【ホテル日航大分 オアシスタワー】浜嶋酒造五代目当主浜嶋 弘文氏を迎えて「蔵元と語らふ美酒会」を開催

7月29日(月)15時40分 PR TIMES

大分の名酒「鷹来屋」の魅力に迫る一日

ホテル日航大分 オアシスタワー(住所:大分市高砂町2-48 総支配人:山之口 智章)は、伝統的な製法で完全手作りの蔵元、浜嶋酒造より五代目当主の浜嶋 弘文氏をお迎えし「蔵元と語らふ美酒会」を8月30日(金)に開催いたします。

浜嶋酒造は初代浜嶋百太郎氏が大分県豊後大野市緒方町下自在において創業。地元大分で愛され続けるお酒を”情熱”と“愛情”をもって丁寧に造り続けています。
本イベントでは、浜嶋酒造「鷹来屋」の魅力に迫るとともに、日本料理「折鶴」料理長 久々江 慎二が手掛ける特別会席と共にお愉しみいただきます。

[画像: https://prtimes.jp/i/2213/1947/resize/d2213-1947-458782-0.jpg ]

「鷹来屋 特別純米酒」
福岡産の山田錦と大分県産のヒノヒカリを用いて、食とのバランスを考え、洗練された中に旨みとキレを両立させた純米酒。
食中飲み疲れることなく美味しく飲んでいただける、鷹来屋の顔ともいうべき1本。
※この他「鷹来屋」をはじめ、数種類のお酒をご用意しております。

「蔵元と語らふ美酒会」 開催概要
<開催日時> 8月30日(金)17:45受付、18:30開始
<場所> ホテル日航大分 オアシスタワー 日本料理「折鶴」(2階)
<料金>お一人様 10,000円(消費税・サービス料込み)
※イベントの為、One Harmony割引特典やポイントの積算は対象外とさせていただきます。
※ご予約のキャンセルは2日前まで、人数の変更は前日までとさせていただきます。
※お席は相席となる場合もございますのであらかじめご了承ください。
※完全予約制

<協賛>
浜嶋酒造合資会社

<ご予約・お問い合わせ>
日本料理「折鶴」 TEL 097-533-5491(直通/受付時間11:00〜21:30)

◆浜嶋酒造について
明治22年初代浜嶋百太郎が緒方町下自在において造り酒屋を創業。当時鷹が浜嶋家によく飛来してきていたことから、屋号を『鷹来屋』とする。
大正3年の九州連合品評会に出品、見事一等の栄誉に輝いた。当時、酒造りの業界では神様といわれていた『野白金一』先生が自分の名『金』と屋号の『鷹』をとって、酒銘『金鷹』と命名した。
平成9年、五代目弘文が新たに造るこだわりの酒の酒銘を『鷹来屋』と命名し、全量槽しぼりの完全手造りで『美酒探究』を永遠のテーマとして美味しく安心して飲んでいただける酒造りを行い続けている。

◆日本料理「折鶴」について
大分の郷土料理などの美味や滋味あふれる月替わりのメニューや会席料理を銘酒とともにお楽しみいただけます。
テーブル席や2名様からの掘りごたつ様式の個室、30名様までのお座敷は和風椅子席でのご利用も可能で、
ご家族・親族でのお集まりや記念日、お顔合せや結納など幅広くご利用いただけます。

<ランチ>[ 平日(月〜金/祝日除く) ]11:30〜14:30(L.O. 14:00)[ 土日・祝日 ]11:00〜14:30(L.O. 14:00)
<ディナー>17:00〜21:30(L.O. 21:00・会席料理はLO 20:30)
<フロア>2階
<座席数>テーブル席32席/掘りごたつ部屋:2〜4名様(全3部屋)、4〜6名様(全2部屋)
お座敷席最大30名様/全席禁煙(個室除く)
<お問い合わせ> TEL 097-533-5491 (直通/受付時間 11:00〜21:30)

【ホテル日航大分 オアシスタワーの施設概要】
<所在地>大分県大分市高砂町2番48号
<敷地面積>12,314平方メートル (3,725坪)
<ホテル>地上21階 地下1階
<施設構成>客室数 157室、宴会場 14室、レストラン・バー 4ケ所、ウェディングチャペル、神殿 他
<アクセス>JR大分駅 徒歩約10分

【ホテル日航大分 オアシスタワーについて】
-出会うたびに優しい 出会うたびに新しい-
複合商業施設「オアシスひろば 21」内に位置し、地上101mと大分市内で最も高い建物です。その高層階からは大分市街地、別府湾、国東半島、由布岳の大パノラマを一望することができ、ランドマークとして大分の迎賓館の役割を担ってきました。ホテルの特徴である眺望を活かし、ニッコー・ホテルズ・インターナショナルならではの明るくフレンドリーながらも、上質で洗練されたおもてなしをご提供する、大分での活動と地域のイベントの拠点となるホテルを目指して参ります。

PR TIMES

「日航」をもっと詳しく

「日航」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ