BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

日本初 セブン銀行、日本ユニシス、NRIと共同で勘定系システムへの「東阪交互運用方式」導入を決定

ドリームニュース8月9日(水)12時0分
画像:日本初 セブン銀行、日本ユニシス、NRIと共同で勘定系システムへの「東阪交互運用方式」導入を決定
写真を拡大
画像:日本初 セブン銀行、日本ユニシス、NRIと共同で勘定系システムへの「東阪交互運用方式」導入を決定
写真を拡大
株式会社セブン銀行(本社:東京都千代田区、社長:二子石 謙輔、以下 セブン銀行)は、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:平岡 昭良、以下 日本ユニシス)及び株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:此本 臣吾、以下 NRI)と共同で、2018年度をめどにセブン銀行で稼働中の「オープン勘定系システム『BANKSTAR(R)』(注1)」への「東阪交互運用方式」導入を決定しました。

http://www.nri.com/jp/news/2017/170809_1.aspx
(以下、ニュースリリース本文)

現在、セブン銀行の勘定系システムは、本番機とバックアップ機を東阪両センターに分けて運用しております。今般、日本の金融機関で初めて、勘定系システムを東阪両センターで交互に本番機として運用する方式を導入いたします。定期的に本番機を入れ替えることにより、BCPの高度化と24時間365日無停止連続運転が可能となるため、セブン銀行のお客さまに対して、これまで以上に安心してご利用いただけるサービスを提供できるようになります。

本件の実現にあたって、日本ユニシスは「オープン勘定系システム『BANKSTAR』」の提供を行い、NRIはシステムインテグレーターとしてシステム開発を請け負います。

日本ユニシスは、金融機関の基幹系分野で長年培った業務やシステムのノウハウを元に、セブン銀行の勘定系システムを2006年1月に本番稼働させ、原則24時間365日安定稼働を支援しています。今回の東阪交互運用方式は、将来起こり得る広域被災時にも継続的安定稼働を実現し、金融機関のミッションクリティカルシステム(注2)の事業継続をさらに高いレベルで支えることが可能となります。

NRIは2006年1月のセブン銀行への『BANKSTAR』導入以来、同行の勘定系システムの保守や、基盤更改プロジェクト等の大規模システムインテグレーションを実施してきました。この過程で積み上げてきたノウハウを元に、今回の東阪交互運用方式の実現に向けたアプリケーションの再構築等を行い、セブン銀行のBCP高度化や、システムの可用性・開発保守性向上、安定稼働を実現します。

セブン銀行、日本ユニシス、NRIの3社は、今後も技術革新の成果をスピーディーに取り入れ、安心・安全と利便性を追求したサービスの提供に努めてまいります。

◆「東阪交互運用方式」運用イメージ

◆「24時間365日無停止連続運転」実現イメージ

以上

注1:オープン勘定系システム『BANKSTAR』
日本ユニシスが無店舗型の銀行向けに開発したオープン勘定系システム(パッケージシステム)です。地方銀行10行で安定稼働(2017年7月末現在)している日本ユニシスの地方銀行向けオープン勘定系システム「BankVision(R)」と同様にWindows基盤を採用し、24時間365日稼働を実現しています。
『BANKSTAR』は日本ユニシスのパッケージシステムですが、システムインテグレーションについてはNRIが提供することも可能です。

注2:ミッションクリティカルシステム
業務の遂行やサービスに必要不可欠であり、障害や誤作動などが許されないコンピュータシステムのこと。社会的に影響の大きい金融機関の基幹システムの場合、万が一システム障害が発生するとユーザーに損害を与えるだけでなく、企業の信用問題にも関わってきます。また、災害が発生した場合でもシステム停止は許されないため、本番サーバーと予備サーバーは別の地方のデータセンターに設置し、遠隔地で待機させる構成を取ります。

※関連リンク:『BANKSTAR』
http://www.unisys.co.jp/solution/lob/fs/bankstar/index.html
http://fis.nri.co.jp/ja-JP/service/list/A-E/BANKSTAR.html

※BANKSTAR、BankVisionは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

<報道関係問い合わせ窓口>

株式会社セブン銀行 CSR広報担当 稲垣・吉川
電話:03−3211−3041 E-mail:kik-kh@sevenbank.co.jp

日本ユニシス株式会社 広報部 PR室 斉藤・滝澤
電話:03−5546−7404 E-mail:i-box@unisys.co.jp

株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部 広報課 瀬戸・若林
電話:03−5877−7100 E-mail:kouhou@nri.co.jp



はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
電気自動車はガソリン車を超えるか JBpress8月18日(金)6時12分
テスラの「モデル3」。同社提供(2016年4月1日提供)。(c)AFP/TESLAMOTORS〔AFPBBNews〕テスラの電気自動車(E…[ 記事全文 ]
スタバ「マイボトル」の人は浪費家だった プレジデント社8月18日(金)9時15分
コーヒー専門店に「マイボトル」を携行する人がいる。数十円の割引が受けられるため、節約意識の高い人のように思えるが、FPの山崎俊輔氏は「マイ…[ 記事全文 ]
「走るATM」広がる 時事通信8月18日(金)17時12分
地方銀行や信用金庫といった地域金融機関で、現金自動預払機(ATM)を搭載し、店舗の空白地域などを巡回する移動ATM車の導入が広がっている。[ 記事全文 ]
デキる人かを見分けるたった1つの質問 プレジデント社8月16日(水)9時15分
ビジネスの現場で、相手が「仕事がデキる人」かどうかすぐに見抜く方法はあるのでしょうか。じつは、質問1つで判断する方法があります。[ 記事全文 ]
30センチでエンジン停止 自動車による“浸水”危険レベル オリコン8月19日(土)9時50分
ゲリラ豪雨のニュースを目にする機会が多くなった。自治体による浸水被害対策区域指定などの動きも始まっている。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア