やる気スイッチグループ × 千趣会ベルメゾン初の共同開発商品/3歳から使える「やる気スイッチデスク」シリーズ、8月16日(金)発売

8月5日(月)11時40分 PR TIMES

・「やる気の科学研究所」監修による、やる気メソッドを盛り込んだオリジナル商品
・幼児期(3〜4歳ごろ)から学習習慣が身につき、成長に合わせて椅子や机の高さ調整やパーツの組み合わせが可能
・やる気スイッチデスク(税込78,300円) 、やる気スイッチチェア(税込25,380円)など

[画像: https://prtimes.jp/i/28894/188/resize/d28894-188-192518-6.png ]


総合教育サービス事業を展開する株式会社やる気スイッチグループ(東京・中央区、代表取締役社長:高橋 直司 以下、やる気スイッチグループ)と株式会社千趣会(本社:大阪市 代表取締役社長:梶原健司 以下千趣会)は、千趣会の商品開発力とやる気スイッチグループの教育ノウハウを結集した両社初の共同開発商品として、子どもの「やる気スイッチ」を入れる学習机「やる気スイッチデスク」を、2019年8月16日(金)から千趣会の通信販売事業ベルメゾンの商品カタログ(ベルメゾンライフスタイリング2019秋号)とオンラインショップ「ベルメゾンネット( https://www.bellemaison.jp/ )」で販売開始すると発表しました。 ※商品ページは8月16日(金)掲載予定


やる気スイッチグループと千趣会は、これまでも子育て応援企画として保護者向け無料講演会「ご家庭でも入れられるお子さまのやる気スイッチ!」(2018年8月)の開催や、「ベルメゾンネット」( http://www.bellemaison.jp/ )での子育て応援コラムの連載“やる気スイッチ、ON!褒め方ひとつで子どもは伸びる。やる気いっぱいの子どもへの育て方”(2018年2〜7月)といったコラボレーションを行いました。やる気スイッチデスクは両社初の共同開発商品です。

やる気スイッチデスクは「3歳から使える学習デスク」をコンセプトに幼児期に着目していることが特徴です。学習机は小学校入学に合わせて購入するイメージがありますが、子供が自発的に読書や勉強がしたくなるような(やる気のスイッチが入る)学習机を作り、居心地のいい場所と居心地のいい記憶を作ることで自然と机に向かい、学習習慣が身につくようデザインされています。また、お子さんの成長に合わせて椅子や机の高さを調整したり、パーツを組み合わせたりすることができ、小学校入学前の「寄り添い期(3歳〜小学校入学)」、小学校に通い始めてからの「見守り期(小学校入学〜低学年)」、やがて自分で学習を始める「自立期(小学校高学年〜大学生)」の3つの成長期に合わせてお子さまの「やる気」を育みます。

やる気スイッチデスクの共同開発にあたって、やる気スイッチグループは独自のシンクタンク「やる気の科学研究所」によるやる気メソッドポイントとして、1) 幼児期から机に向かう習慣をつけること、2) 子どもの心身の成長に合わせてサイズや組み合わせを変えることを提案。千趣会は、商品コンセプトに沿って商品力を高めるため、ナチュラルな色合いや質感・耐久性などから厳選した素材(天然木アルダー)を使用し、幼児期の安全性を配慮し商品の角を丸くするなど、国産学習デスクメーカーと共にきめ細かい品質にこだわりました。

【やる気スイッチデスク 商品概要】
■販売時期: 2019年8月16日(金)
■販売方法: ベルメゾンライフスタイリング2019年秋号 および ベルメゾンネット
■商品: ※リンク先は2019年8月16日から閲覧可能
https://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&C=10068034&SHNCRTTKKRO_KBN=CT

幼少期から学習習慣が身につく、やる気スイッチデスク: 78,300 円(税込)/72,500 円(税抜)
幼少期から学習習慣が身につく、やる気スイッチチェア: 25,380 円(税込)/23,500 円(税抜)
幼少期から学習習慣が身につく、やる気スイッチスタッキングラック・2 点セット:19,440 円(税込)/18,000 円(税抜)

以上

※添付資料(やる気スイッチデスク詳細・補足情報)

株式会社やる気スイッチグループ
やる気スイッチグループは、個別指導学習塾「スクールIE」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe(ウィンビー)」、英語学童教室「Kids Duo(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン」、 バイリンガル幼稚園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International)」、バイリンガル×アクティブ幼児園「アイキッズスター(i Kids Star)」の7つのスクールブランドを展開する総合教育サービス会社として、現在国内外でおよそ1,700教室・ラボを展開し、およそ10万人の子どもたちの学びをサポートしています。やる気スイッチグループは、一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援します。 https://www.yarukiswitch.jp/

PR TIMES

「千趣会」をもっと詳しく

「千趣会」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ