9歳の少女ドラマー よよかがMONCLERのグローバルキャンペーンのイメージモデルに!ウィル・スミスら各界の著名人らと共に、よよかが大抜擢!

8月3日(土)15時40分 PR TIMES

株式会社ツインプラネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役:矢嶋健二)所属、北海道石狩市在住で9歳の少女ドラマー「よよか」が、世界的ファッションブランドMONCLERのワールドキャンペーンのイメージモデルに抜擢されました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/25517/125/resize/d25517-125-638297-0.jpg ]


今回のMONCLERの“GENIUS IS BORN CRAZY(天才は狂気から生まれる)”というキャペーンではすでに第一弾としてハリウッドスターのウィル・スミスが発表されており、公式サイトやInstagram等に掲載され、大きな話題となっています。MONCLERの公式Instagramでは、よよかを「Yoyoka, a superstar nine year old from Japan, proves you are never too young to be a Genius.」(9歳の日本出身のスーパースターであるよよかは天才性を発揮するのに年齢は関係ないということを証明しました。)と、称賛。世界的スターと肩を並べて仕事をする9歳のよよかに世界中からさらなる注目が集まっています。
公式HP:https://www.moncler.com/jp/monclernow/
Instagram:moncler
Twitter:Moncler

[画像2: https://prtimes.jp/i/25517/125/resize/d25517-125-686179-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/25517/125/resize/d25517-125-124498-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/25517/125/resize/d25517-125-851158-3.png ]


■よよか 本人コメント
MONCLERのキャンペーンに抜擢されて、びっくりしたし、とても嬉しかった!撮影では色んな国と人種のスタッフさんが沢山いて、普段ドラムを叩いている時と違ってちょっとドキドキした。ニューヨークは初めて行きましたが、エレンの部屋で行ったロサンゼルスよりもちょっと寒くて、街の匂いが臭いのと、夜もずっとクラクションが鳴っているのがうるさかった。でも川とか景色がとてもキレイだった。メトロポリタンミュージアムやセントラルパーク、タイムズスクエアも楽しかったです。
HP:https://yoyoka.jp/
Facebook:kaneaiyoyoka
YouTube:Kaneaiyoyokaかねあいよよか


■よよか プロフィール
出身地:北海道石狩市 生年月日:2009年10月生まれ【年齢:9歳(小4)】
2歳からドラムを始め、4歳からライブ活動を開始。5歳で家族バンド『かねあいよよか』を結成、幼稚園在籍中の6歳でファーストCDを発売。作詞作曲、ボーカル、ピアノも担当。ライブやイベントなどこれまでに150本以上のステージを経験。動画サイトに投稿したLed Zeppelinのドラムカバー動画が世界的に話題になり、国内外のテレビやラジオ、新聞や雑誌など各メディアで100回以上出演・特集が組まれる。YouTubeチャンネル関連動画、Vimeo含め再生数20,000,000回以上で、アメリカのローリングストーン誌やビルボードが特集を組むなど、世界から注目されている。ライジングサンロックフェスやNikeのワールドCMへの出演、楽器メーカーとのエンドース契約など、数々の最年少記録を更新中。 Led Zeppelinのロバート・プラントやRed Hot Chili Peppersのチャド・スミスがよよかのプレイを称賛、国内でも共演した亀田誠治やChar、奥田民生らが実力を認める。アメリカ大人気トーク番組「エレンの部屋」には異例の2回目の出演を果たした。

【会社概要】
●株式会社TWIN PLANET (http://tp-co.jp/)
代表者: 代表取締役 矢嶋 健二
本社所在地:東京都渋谷区神宮前5-46-1 TWIN PLANET South BLDG.
設立年月日:2006年11月1日
代表電話: 03-6805-1062
事業内容: 企画力・クリエイティブ力・PR力を活かし、エンターテインメントを創り出す「コンテンツプロダクション」です。「ヒト・モノ・コト」などあらゆるコンテンツの可能性をプロデュースし、時代を見据えた新たな価値を生み出します。また、さまざまなジャンルで活躍する個性的な人材が所属する芸能プロダクションとしての側面も持ち、独自のキャラクタービジネスやイベント事業も展開。様々なエンターテインメントを発掘・育成・最大化させ、日本から世界へと発信していきます。

PR TIMES

「ドラマー」をもっと詳しく

「ドラマー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ