野村證券株式会社がモビリティ向けIoTプラットフォームを活用したフリートソリューションサービスを全国の営業店に導入 

8月10日(土)4時40分 PR TIMES

膨大な走行データを瞬時に分析し「 安全運転向上 」×「 生産性向上 」×「 環境負荷軽減 」へ

 株式会社スマートバリュー( 証券コード:東証一部9417、本社:大阪市西区、代表取締役社長:渋谷 順、以下:スマートバリュー )は、モビリティ向けIoTプラットフォーム「 クルマツナグプラットフォーム 」を基盤とした全国250社15,000台の販売実績があるテレマティクスサービス「 CiEMS 3G 」を、野村證券株式会社( 本社:東京都中央区、代表執行役社長:森田 敏夫、以下:野村證券 )が採用決定し、それに併せて3万人以上の利用者実績があるアプリケーションサービス「 CiEMS Report 」を全国の営業社員が利用するといった「 野村證券専用のIoTフリートソリューションサービス 」を開発し、2019年10月1日( 火 )よりサービス導入することを発表いたします。


1.野村證券専用サービスの特徴 

 政府が策定した科学技術基本計画「 Society5.0 」や経済産業省の「 Connected Industries 」では、企業や団体が有する多様なデータの連携促進が提唱されています。複数のデータホルダーの異なるデータを連携させ活用することで、サービスやインフラの利便性の向上、新たなサービスの開発などに繋がる可能性があると注目が集まっています。

 今回開発した専用サービスでは、インターフェイスとなるWeb、アプリ側でソリューション項目や機能を追加することで、様々なビッグデータを解析し、野村證券のニーズにあった情報を提供することができます。野村證券が利用する全営業車の走行データや全国の営業社員のアクティビティ・データを結びつけることで、運転技能診断や運転負担の測定を行い「 安全運転支援 」や交通事故の未然防止を図るとともに、営業車の予約機能と車両稼働率データを元に適切な「 社内カーシェアリング化 」を進め、自動車日報の自動化や日々の外交の走行経路データを解析し多くのお客様と向き合う時間創出など「 生産性向上・業務効率化 」を見込んでいます。また、最適な車両利用を進めることでCO²低減などの「 環境負荷軽減 」も期待されています。



2.今後の計画

 下記新サービスの構築を予定しています。
 1. クルマツナグプラットフォームのデータ連携API機能で、勤怠管理システムと連携する取り組み
 2. 走行データ × 事故データの分析による高度事故防災への取り組み
 3. 走行データ × メンテナンスデータ分析による高度予防整備への取り組み

 今後広がるConnected Worldを見据え、本サービスでは、スマートバリューが2019年1月にJJP1号投資事業有限責任組合を通じて出資した、革新的デジタルセキュリティ会社である株式会社BluePlanet-works( 本社:東京都渋谷区、代表取締役:中多 広志 )のセキュリティプラットフォームの導入を予定しております。



3.「 クルマツナグプラットフォーム 」サービス開始の背景

 スマートバリューが開発したモビリティ向けIoTプラットフォーム「 クルマツナグプラットフォーム 」は、自動車に特化したIoTプラットフォームです。「 新しくIoTを始めたい 」、「 既存のシステムにクルマのデータを繋げたい 」といったお客様の声を実現すべく、2016年8月より「 クルマツナグプラットフォーム 」の提供を開始しています。

 本サービスは、スマートバリューが2008年から培ってきたノウハウを集約しており、データ量が膨大で複雑なために分析が難しいとされている走行データを、瞬時に分析・加工し、見える化が可能となっています。また、一般的なシステムとは異なり、データが膨大すぎるために省かれてしまう微小な走行データまで収集、分析しているため、より正確な走行データを得ることができます。このプラットフォームを土台とする事で、既存の事業・サービスにクルマのIoTを掛け合わせた、新たなサービスの創造を実現可能にしました。
[画像: https://prtimes.jp/i/39479/15/resize/d39479-15-618181-0.jpg ]

【 クルマツナグプラットフォーム 】https://mobility.smartvalue.ad.jp/iot_platform/index.php
【 CiEMS 3G 】http://mobility.smartvalue.ad.jp/ciems.html
【 CiEMS Report 】http://mobility.smartvalue.ad.jp/report.html


株式会社スマートバリューの概要

社名 :株式会社スマートバリュー
代表者名 :渋谷 順
所在地 :大阪市西区靭本町2丁目3番2号
設立年月日:1947年6月
資本金 :959,454千円
事業内容 :クラウドソリューション事業・モバイル事業
ホームページ:https://www.smartvalue.ad.jp/



野村證券株式会社の概要

社名 :野村證券株式会社
代表者名 :森田 敏夫
所在地 :東京都中央区日本橋1丁目9番1号
設立年月日:2001年5月
資本金   :10,000,000千円
ホームページ:https://www.nomura.co.jp/


【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社スマートバリュー
社長室Division つながる創造Group 広報Team 山盛 雅美
お問い合わせフォーム:https://www.smartvalue.ad.jp/cgi-bin/inquiry.php/1
メールアドレス :info@g.smartvalue.ad.jp

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ