銀行登録OK!いたずら好きなピーターにいつでも会える!世界中で愛されている絵本シリーズ「ピーターラビット」のキャラクタ—はんこが登場。

7月23日(火)11時40分 PR TIMES

ピーターラビットファンにはおなじみのキャラクタ—が登場するイラストは全22種類。ふだんづかいの認め印として使えるセルフインクタイプと、銀行印としても使える木彫りタイプが選べます。

絵本をモチーフにしたかわいい専用ケースのデザインは全5種類。いたずらっぽさがたまらないピーターや、従兄のベンジャミン、こねこのトム、あひるのジマイマ、かえるのジェレミー・フィッシャーどんなど、誰もが一度は見たことのあるキャラクターに、はんこを押すたびに出会えます。

インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」を運営する株式会社岡田商会(所在地:大阪府大阪市、店長:岡山耕二郎)はこのたび、100年以上たった今でも世界中で愛され続けている絵本シリーズ「ピーターラビット」のキャラクタ—に出会えるはんこ「『絵本ずかん』ピーターラビット™シリーズ」の販売を開始いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13389/215/resize/d13389-215-655990-5.png ]

ピーターラビットはイギリスの絵本作家、ビアトリクス・ポター™による絵本シリーズ。世界110ヶ国35ヶ国語で発行され、累計発行部数2億5,000万部以上の世界的ベストセラーとなっています。その物語の主人公として登場する青い服を着たいたずら好きのうさぎ・ピーターは、うさぎ好きな方にもおなじみのキャラクタ—となっています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/13389/215/resize/d13389-215-914374-4.jpg ]

「絵本ずかん」ピーターラビット™シリーズのイラストはこちらの22種類。愛らしいいたずらっぽさがたまらないピーターや従兄のベンジャミン、こねこのトム、あひるのジマイマ、かえるのジェレミー・フィッシャーどんなど、ピーターラビットファンにはおなじみのキャラクタ—たちに、はんこをポン!と押すたびに出会えます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/13389/215/resize/d13389-215-899545-0.jpg ]

フォントはこちらの3種類。絵本にも登場するかわいらしいイラストと相性のよいフォントをご用意いたしました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/13389/215/resize/d13389-215-315245-1.jpg ]

はんこのタイプはこちらの2種類。サイン替わりや宅配便の受け取り、お子様の連絡帳や音読カード、ちょっとしたお仕事にも使えるセルフインクタイプと、全国ほとんどの金融機関で銀行印としても使える木彫りタイプとなります。愛らしいピーターラビットのはんこをポン!と押せば、「あっ、ピーター!」などと、押した相手の気持ちもおもわず和むことでしょう。

[画像5: https://prtimes.jp/i/13389/215/resize/d13389-215-966226-2.jpg ]

「絵本ずかん」ピーターラビット™シリーズは専用の筒型ケース付き。ケースのデザインは以下の5種類より好きなものを選ぶことができます。

[画像6: https://prtimes.jp/i/13389/215/resize/d13389-215-255176-3.jpg ]

ピーターラビットファンの方や、うさぎ好きな方にはたまらない、とってもキュートなピーターラビットのはんこ「絵本ずかん」ピーターラビット™シリーズ。

ハンコというと事務的でお堅いイメージがありますが、 わたしたちはこれからも好きな人にはたまらないユニークな企画をつうじて、 ハンコに愛着を持つ人を増やしてまいります。


<参考URL>

「絵本ずかん」ピーターラビット™シリーズ
https://peter-rabbit.shop-pro.jp/


============================
■ビアトリクス・ポター™/ピーターラビット™について
ビアトリクス・ポターは1866年7月、ロンドンで生まれました。『ピーターラビットのおはなし』は、1893年に知人の病気の息子、ノエル少年に送った「絵手紙」から誕生した物語です。
1901年、自身で『ピーターラビットのおはなし』の私家版を出版。1902年には絵に色を付けてフレデリック・ウォーン社から出版され、最終的には24冊の絵本を世に送り出します。ロンドンから自然豊かな湖水地方に拠点を移し、晩年は牧羊と自然保護活動に力を注ぎました。
彼女が実際に暮らし、絵本にも描かれたヒルトップ農場はナショナル・トラストにより今も当時のままの姿で保存されており、世界中からピーターラビットを愛する多くのファンが訪れています。
この絵本シリーズは世界110ヶ国35ヶ国語にて発行され、累計発行部数 2億5,000万部以上の世界的ベストセラーとなっています。
ピーターラビット™日本公式サイト http://www.peterrabbit-japan.com/
============== ==============


<著作権情報>
(C) Frederick Warne & Co., 2019

PR TIMES

「ピーター」をもっと詳しく

「ピーター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ