【20-50代の歯磨きに関する意識調査】歯周病ケアに適切な歯磨きをしている人は年収が高い傾向も!2人に1人の“自称・歯周病予備軍”はそのケアに適切な歯磨きができていないことが判明!

7月25日(水)14時1分 PR TIMES

歯を失う原因第1位「歯周病」の予防に有効な歯磨きのポイントは“角度”と“方向”

音波振動ハブラシ「ドルツ」を展開するパナソニック株式会社は、20代〜50才の男女各50人ずつ、計400名を対象に「歯磨きに関する意識調査」を実施しました。結果、6割以上の人が歯磨きをする理由を「むし歯予防のため」と回答。一方で、自身を歯周病やその予備軍だと思っている“自称・歯周病予備軍”は2人に1人という結果に。多くの人が歯周病である可能性を自覚していながら、歯磨きではその予防に適切な磨き方ができていないことがわかりました。

<調査概要>調査期間:2018/6/8-2018/6/12
調査対象:全国20代、30代、40代、50代、各年代の男性50人/女性50人 総計400人 
調査方法:インターネット調査

1.歯磨きをする理由第1位は「むし歯予防のため」!
最も多い“歯を失う原因”である「歯周病予防のため」と回答した人は、第3位という結果に

「あなたは、何のために歯磨きをしていますか」と質問したところ、1位「むし歯予防のため(88.8%)」、続いて「口臭予防のため(67.8%)」、「歯周病予防のため(52.3%)」という結果になりました。(図1)

さらに、その中でも「最も強い目的はなにか」と質問すると、60.0%以上の人が「むし歯予防のため」と回答。
一方、歯を失う原因として「むし歯」よりも多いといわれている「歯周病」 ※の予防 を“最も強い目的”としている人は12.0%に留まりました(図2)。
※出典:厚生労働省「歯の喪失の原因」(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-04-002.html)
[画像1: https://prtimes.jp/i/24101/154/resize/d24101-154-309531-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/24101/154/resize/d24101-154-751964-1.jpg ]

2.自分のことを“歯周病やその予備軍だと思う人”は2人に1人!
一方、歯磨き中に意識しているポイント1位は「歯と歯の隙間に入るように磨くこと」で、
多くの人が歯周病ケアをおろそかに?

「ご自身は歯周病または、歯周病予備軍だと思いますか」という質問に対しては、「思う」「どちらかというと思う」と答えた人が51.1%という結果に。2人に1人が歯周病予備軍としての自覚があることがわかりました。
(図3)
しかし、そんな歯周病予備軍の半数以上は、最も強い「歯磨きの目的」について「むし歯予防のため(58.8%)」と回答。歯周病への自覚症状がありながらも、ケアの意識は「むし歯」よりも低いことも判明しました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/24101/154/resize/d24101-154-113509-2.jpg ]

また、調査対象者400名に「歯を磨いているときに意識しているポイント」について質問したところ、1位は、むし歯予防には適しているとされる「歯と歯の隙間に入るように磨くこと(61.5%)」、2位は「一本一本磨くこと(43.8%)」という結果に。 (図4)

一方、歯周病予防に重要とされる「歯周ポケットの中まで磨くこと」や、「歯肉と歯の境目に、ブラシを45度にあてること」※を意識している人は非常に少ないことがわかりました。

※本リリース内「こうづま歯科医院 上妻和幸先生による歯周病予防に関するアドバイス」参照
[画像4: https://prtimes.jp/i/24101/154/resize/d24101-154-442703-3.jpg ]

 なお、「歯周ポケットの中まで磨くこと」と回答した人の割合を年収別でみると、年収400万円未満の人は21.9%であるのに対し、年収800万円以上の人は34.4%と1.5倍に。年収の高い人ほど、歯周ポケットをしっかりケアする傾向にあることも判明しました。(図5・6)

[画像5: https://prtimes.jp/i/24101/154/resize/d24101-154-335126-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/24101/154/resize/d24101-154-548580-5.jpg ]

■こうづま歯科医院 上妻和幸先生による歯周病予防に関するアドバイス
■歯周病を予防するにはどうしたらよいですか?
健康な歯を持つ人であっても、歯と歯茎の間には溝(歯周ポケット)があります。歯の表面の汚れを剥がすだけでなく、歯周ポケットの中に停滞する歯周病菌を、歯ブラシで掻き出して洗い流すことが大切です。
■もっとも歯周病予防に適していると考えるブラッシング方法はなんですか?
歯周ポケットに停滞する歯周病菌を歯ブラシで掻き出すには、”歯と歯茎の境目にブラシを45度に当て、歯周ポケット内にブラシの先を入れて優しく小刻みにヨコに動かす”「バス法」が適しています。それに加えて歯というのは平面ではなく、球体に近い曲面で構成されています。球体を磨くためには、”歯に対してブラシを直角に当て、細かく毛先をヨコに動かす”「スクラビング法」という磨き方が有効です。
■歯周ポケットケアをするには、歯ブラシ以外に何があるとよいですか?
現代の人々は日中忙しい生活をされる中で、いかに短い時間で効率的には表面の汚れをとり、歯周ポケットをケアしていくことを目的とするならば、手ブラシだけでなく、電動歯ブラシを使っていくことも効果的です。
電動歯ブラシ、フロス、歯間ブラシや時には口腔洗浄器を使って、水流で洗い流していくことも大事だと思います。

3.電動歯ブラシを使用している人は全体の22.0%。
使用者は、「自分自身がモテる」と答えたスコアが高い傾向に!

「あなたは電動歯ブラシを使用していますか」という質問については、「はい」あるいは「手磨きと電動歯ブラシのどちらも使用している」と答えた割合が22.0%という結果になりました。(図7)

[画像7: https://prtimes.jp/i/24101/154/resize/d24101-154-908550-6.jpg ]

さらに、“電動歯ブラシを使用している人”と、“使用していない人”それぞれに、「自分がモテると思うか」と聞いたところ、使用している人では「モテる」派(「モテる」「どちらかというとモテる」と答えた人)が37.5%、対して、電動歯ブラシを使用していない人では、「モテる」派が26.3%となり、電動歯ブラシを使用している人の方が“モテる“傾向にあることがわかりました。 (図8)

[画像8: https://prtimes.jp/i/24101/154/resize/d24101-154-139615-7.jpg ]

電動歯ブラシを使用したオーラルケアで、歯のみならず、笑顔や自分自身に自信をもてるようになることが、“モテる”要素に繋がっているのかもしれません。

※調査結果の数値は小数点以下を、適宜四捨五入して表示しているため、積み上げ計算すると誤差が出る場合があります。

PR TIMES

「歯磨き」をもっと詳しく

「歯磨き」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ