青木あすなろ建設(1865)、「お米」の株主優待の廃止 を発表! TOB(公開買付け)成立を条件に株主優待と 配当が廃止も、株価より53%も高いTOB価格に決定!

8月6日(火)23時20分 ダイヤモンドオンライン

青木あすなろ建設は高松コンストラクショングループ傘下の建設会社。

写真を拡大

 青木あすなろ建設株式会社が、お米の株主優待を廃止することを、2019年8月6日の15時30分に発表した。



 青木あすなろ建設の株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「500株(5単元)以上の株主に、保有株数と継続保有期間に応じて『新潟県南魚沼産コシヒカリ5〜10kg』を贈呈」というものだった。


 しかし、2020年3月末の分からは廃止されることになった。青木あすなろ建設は、同時に配当の廃止も発表している。


 青木あすなろ建設が株主優待と配当を廃止する理由は、髙松コンストラクショングループが青木あすなろ建設に対して、2019年8月7日からTOB(公開買付け)を実施するため。公開買付け予定価格は、本日(8月6日)の終値788円より422円高い「1210円」となっている。


青木あすなろ建設が廃止する株主優待の詳細

























■青木あすなろ建設が廃止する株主優待の詳細
基準日 保有株式数 保有期間 株主優待内容
3月末 500株以上 南魚沼産コシヒカリ5kg
2000株以上 5年以上
南魚沼産コシヒカリ10kg

 青木あすなろ建設が廃止する株主優待は、個人投資家に人気の「お米」で、しかも「新潟県南魚沼産コシヒカリ」。価格不明のため、株主優待利回りの算出は困難だが、この株主優待と配当の廃止を残念に思う投資家もいるだろう。ただし、TOB価格(公開買付け価格)は2019年8月6日の終値788円よりも53%以上高い「1210円」なので、TOBを歓迎する投資家のほうが多いかもしれない。明日(8月7日)以降、株式市場では買付け価格1210円に寄せていく形で株価が上昇することになりそうだ。


 なお、青木あすなろ建設は青木建設とあすなろ建設が2004年に合併して誕生した髙松コンストラクショングループ傘下の企業。土木事業や不動産事業などを手掛ける。2020年3月期の連結業績予想(通期)は、すべて前期比で受注高が5.1%減、売上高が1.7%増、営業利益が7.4%増、経常利益が8.3%増、当期純利益が17.3%増。






































■青木あすなろ建設
業種コード市場権利確定月
建設業1865東証1部3月末
株価(終値)
必要株数最低投資金額配当利回り
788円500株39万4000円3.05%

【青木あすなろ建設の最新の株価チャート・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2019年8月6日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数。「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ダイヤモンドオンライン

「株主」をもっと詳しく

「株主」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ