師のネットワークを強みに、マーケットへアプローチすることで、売上規模としては3年目で7億円、5年目で10億円強を目指します。

[画像6: https://prtimes.jp/i/27509/48/resize/d27509-48-49186be930af712160d7-5.png ]




「オステオノバス株式会社」代表が語る無料ウェビナー配信【7月29日(木)19:00-20:00】

また、募集開始の前日【7月29日(木)19:00-20:00】には、代表が語る無料ウェビナーの配信を予定しております。代表から直接、事業内容や今後の展開についてお話を頂くウェビナーとなっております。ぜひご参加ください。

[画像7: https://prtimes.jp/i/27509/48/resize/d27509-48-eb0e693fe5725432b92e-6.png ]


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/27509/table/48_2.jpg ]



▼登壇:オステオノバス株式会社 代表取締役社長 森 崇
丸紅(10年半)、GE(15年)、キヤノン(7年半)、三菱ケミカル(2年)と勤務。GEの後半以降の17年間はヘルスケア関連の事業経営や製品開発のリーダーを歴任。病院向けファイナンス、放射性医薬品製造販売、次世代画像診断機器開発、化学を生かす医療事業開発、等。キャリアの前半では新規事業開発、営業・マーケティング、M&A、PMI、サービス体制再構築など多様な分野を担った。2019年秋に米国OsteoNovus Inc.のVPに就任し2020年1月オステオノバス(株)を設立、現在に至る。
大阪大学基礎工学部物性物理工学科卒、UCLA経営大学院卒(MBA)
趣味:各国の美術館・博物館巡り、旅行、いろんな野球を観る事(元高校球児)、ホームパーティ


CAMPFIRE Angelsへの投資家登録は無料。エンジェル投資家募集中

応募申込には事前のご登録が必要となりますので、投資家登録がお済みでない方は、お早めにご登録・審査をお済ませください。
まだ投資家登録がお済みでない方は、以下よりご登録頂けます。


[表3: https://prtimes.jp/data/corp/27509/table/48_3.jpg ]

※登録には審査がございます。

また、CAMPFIRE Angelsを利用しての資金調達をご検討中のスタートアップ企業様におかれましては、以下より【無料オンライン面談】をご予約頂けます。経験豊富なプロのキャピタリストがご相談を承りますので、どうぞお気軽にお申し込みください。


[表4: https://prtimes.jp/data/corp/27509/table/48_4.jpg ]




CAMPFIRE Angelsについて

非上場会社の資金調達を実現する株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム。
登録投資家はプロによる厳正な審査を通過した、将来性豊かな非上場株式に投資することができ、スマホからスタートアップの株主になることができます。
https://angels.camp-fire.jp/


株式会社CAMPFIRE Startupsについて

名称:株式会社CAMPFIRE Startups
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第3000号
加入協会:日本証券業協会
契約紛争解決機関:証券・金融商品あっせん相談センター
投資者保護基金:未加入
代表取締役:出縄 良人
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル 5F
資本金:1億円
事業内容:第一種少額電子募集取扱業、適格機関投資家等特例業務、コンサルティング事業、教育研修事業
URL:https://campfire-startups.co.jp/

※当プレスリリースは、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」の募集案件に関連する情報を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。なお、実際の投資に際しては投資に係るリスクをよくご確認の上のご判断をお願い致します。
※広告等に関する表示事項はこちら
https://angels.camp-fire.jp/terms/ads

PR TIMES

「情報開示」をもっと詳しく

「情報開示」のニュース

「情報開示」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ