朝ドラ「なつぞら」の主人公のモデルは実在していた!? ドラマと同じで、毎日おしゃれして出社していたんだって! そんな彼女が本当につくりたかった「児童書」が、39年ぶりに新装版で復刊!!

8月8日(木)23時40分 PR TIMES

このたび株式会社双葉社より『新装版 おかしえんの ごろんたん』が発売されました。
作者は、朝ドラ「なつぞら」の放送で注目が集まる、女性アニメーターの先駆者・奥山玲子。
日本のアニメ創生期にアニメーターとして活躍、数多くの作品で作画監督や筆頭原画を歴任した彼女が、
おくやまれいこのペンネームで1980年に出版した児童書『おかしえんのごろんたん』を39年ぶりに復刊しました。
物語と絵の両方を手掛けた唯一の児童書であり、巻末には復刊に寄せて、彼女の夫である
アニメーター・キャラクターデザイナーの小田部羊一のインタビューを収録しました。
記念すべき朝ドラ第100作目「なつぞら」なつの、原点とも言える1冊。ドラマと共にお楽しみください。

[画像: https://prtimes.jp/i/14531/138/resize/d14531-138-434570-0.jpg ]


■小田部羊一 インタビュー抜粋
40年も前に書かれたこの物語を、今を生きる子供たちとその親御さんたちに楽しんでもらえたら、奥山もきっと喜んでくれるのではないかと思います。

■奥山玲子プロフィール
本名・奥山玲子 宮城県仙台市生まれ。1957年東映動画に入社し『白蛇伝』(1958年)の動画を担当。『アラビアンナイト シンドバッドの冒険』(1962年)で原画に昇格。『わんぱく王子の大蛇退治』(1963年)ではヨルノオスクニのパートのデザイン・原画を担当。スタジオでは女性アニメーターのリーダーとして腕を振るう一方、労働組合の活動にも積極的に参加し、女性の処遇改善や格差撤廃の運動に取り組んだ。長編『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)『長靴をはいた猫』(1969年)『ながぐつ三銃士』(1972年)などの原画、『海底3万マイル』の共同作画監督(1970年)、テレビシリーズ『ハッスルパンチ』(1965〜1966年)『魔法使いサリー』(1966〜1968年)などの作画監督を歴任。『アンデルセン童話 にんぎょ姫』(1975年)で女性初の長編単独作画監督を務めた。『母をたずねて三千里』(1976年)『龍の子太郎』(1979年)では、夫の作画監督・小田部羊一を補佐として支えた。多数の絵本・紙芝居で挿絵を担当。晩年は銅版画家として数々の個展を開催。1988年には長編『火垂るの墓』の原画、1991年には銅版画調の短編アニメーション『注文の多い料理店』の原画を担当。2003年『冬の日』の一編を演出、小田部が原画を担当。1986年以降、東京デザイナー学院アニメーション科の講師も務め、教育者としても活躍した。2007年5月6日肺炎により死去。著書に『詩画集 墓標』(1968年/2001年再販)がある。(テキスト構成/叶精二)

■書籍情報
発売日:2019年08月1日
定価:本体1,200円 + 税
判型:A5判
ISBN 978-4-575-31479-3
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-31479-3.html?c=31900&o=&

PR TIMES

「児童」をもっと詳しく

「児童」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ