ワークマンと無印良品が、停滞する国内アパレル市場で成長する理由

7月31日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

国内のアパレル市場で、良品計画が展開する「無印良品」と作業服専門店の「ワークマン」はユニクロに代わって存在感を示している Photo by Akiko Onodera

写真を拡大


停滞著しい衣料品市場で成長している専門店が「無印良品」と「ワークマン」だ。無印の衣料品部門である「衣服・雑貨」、ワークマンの衣料品も高い成長を続ける。「しまむら」や「ユニクロ」に代わって衣料品市場で脚光を浴びている2社は一体、どうして消費者に受け入れられ成長しているのか。今後の衣料品市場で主役になれるか——。(流通ジャーナリスト 森山真二)


停滞している

国内のアパレル市場


 矢野経済研究所の調べによると、2017年の国内アパレル小売市場規模は9兆2168億円、2年連続の減少に歯止めがかかった。「歯止め」といっても、前年比横ばいになったにすぎないが。


 アパレル市場はここ数年、大きくも伸びず、かといって大きく減少もしない動向が続いている。


 この要因には、人口動態の変化もあるが、もはや消費者の「タンス在庫を持ちすぎていること。中古品売買の2次流通市場が拡大し、新品を買わなくなっている」(ある衣料専門店幹部)ことなどが指摘されている。


 しかし、根本的な理由が「衣料品に金をかけなくても、そこそこの商品が買えるようになっている」(同)ことだ。ファッションを追い求めるというよりも、生活用品の一部として衣料品が定着。衣料品に対する価値観が変化しているのだ。


 衣料品の低価格化に拍車をかける革新をもたらしたのが、ファーストリテイリングの「ユニクロ」だったことは紛れもない事実である。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「ワークマン」をもっと詳しく

「ワークマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ