『工学院大学ソーラーチーム』がソーラーカーについて親子で学ぶ体感型イベントに出展

7月26日(金)11時0分 @Press

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』は、8月9日(金)、10日(土)に企業博物館「ブリヂストンTODAY」(東京都小平市)で開催される、小学生を対象とした親子体感型イベント「ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう」(主催:株式会社ブリヂストン)に出展します。2015年世界大会で準優勝に輝いたソーラーカー「OWL(アウル)」を展示し、チームの学生がソーラーカーの仕組みを解説します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189444/LL_img_189444_1.jpg
2015年世界大会で 準優勝に輝いた「OWL(アウル)」

【本件のポイント】
●『工学院大学ソーラーチーム』が、8月9日(金)、10日(土)に企業博物館「ブリヂストンTODAY」で開催される小学生を対象とした親子体感型イベント「ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう」に出展。
●イベントでは2015年の世界大会で準優勝に輝いたソーラーカー「OWL(アウル)」を展示し、チームの学生がソーラーカーの仕組みについて解説。
●チームは10月にオーストラリアで開催される世界最高峰のソーラーカーレース「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(2019BWSC)」で初優勝を目指している。


【本件の概要】
工学院大学の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』は、8月9日(金)、10日(土)に企業博物館「ブリヂストンTODAY」で開催される小学生を対象とした親子体感型イベント「ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう」に出展します。イベントは、学生が“設計”から“製作”までの全てを担って作り上げ、2015年に世界大会で準優勝に輝いたソーラーカー「OWL(アウル)」を展示し、チームの学生がソーラーカーの仕組みの解説をします。今回展示される車両は、世界最大のゴム・タイヤメーカーである株式会社ブリヂストンより次世代低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」などの提供を受けました。
チーム設立10周年を迎えた『工学院大学ソーラーチーム』は、2019年10月に「2019BWSC」に参戦し、4度目の挑戦で初優勝を狙います。6月に完成させた新車両「Eagle」は、2017年の前回大会終了直後から1年半かけて学生自らが設計・製作を行いました。車体先頭(ノーズ)は受ける風を後方へ綺麗に流すよう、鷲(Eagle)のくちばしを模した“自然模倣”の形状を採用しています。各分野で先端研究に取り組む教員陣がアドバイザーとなり、学内で開発した「プラスチックを紫外線劣化から守る」日本初のナノテク塗装など、様々な最先端素材・技術が導入されています。


■親子体感型イベント「ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう」概要
日時 :2019年8月9日(金)、10日(土) 1回目:10:00〜/2回目:14:30〜
場所 :企業博物館「ブリヂストンTODAY」 (東京都小平市小川東町3-1-1)
主催 :株式会社ブリヂストン
主な内容:ソーラーカーの仕組みを解説(工学院大学ソーラーチーム講義)、
ブリヂストンTODAY見学(ソーラーカー実車展示)
定員 :各回とも15組 ※定員に達しました
https://www.bridgestone.co.jp/bwsc/event/

「ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう」(画像提供:株式会社ブリヂストン)
https://www.atpress.ne.jp/releases/189444/img_189444_2.jpg


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「親子」をもっと詳しく

「親子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ