梅雨明けした東北・日本三景松島を熱気球から一望!夏休みの自由研究にも最適?大江戸温泉物語 ホテル壮観より夏休みにおすすめのアクティビティをご紹介!

8月1日(木)18時40分 PR TIMES

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌)が運営する「大江戸温泉物語 松島温泉 ホテル壮観」では、1泊2食付バイキングプランで、皆様に温泉の癒しと旅の楽しさをお届けいたします。先ごろ日本三景松島に誕生した「熱気球体験」を、当館より近くにある磯島*にてお楽しみいただける事となりました。熱気球体験では、四方向からロープで固定、高さ約20mまで上昇すると、松島の絶景を満喫できます。準備開始から体験に至るまで、実際に機材に触れながら熱気球の構造を学ぶことができるので、夏休みを利用して熱気球体験してみるのははいかがでしょうか。日の出の松島を楽しめるご旅行に、ぜひお出かけください。 *当館よりお車で約3分

[画像1: https://prtimes.jp/i/18653/76/resize/d18653-76-247532-5.png ]


【熱気球体験について】
■開催日  :毎週土曜日・日曜日
       ※8/9・12〜16、9/16・23は開催。天候により中止の場合があります。
■受付時間 :磯島での日の出時間〜7:30 ※受付は磯島での先着順
■料金   :大人(中学生以上) 2,700円、小人(3歳〜小学生) 1,800円、0〜2歳 無料
       ※消費税込、当館フロントにて、宿泊者割引料金にてチケット販売を行っております。
■体験時間 :約5分間
       *その他詳細は、公式サイトをご覧ください。 http://matsushimatrip.com/
■運営   :有限会社風の丘

▶松島を眺めながら、約5分間の体験浮遊
[画像2: https://prtimes.jp/i/18653/76/resize/d18653-76-290279-1.jpg ]


▶熱気球を広げる様子
[画像3: https://prtimes.jp/i/18653/76/resize/d18653-76-561707-4.jpg ]




< 夏休みにもおすすめ!宿泊プランはこちら! >


■ 標準ご宿泊料金(1名様1泊2食付バイキングプラン・消費税別)
 □大人4名様以上1室利用 8,280円〜
 □大人3名様1室利用   9,280円〜
 □大人2名様1室利用   10,280円〜
 □小学生        4,980円〜
 □3歳以上幼児(寝具有) 2,980円〜  
 □3歳以上幼児(添寝)  1,980円〜
※熱気球体験ができる土曜日・日曜日は、特定日料金となります。

■ご予約・プラン詳細は、公式サイトをご覧ください。 https://sohkan.ooedoonsen.jp/

■電話でのご予約・お問い合わせ:  大江戸温泉物語 ホテル壮観 022-354-5660


▶熱気球体験を楽しんだあとは、当館の温泉で思い出を語らうのもおすすめです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/18653/76/resize/d18653-76-284945-2.jpg ]



▶︎日中は、松島島巡り観光船ツアー(※当館フロントにて、お得な前売り券も販売中)もお楽しいただけます。 *その他詳細は、公式サイトをご覧ください。http://www.matsushima.or.jp/

[画像5: https://prtimes.jp/i/18653/76/resize/d18653-76-418907-6.png ]



【大江戸温泉物語 ホテル壮観 概要】
[画像6: https://prtimes.jp/i/18653/76/resize/d18653-76-478902-0.jpg ]


■住所   〒981-0212 宮城県宮城郡松島町磯崎字浜1-1
■アクセス JR仙台駅より東北本線松島駅にて下車、
      仙石線松島海岸駅にて下車
■送迎   送迎あり(条件あり) ※最寄り駅ご到着時、ご連絡      を頂ければお迎えに上がります。ご到着時間がお      分かりの際は、事前にお申し出下さい
■駐車場  有り(無料)


【会社概要】
■会社名   大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社
■所在地    〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-9-4 ヒューリック日本橋本町一丁目ビル9階
■設立年月日  2017年12月5日(創業2001年11月)
■資本金    100,000千円(2019年2月28日時点)
■代表取締役  森田満昌
■事業内容   ホテル旅館温浴施設運営
■URL     https://corporate.ooedoonsen.jp/

PR TIMES

「夏休み」をもっと詳しく

「夏休み」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ