自動車業界のオワコン化に見る「魅力あるモノづくり」という宗教の終焉

7月23日(木)7時0分 文春オンライン

 日本のお家芸であった自動車業界ほか製造業も、他の産業同様にコロナにおいてなかなか手ひどいダメージを負ってしまいました。


 さっきロイター通信を見てたらドーンとカルロス・ゴーンさんの写真が出てきて「なんだなんだ」と思ったら、日産とルノーの決算を見て嬉しそうにDISっていました。逃げてったくせになに言ってんだと煽りたくなる気持ちも湧き上がりますが、まあ、実際決算内容はクソですからね。言われてもしょうがないね。


日産とルノーの決算は「惨め」─ゴーン被告=仏紙
https://jp.reuters.com/article/nissan-ghosn-idJPKCN24L00T


自動車事業の延長線上にどんな未来を思い描こうとしているのか


 我が家も赤ちゃんが一人で座れるようになったので、業務での移動のための車とは別に家庭用の車を買い替えようかといろいろ車サイトを物色しているんですが、これといって「すごい欲しい」という感じの車が見当たらないんですよ。まあ、もともと私自身があんまり車に関心がないからというのもあるのでしょうが、車に乗って快適な家族生活を送るというイメージがなかなか湧かないのもまた事実です。


 もちろん、車自体が価値を生むのではなく、家族で移動した先が楽しければいいわけだし、車そのものは安全で、かつ経済的であってくれればよいという割り切りもあります。自動車というハードそのものに期待するものは少ないんですよ。



©iStock.com


 ところが、自動車会社各社がSDGsだ、エコカーだと言っている間に、ちょっと前まで死にそうだったテスラ社が株価爆騰しておりました。なんかバブルっぽい気もしますが、コロナ後に経済環境が大きく変わっていくぞというところで、いわゆる古き良き製造業としての自動車産業よりも、より部品点数が少なく電気自動車(BEV)としてのストーリーが分かりやすい、実質的にはIT企業のようなテスラ社に関心が集まるのは仕方のないことなのかもしれません。


トヨタ自動車がSDGs強化を宣言:社長が決算発表で−オルタナ
http://www.alterna.co.jp/30928


コロナショックでトヨタよりもテスラの株価が急上昇している理由
https://diamond.jp/articles/-/243688


「自動車業界は変わらなければならない」と一口で言うのは簡単ですが、いままで培ってきた技術や、モノづくりのための膨大な資産が新しい潮流への変化を鈍らせ、夢のない製造業が未来を顧客に示せないまま過剰な競争で埋没していく姿は物悲しいものがあります。人工知能(AI)だよ、MaaSだよ、自動運転だよ、モビリティIoTだよと先進的な技術をまとってはいるけれど、業界が取り扱うのはあくまでも車であり、車が主人公。まあ、それはそうなんでしょうけれども。


 別にトヨタ社にロケットを飛ばして有人飛行をやって欲しいというつもりは微塵もないのですが、いままでやってきた自動車事業の延長線上にどんな未来を思い描こうとしているのか、途方もない何かに挑戦しているという雰囲気はあるのかという、そういうソフトが欠けているように思うんですよ。


「いや、スマホで間に合ってるので」で終わってしまいかねません


 自動運転車とMaaSとの関係の果てにひねり出したのがスマートシティで、静岡にて「ウーヴンシティ」を作る構想をトヨタが発表したり、宇都宮でのスマートシティ構想にホンダが参画したりしていますけれども、「地に足がついている」という堅実さ以上に何かすごいビジョンがそこにあるのだという感じがこれっぽっちもしません。AIだロボットだと言いながら、ああどうせOSはGoogle様に握られるんだろうなあとか、スマートシティで生活してみたらセキュリティホール突かれて中国に個人情報をごっそり抜かれるんだろうなあという残念な予想ばかりが先に立ちます。


 ネットでもトヨタ総帥の豊田章男さんが熱心にエコカーや未来の車について熱弁を振るっておられますが、でもたぶんこの人は燃費の悪い車を爆音響かせながら転がしていくのが好きそうに見えるという点で「もっと本音で喋ってくれていいのに」と毎度思います。いい人なんだろうなあ、と。立場上、演じないといけないんだろうなあ、と。


 それもこれも、いわば「先進的なハードが導く未来」という自動車業界特有の閉塞した臭みが漂い、もはや自動車で移動することそのものはサブの価値に過ぎなくなって、そこでいかに快適に暮らすかはもっと別のサービスがもたらす快適さが大事になっていることに気づいてないのだろうか、と思うのです。いわば、自動車屋は自動車屋なのであって、そこに個人に関するデータやインターネットからもたらされる情報を組み合わせる場として自動車を使うよと言われても、別にそこに集約する必要もない私たちからすれば「いや、スマホで間に合ってるので」で終わってしまいかねません。


 思い返せば、昔パナソニックが白物家電のネット化を果たすとかいう「スマート家電」でセンシングされた冷蔵庫に何かを買う必要が出たらお薦めを表示する機能をつけていたり、ソニーがすべての家電がネットで繋がるとかいう「それを実際何に使うのか」という詰め切らないコンセプトで商品化しているのを見て総萎えになった時期がありました。もちろん、いまではそんな製品は綺麗さっぱり見なくなり、綾瀬はるかが一生懸命宣伝しているのを眺めるぐらいです。すでに機能的に完成されている家電を「スマート化」しても、どう考えても使われない機能が満載になるのと同様に、社会的に必要なすべての機能を車載したりポータブルにしていくといってもそんなものは他にいくらでも餅屋はいるのです。


車を保有すること自体に価値を感じている人たちはそう多くない


 人生のステージに合わせて車を買い替えたり、車が必須な地方での生活で快適なカーライフを提案するというところまでは「車が主人公」だからみんな買うけれども、車を保有すること自体に価値を感じている人たちはそう多くないからこそ、新たな時代や未来を示してもらわないといかんのです。


 生活には必要だけど、最重要でもないから、コロナが経済を直撃すると真っ先に「車の買い替えは控えよう」と絞る対象になり、スマートシティが実現するのはそりゃまあ素晴らしいことだろうとは思うけど、「それで得られる生活上の素晴らしさ、快適さ」と「それを実現するために必要なコストや、使いこなすために学ばなければならないことの多さ」とを見比べていかなければならない。いままでの自動車業界が、これからも自動車業界として存続していくために、無理にいろんな機能を車中心に付け加え、それに合わせてスマートシティをやるんですよという本末転倒にならないよういろいろ考え直さないといけないんじゃないか、と思います。


本当に価値を持つであろう大事な情報をすべて他社が握ってしまう


 先日も、ホンダでまたマルウェア感染からデータが全部ぶっこ抜かれたうえで工場が操業停止に追い込まれるという事件がありましたけれども、単にホンダが中国に狙われて可哀想とか、何をしているんだと矮小化する議論ではなく、日本の製造業全体における非常に閉じた、固まり切った企業文化をどうにか開いていかなければならないんじゃないか、と外からは思います。たぶん、背広来た幹部がいっぱい集まって何度も長い時間会議しながら物事を進めているんだろうなっていう、日本らしい企業経営でやっているので、出てきているアウトプットが微妙に陳腐なものばかりになるんじゃないだろうかと。


 その意味では、トヨタをはじめ日本の製造業各社の本当のコンペティターは実はもはや同業他社ではなくて、GoogleやApple、テンセントといったソフトウェアの根幹を担うIT企業たちではないかと思うんですよ、たくさんの情報を扱うのだと自分自身の業務領域(事業ドメイン)を規定するならば。だからこそ、いろいろ考えた結果、多額のおカネをかけてスマートシティをやろうという話になったわけでしょう?


 でも、先にも書いた通り実際にはそこで動くのは確かに車かもしれないけれども、それを制御するOS、データをやり取りする通信、クラウドで扱われる個人に関するデータ、提供される情報、そのプラットフォームとなるサービス、すべてが車とは無関係にまったく異なるベンダによって提供され、そしてこれらの中で一番カネにならないのはたぶん「自動車を売ること」です。下手をしたら、平日は自動車すら要らない生活を送る人が大半になってしまうかもしれません。移動する人たちのために、町中を走り回る広告付きの自動運転車がサービスとして提供されるとき、それがトヨタ車でなければならない理由はありますか。


 そうなると、きっと湯婆婆に「ふん、『スマートシティ』というのかい? 贅沢な名だね。いまからお前は『企業城下町』だ。みんなトヨタホームに住むんだよ」とか煽られそうな気がするんですよ。そして、本当に価値を持つであろう大事な情報をすべて他社が握ってしまうという。もう遅いかもしれないですけれども、いま一度、モノづくりとか手がけているハードウェアから離れて、何を価値として提供し、どう収益を上げて業界をリードしていこうとしているのか、考えるべきなんじゃないかと思うんですよね、我が国の製造業各社。


(山本 一郎)

文春オンライン

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ