ミシュランガイド・イタリアの一ツ星シェフ、能田耕太郎氏が贈る期間限定スペシャルランチとディナーを特別提供!

7月24日(月)13時11分 PR TIMES

〜イタリア料理ラ・ロカンダにて8月10日から12日までの3日間限定〜

これまで世界各国より様々なシェフを迎え、日本では日頃味わうことのできない数々のメニューを提供してきたザ・リッツ・カールトン京都では、このたび8月10日から12日の3日間限定で、ミシュランガイド・イタリア2017より、イタリア料理において一ツ星を獲得した日本人シェフ、能田耕太郎(のうだ こうたろう)氏のランチとディナーを提供いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/21197/96/resize/d21197-96-623466-0.jpg ]



 能田氏は日本の大学を卒業後、1999年にイタリアへ渡って各地の厨房で修行を積み、2010年11月、ヴィテルボのリストランテ「エノテカ・ラ・トーレ」時代に、ミシュランガイド・イタリア 2011 より一ツ星を獲得しました。その後、最先端のニュー・ノルディック・キュイジーヌへの理解を深めるべく、最高峰の北欧料理店で研修を重ね、再びイタリアに戻り、現在料理長を務める「bistrot64」にて2016年11月、ミシュランガイド・イタリア 2017 より二度目の一ツ星を獲得。イタリアにおいてイタリア料理のシェフとしてミシュランから二度の評価を得るに至った初の日本人となります。

 同シェフが「bistrot64」で提供しているメニューを含めた、前菜、メイン、デザートと充実の取り揃えのランチとディナー各2種類のコースをご用意しました。中でも、黒をコンセプトとして活躍中の日本人スタイリストをイメージした、「スズキのオールブラック仕立て」は、受賞歴ある強豪シェフらが競うイタリアのフードコンテストでも高評価を得ている作品です。その他にも、京都の野菜を中心としたフィンガーベジタブル、ジャガイモを長細く切ってスパゲッティーに見立てた「バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー」など、能田氏の技が存分に発揮されたお料理の数々を、この機会にザ・リッツ・カールトン京都でご堪能ください。

ミシュランガイド・イタリア一ツ星に2度輝いたシェフ 能田耕太郎氏のランチ&ディナー (要予約)
■ランチメニュー
・5品コース
付き出し/バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/スズキのオールブラック仕立て/モノクローム 黄色
・6品コース
フィンガーベジタブル/バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/スズキのオールブラック仕立て/仔牛のサルティンボッカ/モノクローム 黄色

■ディナーメニュー
・8品コース
フィンガーベジタブル/バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/パプリカのリゾット 鶏肉のポルペッティーネ/スズキのオールブラック仕立て/仔牛のサルティンボッカ/お口直しのシャーベット/モノクローム 黄色
・10品コース
付き出し/フィンガーベジタブル/バターと魚醤風味のジャガイモスパゲッティー/茄子のパルマ風/カラスミのアーリオオーリオぺぺロンチーノと焦がし小麦のフェットチーネ/パプリカのリゾット 鶏肉のポルペッティーネ/スズキのオールブラック仕立て/仔牛のサルティンボッカ/お口直しのシャーベット/モノクローム 黄色
※ランチ、ディナーともに、お客様のお好みのメニューをお選びいただける、アラカルトも対応いたします。
※ソムリエが能田氏の各メニューにぴったりのワインを選定したワインペアリングメニューを提供いたします。

提供時間: ランチ   11:30 - 14:30 [ ラストオーダー ]
      ディナー  17:30 - 21:30 [ ラストオーダー ]
場   所: ラ・ロカンダ 1F
料   金: ランチ 5品コース:  5900円 /6品コース: 8900円
      ディナー 8品コース: 13000円/10品コース: 16000円
※上記料金に消費税、サービス税は含まれません。

TEL  : 075-746-5522 (レストラン予約直通)
受付時間: 9:00 〜 18:00

【ザ・リッツ・カールトン京都について】
京都の北から南へ流れる鴨川のほとり、東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに建つ「ザ・リッツ・カールトン京都」は、祇園や河原町、先斗町など繁華街に近く、観光やビジネスにも便利なアーバンリゾートです。日本の伝統と現代的な欧米様式の融合を図りながら、歴史ある周辺環境にも調和する外観デザイン。京都の伝統・文化のエッセンスが散りばめられたラグジュアリーな空間で、ここでしか味わえない上質な時間を提供します。「ザ・リッツ・カールトン京都」の総客室数は134室。客室平均面積は50m2 と京都市内最高水準の広さを誇り、レストランやバー、宴会場、スパをご用意しています。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イタリアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ