訪日外国人客とタクシー乗務員のコミュニケーションをサポートする「JapanTaxi Translator by POCKETALK(R)」

7月29日(月)11時40分 PR TIMES

7月29日(月)より京都にて実証実験を開始

  ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:松田 憲幸)は、JapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル 代表取締役社長:川鍋 一朗 以下、JapanTaxi社)と業務提携し、7月29日(月)より、同社と開発したタブレット搭載用の音声通訳機能「JapanTaxi Translator by POCKETALK」の実証実験を開始いたします。実験は、京都市を営業エリアとする東京・日本交通株式会社 京都営業所(代表取締役会長:金田 隆司、所在地:京都府京都市 以下、東京・日本交通京都)の65台で開始されます。

 同社では、全国約1万台のタクシー車両に「JapanTaxiタブレット」を搭載しています。同タブレットは日本語/英語/中国語(簡体字・繁体字)/韓国語による表示ができ、多くのアジア人の乗客が使用する決済アプリ「Alipay」「WeChat Pay」のキャッシュレス決済に対応しています。「JapanTaxi Translator by POCKETALK」は、弊社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」の翻訳機能をSDK化し同タブレットへ搭載したものです。乗客と乗務員が互いにタブレットに付属のマイクに向かって話した言葉を相手の言語に翻訳し、読み上げることで対話ができるようになります。特にインバウンド需要の高い京都での実験結果を元に、本機能の全国展開や対応言語の拡大などを行ない、タクシー乗務員のインバウンド対応を支援していく予定です。


【 実証実験の概要 】
・実施エリア:京都府京都市(一部地域を除く)
・対応タクシー会社:東京・日本交通京都 「JapanTaxiタブレット」設置の65台
・対応言語:英語/中国語(簡体字・繁体字)/韓国語
・利用方法:
「JapanTaxi Translator by POCKETALK」を起動し、言語を選択。付属のマイクに向かって話すと、乗務員側のタブレットに日本語が表示され、音声が流れます。乗務員から日本語で返答すると、乗客側のタブレットに外国語が表示され音声が流れます

タクシー内のタブレットの画像(以下はイメージです)
[画像1: https://prtimes.jp/i/35169/155/resize/d35169-155-576045-0.jpg ]

【 「POCKETALK」 SDKについて 】
 「POCKETALK」 SDKは、AI通訳機「ポケトーク」の機能のうち、通訳機能を組み込むためのソフトウェアディベロップメントキットとして提供するものです。SDKを組み込んだアプリケーションは、ポケトークの対応している74言語について、音声変換、翻訳、音声出力できる機能を利用できます。

【 「ポケトーク W」とは 】

[画像2: https://prtimes.jp/i/35169/155/resize/d35169-155-753999-3.jpg ]

 「ポケトーク W」は、世界74言語に対応した、手のひらサイズのAI通訳機です。話しかけるだけで通訳がいるかのように対話ができます。2.4インチの大きい画面に、タッチパネルを採用。世界128の国と地域(2019年5月14日時点)で使える4G対応のグローバル通信機能を内蔵しているため(グローバル通信(2年)付きの場合)面倒な設定は不要ですぐに使えます。言語数はインド英語やオーストラリア英語などのアクセントにも対応し74言語利用できます。
 なお本製品は弊社が開発したもので、ドイツの「IFA 2018」でもイノベーションアウォード(Innovation Award at IFA)を受賞しています。日本のみならず世界中に販路を拡大して参ります。

製品プレスリリース:https://sourcenext.co.jp/pressrelease_html/JS/2018/2018072601
詳細URL:https://pocketalk.jp/

【 ミッション 「言葉の壁をなくす」 】
 ソースネクストは、「言葉の壁をなくす」というミッションの実現を目指し、言語面でのサポートツールを必要とする多くの企業様に通訳機「ポケトーク」を提供しています。日本の企業では、増加の一途を辿る訪日外国人客へのおもてなしや入管法改正に伴う外国人労働者の増加など、さまざまなシーンで英語をはじめとする外国語でのコミュニケーションが求められています。2019年、2020年、2025年と国内での国際的なイベントの開催も後押しし、今後ますます訪日外国人客が増加する見込みです。鉄道やバス、空港、タクシー、病院など、あらゆるインフラでポケトークが言語面のサポートツールとして使われることを目指して、今後も「ポケトーク」を広げて参ります。

【 JapanTaxi 「広告タブレット」「決済機付きタブレット」とは 】
■広告タブレット・決済機付きタブレット共通機能
・機能:広告コンテンツTokyo Primeの放映、決済
・表示対応言語:日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語
・展開エリア:北海道・東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・愛知県・石川県・富山県・京都府・大阪府・
兵庫県・福岡県

■広告タブレット対応決済

[画像3: https://prtimes.jp/i/35169/155/resize/d35169-155-947576-1.jpg ]

・決済アプリ(JapanTaxi Wallet/Origami Pay/Alipay/WeChat Pay/LINE Pay/d払い/メルペイ/au PAY)※一部地域は非対応ブランド有

■決済機付きタブレット対応決済

[画像4: https://prtimes.jp/i/35169/155/resize/d35169-155-783562-2.jpg ]

・クレジットカード(Visa/MasterCard/JCB/UnionPay/American Express/DinersClub)
・交通系IC、電子マネー(楽天Edy/QUICPay/WAON/nanaco/iD)
・決済アプリ(JapanTaxi Wallet/Origami pay/Alipay/WeChat Pay/LINE Pay/d払い/メルペイ/au PAY)
※一部地域は非対応ブランド有

コピーライト表記について
■製品の画面掲載などのコピーライト表記は、下記の通りお願いいたします。
ポケトーク:(C) SOURCENEXT CORPORATION
お客様お問い合わせ先
■ソースネクスト・カスタマー・サポートセンター
■ご購入前相談ダイヤル:0570-035-333 (IP電話からは 082-553-1081)

PR TIMES

「訪日外国人」をもっと詳しく

「訪日外国人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ