自動車用サスペンションスプリング市場、2030年末までに250億米ドル規模到達見込み

8月5日(木)18時17分 PR TIMES

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動車用サスペンションスプリング市場:世界の業界分析・市場規模・シェア・成長・動向・予測 (2020〜2030年)」(Transparency Market Research)の販売を8月4日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tsm995798-automotive-suspension-spring-market-global.html

COVID-19危機における安定したサプライチェーンの維持に役立つ代替調達戦略
COVID-19の流行が2021年初頭に大きく収束したことで、多くの企業が事業を再開しています。自動車の生産拠点である中国は、需要と供給の観点から世界の自動車市場を左右しています。中国からの供給が不足すると、世界中でドミノ効果が発生します。そのため、自動車用サスペンションスプリング市場の企業は、メーカーをサポートするために重要な部品を供給することに集中しています。自動車用サスペンションスプリング市場の企業は、重要な部品をサポート・メーカーに供給することに集中しています。

自動車用サスペンションスプリング市場の企業は、代替サプライヤーを特定する以外に、サプライヤーの潜在的な税金や関税の影響を考慮しなければなりません。これには、代替部品が社内で調達されている場合には、関税や移転価格の考慮が必要となります。コロナウイルスのパンデミックへの対応として、メーカーは潜在的な問題を早期に評価するために、サプライチェーンの可視性とコミュニケーションラインの改善を進めています。

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/398/resize/d71640-398-a41b0c0c3eec21b801cc-0.png ]


空気バネシステム-自動車用サスペンションスプリングシステムへの潜在的脅威
自動車用サスペンションスプリング市場は、評価期間中に約5%のCAGRで拡大し、2030年末までに250億米ドルの規模に達すると予想されています。しかし、エアバッグを使用した空気バネシステムは、スチール製のコイルスプリングや従来のスプリングサスペンションに対する脅威として浮上しており、市場の成長を妨げる可能性があります。このように、空気バネシステムの高コスト、機械的、およびメンテナンスの問題は、従来の自動車サスペンション用バネシステムの安定した需要を確立する傾向にあります。

自動車用サスペンションスプリングシステムの売上を拡大するためには、メーカーは研究開発や生産活動において創意工夫を凝らす必要があります。例えば、高強度自動車部品の軽量化専門メーカーであるMubea社は、従来のスチール製リーフスプリングに代わるGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製のテンションリーフスプリングを発表しました。このように、自動車の軽量化は、自動車用サスペンションスプリング市場のメーカーにとって非常に重要なポイントとなっています。

コラボレーションがもたらす特殊乗用車の可能性
優れたハンドリング、軽量化、そして快適性の向上は、独立したフロントサスペンションシステムに求められています。自動車用サスペンションスプリング市場の企業は、悪路での安定性と乗り心地の改善という利点から、独立型フロントサスペンションシステムに革新的な技術を導入しています。消費者のSUV志向の高まりは、自動車用サスペンションスプリングシステムの需要を促進しています。これは、自動車の所有者が、優れたロワーコントロールアームとアッパーコントロールアームの機能を認識するようになっていることからも明らかです。

サプライヤーやOEMメーカーは、一流の自動車メーカーと協力して、堅牢なサスペンションスプリングを設計しています。例えば、イギリスのLytham St AnnesにあるスプリングサプライヤーのMelling Performance Springsは、有名な自動車メーカーと提携し、ステアリングシステムのスプリングとサスペンションに独創的な技術を導入しています。自動車用サスペンションスプリング市場の企業は、その収益源を拡大するために、特殊な乗用車や高級自動車への供給を拡大しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tsm995798-automotive-suspension-spring-market-global.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

PR TIMES

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ