ビッグデータとAIを駆使したトラベルサービス「atta」が検索対象施設100万件を突破!

8月7日(水)1時40分 PR TIMES

世界218カ国・地域のホテル・旅館・民泊・別荘が検索対象に。

ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta(あった)」を運営する株式会社atta (アッタ、本社:東京都荒川区、代表取締役社長:春山佳久)は、2019年8月2日付けで検索対象の宿泊施設数が100万軒を超えたことをお知らせいたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/35741/25/resize/d35741-25-934396-0.png ]

世界218カ国・地域にある100万軒を超えるホテル・旅館・民泊・別荘といった宿泊施設をattaアプリ上で、様々な宿泊予約サイトを横断的に比較検索が可能となりました。

本アプリは、AIを駆使し、宿泊施設や宿泊日の特定条件において、宿泊施設の需要供給状況を解析し、今後宿泊料金がより安くなる確率を提示いたします。また、宿泊料金が下がった時にユーザーに対してリアルタイムにお知らせするプライスアラート機能を搭載、さらに最新版アプリでは、満室だった宿泊施設に空室が生じた時にお知らせする、空室アラートも新機能として展開しております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/35741/25/resize/d35741-25-824183-1.png ]

本件を受けて、代表の春山は、「より多くの宿泊施設を検索できるようになったことで、様々な旅行者のニーズを答えることができるようになりました。今後もさらに検索対象の宿泊施設数を増やし、世界中の旅行者に満足頂けるトラベルテックアプリを目指します。」とコメントしております。

attaのサービス説明動画
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=i9Wny_N2IBE&feature=youtu.be ]



■株式会社atta(あった)とは
株式会社attaは「旅」×「テクノロジー」のトラベルテックスタートアップです。テクノロジー使って旅行を科学し、旅行前にユーザーが感じるペインを解決します。世界約100万宿泊施設の料金に対して、独自のビッグデータとAIを駆使し、今後より安くなる確率を提示し、お得に宿泊予約が可能になるサービス「atta」をiOS、Androidアプリ、日本語・英語の両言語にて展開しています。
また、Facebookが実施しているスタートアップ支援プログラム「FbStart」にて、「Bootstrap」に認定、その他、朝日メディアアクセラレーションプログラム5期生、株式会社電通が運営するスタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」の1期生、アジア最大級のテックイベントRISEカンファレンスイベント2019のピッチバトル参加53社に日本から唯一、選出をされています。

<会社概要>
・名称: 株式会社atta (あった) 英語表記: atta Inc.
・設立: 2018年3月12日
・代表取締役社長: 春山佳久
・資本金:2億5600万円(資本準備金含む)
・所在地: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-6-10 gran+NISHINIPPORI 5階
・コーポレートサイト: https://atta.ai/company/jp/
・事業内容: 世界100万宿泊施設の料金をAIで、今後、宿泊料金がより安くなる確率を提示し、さらにお得に予約が可能になるサービス「atta」の運営および旅行データの分析・提供

<本件のお問い合わせ>
株式会社atta
TEL:03-4500-2185
E-mail:pr@atta.ai

PR TIMES

「ビッグデータ」をもっと詳しく

「ビッグデータ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ