"アライグマのように"メガネを洗う男はモテる

8月6日(火)17時15分 プレジデント社

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Deagreez)

写真を拡大

■日本の女性は、メガネの男性が好き


メガネとは、男性に知的さやオシャレな印象を与えてくれる魔法のアイテム。


女性はファッションに敏感で、男性のかけるメガネの形やデザインに注目している人も多いです。特に、ディテールにこだわったメガネであれば、女性の気を引いたり、会話のきっかけにもなってくれる便利なツールです。



例えば睡眠不足などで調子が良くないとき、シャキッとした表情ができないときでも、メガネをかければ、なんとかごまかせます。まさに「おしゃれなメガネは七難隠す」です。


女性的には、ガリ勉すぎたり、派手すぎるメガネの男性はNG。本来の機能である、視力を補正するメガネに好感を持ちます。


例えば、度数が入っていないチャラチャラしたメガネをかけている男性は「なんか仕事できなそう」と思ってしまうのが本音。無駄なメガネは逆効果です。


会社でメガネをかけた男性が、パソコンのモニターを真剣なまなざしで見つめたり、バリバリ仕事をこなしている姿は、たまらなくセクシーです。意外とあなたもオフィスの女性から熱い視線を浴びているかもしれませんよ。


女性に、好きなメガネ男子の仕草についてアンケートを取ると、「メガネを外す仕草」を挙げる人が非常に多くいました。


メガネの男性と話していて、なんの前触れもなく、スッと外して置かれたら、ドキッとするのは私だけではないはず。


メガネはある意味、心の壁でもあります。メガネを外されたら、心の壁が一枚取り払われたような気にもなりますね。


ほかに好きな仕草として「メガネを外して、目頭をぐっと押さえる」という意見も多数ありました。これは母性本能をくすぐる仕草のひとつ。仕事に疲れた男性を癒やしたいという女ゴコロをぐいぐい刺激します。


仕事中にメガネを外して「ク〜ッ」と目頭を押さえる男性がいたら、「お茶いかがですか」「おしぼりをどうぞ」と声をかけたくなってしまいます。


ずれたメガネを直す仕草も女性はよく見ています。2本の指でツルの部分をつまんで上げる、ブリッジ(両レンズの間の部分)を中指でくいっと上げる、親指と中指でレンズの下を支えて上げるなど、女性それぞれに好みが分かれるようです。


メガネを装着する際は、自分のキャラクターに合わせた方法がいいでしょう。がっしりした体形の男性であれば、両手で持ってガッと男らしくかける、中性的な色白系の男性であればブリッジを指で押しながら繊細にかけるとよいでしょう。



■不潔にすると、嫌われるアイテムに


メガネは女性にモテやすいアイテムではありますが、不潔にすると嫌われるアイテムに豹変します。




※写真はイメージです(写真=iStock.com/Deagreez)

女性に嫌いな仕草を聞くと「メガネが汚れている」「レンズが指紋だらけ」「飛び散ったラーメンの汁を放置」などの言葉が並びます。


いつの時代も女性は清潔感のある男性が好き。家に洗浄器を置いて洗ってから外出したり、会社のお手洗いで都度洗うなど、気を使うのがいいでしょう。


ついつい自分のシャツで拭いてしまう人もいますが、果たしてそのシャツは清潔なのか、と問いたくなるところです。


メガネグッズにこだわる人はポイントも高いですね。デスクには、携帯用メガネクリーナー、メガネ拭きなどのお手入れセットを常備しておきましょう。「清潔にしているな」とスマートにも見えて、女性からの印象もいいです。


不潔度だけでなく、「おでこにかける」「レンズに息を吹きかけて拭く」など、おじさんっぽい仕草も女性からは不評。


メガネを外す仕草にはドキッとしますが、頻繁にかけたり外したりを繰り返すのもよくありません。特に食事中は注意。あまりに落ち着きがないと、食事や会話に集中できなくなってしまいます。


外す際にはスッと折りたたんでテーブルに置いたり、胸ポケットに入れるのがベターです。テーブル上に雑にボンと置くと、電車で大股を開いて座る男性のように、横柄な印象。胸ポケットではなくシャツなどの襟部分にひっかけると、せっかくの知的なイメージが一気に遊び人のイメージに変わるので注意してくださいね。


■飲み会は、前半と後半で別の顔を見せる


メガネをかける男性は夜のシーンでも人気です。


飲み会や合コンでは、メガネを途中からかけたり、外したりする動作をおすすめしています。


限られた時間の中でギャップを効かせ、別の顔を見せることができるからです。2時間の飲み会ならば、1時間経ったころがベストタイミング。女性からさらに注目されるきっかけになります。


メガネは恥じらいを隠すアイテムとしても活躍。シャイな男性なら、「ちょっと恥ずかしいからかけてきた」と言えば母性本能をくすぐることができます。


合コンにいるメガネの男性といえば、奥さんや彼女に遊んでいるのがばれたくないと、変装アイテムとして利用する悪いヒトもいるようですが……。


とはいえ、メガネをON/OFFの切り替えツールとして利用することはおすすめです。例えば平日はコンタクトで仕事を頑張って、土日はコンタクトを外してメガネで過ごすなどです。



■「私しか知らない一面」という特別感


週末デートのときだけメガネをかける男性を見ると、「私しか知らない一面」という特別感が醸し出され、女性はうれしくなります。


運転するとき、舞台を観るとき、趣味の機械いじりをするときなど、特定のシチュエーションのみメガネをかける男性も素敵ですね。



▼モテるメガネ男性5箇条

(1)アライグマのようにメガネを洗う

メガネを清潔にしている男性は好感度大。指や洋服で拭くのではなく、専用クリーナーや手洗い場でこまめに洗浄。

(2)メガネを丁寧にゆっくりたたむ

メガネを外して、丁寧にたたむ仕草は人気。一連のしなやかな指の動きに釘付けになる女性も多い。

(3)メガネをかけたまま顔を拭かない

飲食店ではおしぼりで顔を拭きたくなりますが、メガネをかけたまま押し上げるように顔をゴシゴシするのはNG。

(4)休憩時はメガネを外してリラックス

ふとした瞬間にメガネを外す仕草は女性に人気。目薬を差して目頭をマッサージ、背伸びしてほっと一息。

(5)女性にメガネをかけさせない

自分のメガネを女性に「かけてみて」と強要しない。過度のスキンシップは時にセクハラとなる場合も。

●調査方法:編集部とランサーズで実施。女性300人から回答を得た。調査日は2019年5月30〜6月3日。


----------



田中絵音

日本合コン協会会長

恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。著書に『こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)』など。

----------



----------

田中 絵音
日本合コン協会会長

恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。著書に『こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)』など。

----------




(日本合コン協会会長 田中 絵音 構成=花輪えみ 撮影=南方 篤 写真=iStock.com)

プレジデント社

「メガネ」をもっと詳しく

「メガネ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ