JFOPS4採用電動パワーステアリングを開発

7月26日(月)15時16分 PR TIMES

トヨタ自動車LEXUS 新型「LS」、TOYOTA 新型「MIRAI」に搭載

株式会社ジェイテクト(以下当社)は、電源を含むハードウェア完全二重構造※1となる電動パワーステアリング(以下、EPS)を開発し、2021年4月にトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)より発売されたLEXUS 新型「LS」、TOYOTA 新型「MIRAI」の一部車両※2に搭載されました。

ステアリングは自動車の「走る」「曲がる」「止まる」の「曲がる」を担う重要な機能部品で、自動運転時にはより高いレベルの安全性が必要となります。当社は自動運転の普及を見据え、ステアリング機能における独自の安全コンセプト「JFOPS※3」を定義し、自動運転レベルに応じた安全性を備えるEPSの提供を可能としました。今回搭載されたEPSは安全コンセプトで最上位となるJFOPS4を採用しています。
※1:システム異常が発生した場合でも、残されたシステムで操舵が可能
※2:高度運転支援(Advanced Drive)搭載車両
※3:JTEKT Fail-OPerational System

1.開発品の主な特長
・電源も含むハードウェア完全二重構造
・完全自動運転にも対応可能な機能を搭載(JFOPS4)
・自動運転中にドライバーが手放し状態でも安全性を確保するためにステアリングMCU※4の故障が発生してもアシスト継続が可能
※4:MCU:Motor Control Unit
2.回路構成概略図(JFOPS4)

[画像1: https://prtimes.jp/i/28729/178/resize/d28729-178-e9c2577c9a0dc731d2f2-0.jpg ]

3.JTEKT Fail-OPerational System(JFOPS)当社独自の安全性に対するコンセプト

[画像2: https://prtimes.jp/i/28729/178/resize/d28729-178-4db8a7e5e053b03f2171-1.jpg ]


4.今後の展開
自動運転の急速な普及を見据え、全ての自動運転レベルに対応するEPSシステムを揃えました。今後は、安全性・信頼性をさらに高め、様々なレベルの自動運転に対応する製品を世界各国の自動車メーカーへ提案を進めて参ります。

PR TIMES

「開発」をもっと詳しく

「開発」のニュース

「開発」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ