日本テラデータ、アプトポッドと自動車開発分野のDXソリューションで協業

8月4日(火)18時16分 PR TIMES

データの収集、処理から分析までをワンストップで高効率化

東京発 – 2020年8月4日 クラウドベースのデータとアナリティクスのソリューションを提供するテラデータ・コーポレーションの日本法人 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 倫二、以下、日本テラデータ)は本日、 産業IoTにおけるファストデータ(高速時系列データ)のスペシャリストである株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂元 淳一、以下アプトポッド)と自動車開発分野のデジタルトランスフォーメーション(以下DX)を加速させるソリューションで協業することを発表します。アプトポッドの次世代IoT分野においてデバイス・サーバー間での高速なデータストリーム処理が可能な産業IoTミドルウェア「intdash(イントダッシュ)」とテラデータが提供する次世代データ分析基盤ソフトウェア「Teradata Vantage」(以下Vantage)を組み合わせ、自動車の各種センサーから生成される短周期かつ膨大な制御・センサーデータを収集し、顧客データやメンテナンス履歴データなど企業が持つ様々なデータと組み合わせて高度な分析を行う包括的なデジタルソリューション(以下、本ソリューション)を共同開発し、提供します。


世界規模で競争力がますます厳しくなる自動車業界において、本ソリューションは自動車開発におけるVプロセスを、大幅に進化させることによりグローバル市場での競争力を高めることを可能にします。具体的には、 [テキスト ボックス:] クラウドベースの環境を使用し、自動車開発のモデルベース開発(モデル/仕様をベースにしたシミュレーションと試作車による検証で構成される開発工程)における、データの収集、管理、分析といった開発工程の圧倒的な効率化を実現します。


データ収集から分析までのワークフローの効率化
intdashが提供する強力なデータ収集機能とVantage上で実行する大規模で複雑なアナリティクスの運用に、この分野での日本テラデータ独自の専門知識を組み合わせることで、データの収集から分析までの一連のワークフローに“遠隔化・自動化”などの進化をもたらし、従来のプロセスに比べ“時間”、“コスト”、“リソース”などのあらゆる軸でDXをさらに推進し、競争力強化を実現します。
[画像: https://prtimes.jp/i/18629/79/resize/d18629-79-580094-1.png ]


分析の高度化
また、intdashによる車両データ収集機能とVantageによる4次元分析機能を組み合わせることで、経過時間や移動距離による車両の状態変化や気象条件による影響などを容易に可視化できます。さらに、Vantageが提供する機械学習、グラフ分析などを活用し、より高度な分析が可能になります。具体的には下記のような開発業務への適用が考えられます。

実車走行試験において特定地点での車体挙動を自動で可視化することによる操安性評価
実走行データからのRDEコース作成によるRDE試験のフロントローディング


Teradata Vantageの特徴
テラデータの主力製品であるVantageは、最新のデータ、アナリティクス技術に対応したモダンなデータウェアハウスおよびデータレイクの統合環境を実現するデータ分析基盤ソフトウェアです。エンタープライズレベルのパフォーマンス、拡張性、可用性などを兼ね備え、企業が持つすべてのデータへアクセスし、各種言語、ツールを活用しマシンラーニングをはじめとする最新の高度なアナリティクスで分析できる単一プラットフォームをクラウド(Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud PlatformまたはTeradata)、ハイブリッドクラウド、オンプレミスで実現します。

intdashの特徴
100ミリ秒∼1ミリ秒間隔程度の高頻度で発生する時系列データを品質保証のないネットワークを経由して、高速・大容量かつ安定的にストリーミングするための双方向データ伝送プラットフォームです。産業IoTシステムで必要とされる高頻度データのストリーミング処理によって代表的な産業IoTシナリオを実現するために必要な要件をサポートします。様々な産業プロトコル、データフォーマット、メディアデータへの対応し、エッジからサーバまで、包括的なミドルウェアを提供、エッジ、サーバ間でのデータ伝送におけるストリームデータの完全回収(欠損回収処理)や効率伝送、流量抑制といった低遅延なデータ伝送を実現します。クラウド (IaaS)からエッジコンピューティング(オンプレミス)まで様々な環境に導入・稼働が可能です。

アプトポッドについて
産業IoTにおけるファストデータ(高速時系列データ)のスペシャリストとして、IoT/M2Mにおけるセンサーネットワーク技術、クラウド技術、およびユーザーインターフェイス技術まで、エンドツーエンドのテクノロジーを有するIoTソフトウェア/サービス企業です。産業シーンにおける高速で大量なデータの収集、伝送、高度なリアルタイム処理、イベント処理を実現する包括的なフレームワークを提供しています。

テラデータにいて
テラデータは、データの力でビジネスと人々の生活をより良くします。 利用可能な全てのデータを分析可能にし、いつでも、どこでも、あらゆるデータを大規模に活用して、リアルタイムにインテリジェンスを見つけ出します。また、アナリティクスを実現する際の課題となる、複雑性、コスト、リソース不足などを克服し、お客様の最も困難なビジネス課題に価値ある「答え」を導き出します。この世界を、データ駆動型の「パーベイシブ・データ・インテリジェンス」と定義し、実現していきます。
詳細はteradata.comをご覧ください。

# # #

Teradataのロゴは、米国テラデータ・コーポレーションの商標です。Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションまたは関連会社の米国およびその他各国における登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ
日本テラデータ株式会社 広報担当 有賀(ありが)
TEL: 03-6759-6151 | E-Mail: japan-pr@teradata.com | http://www.teradata.jp

PR TIMES

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ