長時間ランプを採用したLCDパネル搭載プロジェクター3機種を発売

7月22日(月)13時40分 PR TIMES

3,500lmクラスのラインアップ拡充により幅広いニーズに対応

キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、新設計の長時間ランプ(※1)を採用したLCD(Liquid Crystal Display=液晶)パネル搭載のプロジェクター“LV-WU360”など3機種を、2019年8月8日より発売します。

[画像: https://prtimes.jp/i/13980/455/resize/d13980-455-568175-0.jpg ]



新製品3機種は、いずれも長時間ランプを採用したLCDパネル搭載のプロジェクターです。小型・軽量設計ながら3,500lmクラスの明るさを実現しており、“LV-WU360”はWUXGA(1,920×1,200画素)の解像度で明るさが3,600lm、“LV-WX370”はWXGA(1,280×800画素)で3,700lm、“LV-X350”はXGA(1,024×768画素)で3,500lmの映像投写ができます。
キヤノンは、企業の会議室や学校の教室、店舗のデジタルサイネージなどで需要が高まる3,500lmクラスのプロジェクター製品のラインアップを拡充し、幅広いニーズに対応していきます。

■ 長時間ランプの採用によりメンテナンスコストを削減
ランプの駆動方式を改善した新設計の「長時間ランプ」を採用することで、ノーマルモードで約1万時間、エコモードで最長約2万時間の長期間運用を実現しました。ランプの購入や交換の頻度が減り手間が軽減されるため、メンテナンスコストを削減することができます。

■ 明るく鮮やかな映像投写を実現するLCDパネルの採用
赤(R)・緑(G)・青(B)の3枚のLCDパネルにマイクロレンズ(※2)を追加することで光の利用効率を高め、明るさを向上した3原色液晶シャッター投写方式(※3)の光学システムを採用しています。キヤノンの色再現技術を活かしつつ、投写光のカラーバランスを向上させることにより、明るく色鮮やかな映像を投写することができます。

■ 携行性に優れた小型・軽量設計と多彩な基本機能
質量約3.2kg(※4)、大きさ約345(幅)×99(高さ)×261(奥行き)mmの小型・軽量設計を実現しています。投写映像の縦方向のひずみを自動的に補正する「オートキーストーン」を搭載しており、小型・軽量設計を生かして、用途に応じて気軽に持ち運び、柔軟に運用することができます。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/13980/table/455_1.jpg ]


※1 ランプの使用時間は、目安であり使用環境・状況により異なる場合があります。3,000lmクラスのDLP(R)方式「LV-X300」(2014年9月発売)の光源ランプの交換目安である約5,000時間と比較し、約2倍の長時間ランプを搭載。DLPは、Digital Light Processingの略。デジタルミラーデバイスを用いた映像表示システム。
※2 LV-X350は非搭載。
※3 光の三原色である赤(R)・緑(G)・青(B)の3枚の液晶パネルでそれぞれ映像を再現してから、再び合成する表示方式。
※4 LV-WU360は約3.3kg。

PR TIMES

「採用」をもっと詳しく

「採用」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ