日本最大級の訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE」 新機能「災害情報タイムライン」を追加

7月25日(木)4時40分 PR TIMES

災害時の支援情報を施設自らが正確に・リアルタイムに・多言語で発信

訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE」(以下、LIVE JAPAN)は、施設自らが災害時に対応可能な支援情報を多言語で発信できる新機能「災害情報タイムライン」を2019年7月24日(水)より「災害情報一元化サイト*1」に追加します。
(URL:https://livejapan.com/ja/disaster-list/ )

[画像1: https://prtimes.jp/i/1511/927/resize/d1511-927-969574-0.jpg ]

「災害情報タイムライン」は、「LIVE JAPAN」の掲載施設が自施設の管理画面を使って、帰宅困難者の受け入れやWi-Fiの無料貸出など、あらかじめ翻訳・登録された約30の災害時に対応可能な支援情報を選択するだけで、即時に5言語(日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語)で発信することができる機能です。これにより訪日外国人は、誰がいつ発信したかが分かる、正確で最新の被災地域周辺の支援情報を閲覧でき、これまで得ることが難しかったきめ細やかで身近な、その時に必要とする情報を得ることが可能になります。

本機能は、「LIVE JAPAN」で掲載施設が自ら、タイムサービスや空席情報といったリアルタイムな情報を多言語で発信できる「LIVE情報」の機能を活用したものです。本機能を様々な施設に活用いただくことで、災害時に困っている訪日外国人へ安心・安全に旅を楽しめる環境を整えます。

「LIVE JAPAN」は、これまで参画企業が持つそれぞれの資源を生かし、訪日外国人にワンストップであらゆる情報を提供して参りました。今後も多言語での災害情報発信を拡充することで、訪日外国人にとっての利便性を高め、サービス強化を図ります。

災害情報タイムライン 掲載フロー

[画像2: https://prtimes.jp/i/1511/927/resize/d1511-927-585131-1.jpg ]


*1「災害情報一元化サイト」概要
・開設日 :2019年5月30日(木)
・URL :https://livejapan.com/ja/emergency/
・対応言語:
8ヶ国語(日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・マレーシア語・インドネシア語・タイ語)
※「災害情報タイムライン」は日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)韓国語の5言語対応

・内容 :
緊急時の連絡先(110番・119番)、大使館・領事館検索、防災記事(地震・災害)などの基本情報加え、GPSによる利用者の位置情報を元に、自治体防災情報・交通運行状況などのリンクを掲載。
[画像3: https://prtimes.jp/i/1511/927/resize/d1511-927-286982-2.jpg ]


「災害情報一元化サイト」の認知拡大に向けて「おまもりカード」配布中
また本サイトを一人でも多くの訪日外国人に知ってもらうことを目的に、QRコードが印刷されている「おまもりカード」と「ステッカー」を作成。LIVE JAPAN参画企業の協力のもと、駅・観光案内所・商業施設などへの設置・配布を進めています。これにより、発災時や緊急時に訪日外国人が速やかに本サイトへ到達し、必要な情報を取得することに貢献します。また、駅・観光案内所・商業施設などで外国語が話せない現場スタッフにもこれらを活用してもらい、外国人への対応をよりスムーズに行うことにも貢献します。


[画像4: https://prtimes.jp/i/1511/927/resize/d1511-927-539999-3.jpg ]

※「災害情報タイムライン」名称と「おまもりカード」デザインは、商標出願中です。

PR TIMES

「災害」をもっと詳しく

「災害」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ