ベルシステム24、SDGs並びにCSRへの取組の一環として、コーヒーを真に持続可能な農産物とするための呼びかけである、「サステナブル・コーヒー・チャレンジ」への参画を開始

8月5日(月)11時0分 @Press

株式会社ベルシステム24ホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員CEO:柘植 一郎、以下:当社)は、SDGs*1並びにCSRへの取組の一環として、国際NGOコンサベーション・インターナショナル(本部:米国ヴァージニア州アーリントン、CEO:M・サンジャヤン、以下:CI)*2による、コーヒーを真に持続可能な農産物とするための呼びかけである、「サステナブル・コーヒー・チャレンジ(Sustainable Coffee Challenge、以下:SCC)」への参画を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190318/img_190318_1.jpg


当社は2019年2月に、コーヒーを通じたSDGsの実現を進める株式会社ミカフェート(所在地:東京都港区、代表取締役社長:川島 良彰、以下:ミカフェート)*3のプロデュースのもと、本社オフィスラウンジにて障がい者がコーヒーを抽出し、提供するカフェを開設しました。SCCへの参画にあたり、このようなサステナブルコーヒー*4を提供するカフェを2021年までにさらに最低3ヶ所以上開設することを、「コミットメント」として表明しました。障がい者によるサステナブルコーヒーの提供機会を増やすことを通じて、当社が先ごろ定義・公表した重要課題(マテリアリティ)でもある「環境保護」への取り組みを行い、同時にSDGsのテーマへ貢献していきます。

当社は2018年度より、新たな企業理念を「イノベーションとコミュニケーションで社会の豊かさを支える」と制定しました。全国で約3万人の社員が勤務する当社では、「多様な人材が、楽しく、安心して働ける、人に優しい職場(コミュニティー)の創出」を、行動理念として掲げています。全ての従業員が利用できるモバイルワーク制度や企業内保育所の開設、また、今回のようなSCCへの参画などを通して、企業としての社会的責任を果たし、持続的で健全な成長を目指します。

*1:SDGsについて
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、国際社会の共通目標です。「誰一人取り残さない」、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。

*2:CIについて
コンサベーション・インターナショナル(CI)は、人が生きる上で欠かすことのできない自然の恵みを将来世代へつなぐことで、持続可能な社会の実現を目指す国際NGOです。国連の持続可能な開発目標(SDGs)に貢献する、気候変動対策や森林保全プロジェクト、そして政策提言や企業連携などの保全事業を世界で展開しています。科学的知見に基づく戦略と、革新的なアイデアで、政府や企業、市民組織、先住民コミュニティなど、様々な立場の関係者とパートナーシップを組みながら、現地プロジェクトの実践・検証という「ボトムアップ」、そして、政策レベルからの「トップダウン」の双方向アプローチで、持続可能な社会へ向けて働きかけています。

*3:ミカフェートについて
株式会社ミカフェートは、世界でも唯一無二のコーヒーハンターJose. 川島 良彰が2008年に立ち上げたコーヒー豆の輸入、販売を行う会社です。そのコンセプトは「すべてのコーヒーをおいしくする」。樹の選別から栽培、収穫、輸送、焙煎、保管、抽出に至る全ての工程に独自の品質基準を設け、グレード別にトップブランドからカジュアルブランドまで様々なコーヒーを取り扱っています。また、CSVの取り組みとして、タイ王国メーファールアン財団が手掛けるドイトゥンプロジェクトの技術指導、ルワンダでのJICAプロジェクト支援、コロンビアで地域の障がい者を受け入れるフェダール農園への支援、そして日本企業で初めて「サステナブル・コーヒー・チャレンジ」に参画しています。
社会環境に配慮したコーヒー栽培や農園管理の指導を行うことで、その国が抱える社会問題(麻薬栽培、失業、貧困など)を解決しつつ品質を高め、さらにそのコーヒーを消費する市場を生み出してサステナブルな関係を構築する事を目指しています。

*4:サステナブルコーヒーについて
サステナビリティー(sustainability = 持続可能性)に配慮したコーヒーのことを、サステナブルコーヒー(sustainable coffee)と呼びます。現在のことだけではなく未来のことも考えた上で、自然環境や人々の生活を良い状態にたもつことを目指して生産・流通されたコーヒーの総称です。現在、環境保護団体を含むさまざまなNGOが、サステナブルコーヒーの生産や流通を推進する活動をおこなっています。

本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ベルシステム24ホールディングス 広報IR室
E-mail:pr@bell24.co.jp
TEL:03-6893-9827



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「コーヒー」をもっと詳しく

「コーヒー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ