障がい者の子を持つ親の約8割が「障がい者の方のe-sportsを通じた社会参画に賛同」

7月30日(金)16時17分 PR TIMES

〜「障がい者の方の自立を促せる」「ハンディキャップの影響が少なそう」「障がい者の方の自己肯定感を向上させられそう」など、e-sportsへの期待高まる〜

 NPO法人e-sports Barrier Break-Cup(本社:愛知県名古屋市、代表理事:杉中 忠)は、障がい者の子を持つ親110名を対象に、e-sportsにおける障害者の社会参画の意識調査を実施しましたので、お知らせいたします。


調査概要

調査概要:e-sportsにおける障害者の社会参画の意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年6月15日〜2021年6月17日
有効回答:障がい者の子を持つ親110名


障がい者の方の社会参画、「十分に機会がない」と思う障がい者の子を持つ親は63.6%

 「Q1.現状、障がい者の方の社会参画は十分に機会があると思いますか。」(n=110)と質問したところ、「あまりそう思わない」が49.1%、「全くそう思わない」が14.5%という回答となりました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/80356/6/resize/d80356-6-b5ccddd196ea1df3d3ce-0.jpg ]

・とてもそう思う:9.1%
・少しそう思う:27.3%
・あまりそう思わない:49.1%
・全くそう思わない:14.5%


障がい者の方の社会参画の課題点、55.9%が「周りのサポートが不十分」と回答

 Q1で「とてもそう思う」「少しそう思う」と回答した方に、「Q2.障がい者の方が社会参画を行うにあたり、課題となっている点を教えてください。(複数回答)」(n=40)と質問したところ、「周りのサポートが不十分」が55.9%、「バックアップする団体が少ない」が54.4%、「身体的・知的・精神的なハンディキャップが大きい」が38.2%という回答となりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/80356/6/resize/d80356-6-07b5fa0571962e88b90d-1.jpg ]

・周りのサポートが不十分:55.9%
・バックアップする団体が少ない:54.4%
・身体的・知的・精神的なハンディキャップが大きい:38.2%
・周りの視線による精神的負担が大きい:29.4%
・障がい者の方自身の自己肯定感が高くなく、参画へ踏み出せない:29.4%
・そもそも社会参画の手段が少ない:27.9%
・法整備が整っていない:13.2%
・その他:7.4%


障がい者の社会参画の課題、「雇用納付金などでは企業側に積極的に雇用しようとするインセンティブが薄すぎる」「支援する体制づくりが少ない」などサポートが不十分の声

 Q1で「とてもそう思う」「少しそう思う」と回答した方に、「Q3.社会参画を行うにあたり、課題となっている点をQ2以外にあれば自由に教えてください。(自由回答)」(n=40)と質問したところ、「雇用納付金などでは企業側に積極的に雇用しようとするインセンティブが薄すぎる」や「支援する体制づくりが少ない」など23の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・雇用納付金などでは企業側に積極的に雇用しようとするインセンティブが薄すぎる
・支援する体制づくりが少ない
・一人で通勤できない。サポート人が必要になる。
・人々に障がい者は能力が低い偏見がある。
・療育手帳までいかないいわゆるグレーゾーンのひとたちへのサポートが無い


障がい者の方の社会参画の機会がより広がってほしいと思う障がい者の子を持つ親は87.3%

 「Q4.障がい者の方の社会参画の機会がより広がって欲しいと思いますか。」(n=110)と質問したところ、「とてもそう思う」が49.1%、「少しそう思う」が38.2%という回答となりました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/80356/6/resize/d80356-6-02225dd0f7dede762039-2.jpg ]

・とてもそう思う:49.1%
・少しそう思う:38.2%
・あまりそう思わない:9.1%
・全くそう思わない:3.6%


e-sportsを通じた障がい者の方の社会参画について、「賛同する」障がい者の子を持つ親は78.2%

 「Q5.昨今、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦であるスポーツ競技、e-sportsが盛り上がりを見せています。障がい者の方がe-sportsを通じて社会参画ができるとしたら、あなたは賛同しますか。」(n=110)と質問したところ、「とても賛同する」が47.3%、「少し賛同する」が30.9%という回答となりました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/80356/6/resize/d80356-6-bb6049666e5b4fe8dff8-3.png ]

・とても賛同する:47.3%
・少し賛同する:30.9%
・あまり賛同しない:19.1%
・全く賛同しない:2.7%


障がい者の方がe-sportsを通じて社会に参画することに賛同する理由、「社会参画機会が増えることで自立を促せるから」が64.0%

 Q5で「とても賛同する」「少し賛同する」と回答した方に、「Q6.その理由を教えてください。(複数回答)」(n=88)と質問したところ、「社会参画機会が増えることで障がい者の方の自立を促せるから」が64.0%、「e-sportsであればハンディキャップの影響が少ないだろうから」が53.5%、「プロも出ている業界でのチャレンジが障がい者の方の自己肯定感を向上させられるだろうから」が37.2%という回答となりました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/80356/6/resize/d80356-6-da7e68f6e9c5fa2619d1-4.jpg ]

・社会参画機会が増えることで障がい者の方の自立を促せるから:64.0%
・e-sportsであればハンディキャップの影響が少ないだろうから:53.5%
・プロも出ている業界でのチャレンジが障がい者の方の自己肯定感を向上させられるだろうから:37.2%
・e-sportsで人との関わりを持てるから:36.0%
・トレンドであるe-sportsとの掛け合わせで福祉のイメージも変えられそうだから:22.1%
・その他:1.2%


e-sportsを通じた社会参画に賛同する理由、「障害の方の活躍の場が広がる」「身体の状態はネット上では関係ないから」なども

 Q5で「とても賛同する」「少し賛同する」と回答した方に、「Q7.Q6で回答した以外にそ理由があれば教えてください。(自由回答)」(n=88)と質問したところ、「障害の方の活躍の場が広がる」「身体の状態はネット上では関係ないから」など34の回答が挙がりました。

<自由回答・一部抜粋>
・障害の方の活躍の場が広がる。
・障がい者にとっても、社会への関わりは自立に繋がるから。
・今の若い人はネットなどが得意で、障害のある子どももネットなら活躍できる場がありそう。
・皆んなそれぞれの能力を出せる社会であって欲しいから。
・身体の状態はネット上では関係ないから。
・ゲームに限らずネットを通じて今までできなかった分野に進出のチャンスを感じる。


自分の子どもが「e-sportsをやりたい」と言ったら、84.4%の親が応援したい意志

 「Q8.お子さんがe-sportsをやりたいと言ったら、応援したいと思いますか。」(n=110)と質問したところ、「とてもそう思う」が39.2%、「少しそう思う」が45.2%という回答となりました。

[画像6: https://prtimes.jp/i/80356/6/resize/d80356-6-9144df77a4268d4af75f-5.jpg ]

・とてもそう思う:39.2%
・少しそう思う:45.2%
・あまりそう思わない:13.0%
・全くそう思わない:2.6%


まとめ

 今回の調査では、障がい者の子を持つ親を対象に、「e-sportsにおける障害者の社会参画の意識調査」を実施しました。
 結果として、障がい者の方の社会参画について「十分に機会がない」と考える親は63.6%おり、障がい者の方の社会参画の課題点として、「周りのサポートが不十分」「バックアップする団体が少ない」などに多数意見が集まりました。
 一方で、障がい者の方がe-sportsを通じて社会参画ができるとしたら「賛同する」と回答した人は78.2%にのぼり、その理由として「社会参画機会が増えることで障がい者の方の自立を促せるから」が64.0%と、期待が寄せられました。「今の若い人はネットなどが得意で、障害のある子どももネットなら活躍できる場がありそう」といった意見があるように、我が子の社会参画機会としても、e-sportsへの参加に対する期待は大きいようです。


会社概要

企業名 :NPO法人e-sports Barrier Break-Cup
所在地 :愛知県名古屋市中区錦三丁目6番15号 名古屋テレビ塔3階03区画THETOWERLOUNGECASHIME
代表者 :代表理事 杉中 忠
事業内容:障がい者の社会参画を促進するe-sports大会の運営
HP   :https://bbc-project.com/

PR TIMES

「障がい者」をもっと詳しく

「障がい者」のニュース

「障がい者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ