オンライン英会話 女性恋愛小説家が体験してみたら…

7月23日(火)7時0分 NEWSポストセブン

手軽に始められるオンライン英会話

写真を拡大

 オンライン英会話教室が林立している。多くは1レッスン25分ほどで、動画チャットを通じて外国人講師とやり取りするというもの。中には1レッスン単価が200円に満たないところもあり、格安なのはありがたいところだが、果たしてどの程度レッスンの効果があるのか。実際にオンライン英会話で学習中だという作家の内藤みか氏がレポートする。


 * * *

 東京オリンピックを翌年に控え、日本では英語熱が上がっています。オンライン英会話も価格比較サイトに登録されているものだけで27社が名を連ね、最大手と言われるレアジョブでは累計利用者数が70万人、行われたレッスンは3500万回を超えたそうです(HPより)。


 レッスン内容も細分化され、初心者用から上級者用までのレベル別指導や、海外旅行用、ビジネス用などの用途向け、TOEICなどの試験対策など、各社さまざまなメニューを用意しています。


 料金はほとんどが月額定額制。スポーツジムと同じ感じといえば分かりやすいかと思います。自分のペースでレッスンする形なので、毎日レッスンをする人もいれば、週に1度がやっとという人も。毎日レッスンを予約すれば、当然単価は下がり、1レッスン200円未満(フィリピン講師の場合)になる場合もあります。


◆フィリピン人講師とネイティブ講師


 私自身は、忙しくてなかなかレッスン時間が取れないので、当初は月額定額制ではなく、レッスンのたびに料金を精算する都度課金のスクールで学んでいました。けれどそれだとついつい自分に言い訳をしてサボってしまい、なかなか動画チャットをする気持ちになれません。なので、今は月額定額制のレッスンに登録し、週1〜2回のペースで学んでいます。


 オンライン英会話はフィリピン人講師とネイティブ講師とでかなりの価格差があります。フィリピン人講師は1レッスン単価が激安なのですが、アメリカやイギリスなどの英語を母国語とするネイティブ講師は単価が1000円以上はするのでだいぶ開きがあります。物価の違いもあるとは思いますが、やはりネイティブ講師は根強い人気があるのでしょう。


 私は普段はフィリピン人講師にレッスンをお願いしていますが、自分の実力を試したくなった時に、ネイティブ講師に単発レッスンを依頼することがあります。フィリピン人講師はとてもはっきり発音するので聞き取りやすく、初心者の私には合っているのですが、ネイティブ講師は発音が滑らかで美しく、やはり憧れですし、時々聴きたくなるのです。


◆すべて英語で行われるので、リスニング力は上がる


 レッスンはまず季節の挨拶や雑談でリラックスしてから学習に入ることが多いのですが、私はこの雑談が最初とても苦手で、気が重く、なかなか予約する気持ちになれませんでした。なぜなら、すべて英語でやり取りするので、最初のうちは向こうが何を言っているのかさっぱり分からず、ひたすら愛想笑いでごまかしていたため、苦痛でしかなかったのです。


 なにしろ外国人講師はほとんど日本語ができません。必然的にすべてが英語で行われるので、全身を耳にして集中して聞き取り、頑張るしかないのです。けれど、回数をこなすうちに「最近はどんな映画を観たの? そのあらすじはどんなもの?」などという質問も聞き取れ、答えられるようになってきました。先日受けたTOEICでもリーディングよりリスニングの点数のほうが100点近く高くなったので、リスニングの力は確実についたのではないでしょうか。


◆異性の講師を選ぶとチャットも楽しい


 レッスンは講師を指名できます。しかし毎回同じ講師を指名するのはなかなか難しいもの。講師も毎日同じ時間に待機しているとは限らないし、人気の先生はすぐに枠が埋まってしまうのです。最近はかなり講師の数も増え、どの人を選べばいいのか困るほど(大手DMM英会話は6500人もの講師がいるとのこと)。迷った末、私は若いフィリピン人男性講師ばかりを指名するようになりました。


 講師を異性にするだけで、私の生活に変化が出たのです。まず、動画チャットが始まる前に綺麗な服を着て、髪をとかし、軽くお化粧までしてしまいます。また、講師は口が達者で「君は全然太ってないよ」などとおだててくれるので、男性に優しくされ慣れていない私のような女には、オンラインデートをしているような錯覚を起こしてしまいそう。


 もしかしたら、こんなときめきと共にレッスンをしている女性は他にもいるかもしれませんね。イケメン講師揃いのオンライン英会話教室が誕生したら、女性に大人気になるかもしれません。


◆子どもにオンライン英会話を習わせる親たち


 子ども向けオンラインスクールも増加しています。子ども向けに特化したレッスンや、家族割を用意し、ファミリーで英語を学ぶとおトクな教室も出てきました。それは海外での日本人の活躍を目にすることが増えたからでしょう。スポーツ選手や芸能人でも、流暢な英語を話す人が増えました。通訳なしでインタビューに答える姿は、やはり刺激になっていると思います。


 できればインターナショナルスクール入れたいけれど学費が高額すぎる──そんな家庭には、月額数千円ほどのオンライン英会話はありがたい存在です。塾や部活で多忙な現代の子どもたちも、当日予約を入れてすぐに受講できるオンライン英会話は、リアル英会話スクールに通わせるよりも金額的にも時間的にも負担が少ないので、利用されているのでしょう。


◆英語を好きになる第一歩に


 週1〜2回ペースの私ですが、まだまだ自分が考えていることをすぐ英語で伝えるのは、単語力もなく、難しい状況です。それでも目の前にニコニコとマンツーマン対応をしてくれる外国人講師がいるのはとてもうれしく、会話が弾んだ時は「通じた〜!」と幸せな気持ちに。おかげで街で外国人に話しかけられてもビクビクしなくなりました。


 実力がつくというよりは、話し続けることで英語が怖くなくなりますし、少しくらい間違えていても積極的に英語で伝えようという気持ちになれます。これがオンライン英会話の一番の長所かと思います。


 オンライン英会話教室では無料体験を設けているところも多いので、まずは幾つかお試し受講に挑戦し、自分に合うスクールを見つけてみてはいかがでしょう。

NEWSポストセブン

「オンライン」をもっと詳しく

「オンライン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ