BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

古き良きアメリカの象徴「コルベット」の進化に見るGMの底力

Forbes JAPAN8月11日(金)15時0分
画像:古き良きアメリカの象徴「コルベット」の進化に見るGMの底力
写真を拡大
今でこそ、フォルクスワーゲンとトヨタが世界一位の座を狙ってしのぎを削っているが、2008年にその座を奪われるまで、77年もの長きにわたって、世界一の自動車メーカーとして君臨していたのが、ゼネラルモーターズ(GM)だ。
 
2016年の段階でも、GMの年間販売台数は1000万台であり、1031万台のフォルクスワーゲン、1017万台のトヨタと共に、いわゆる”1000万台クラブ”の一員と言っていい。ルノー・日産アライアンスに三菱を加えて、ようやく996万台。メルセデス・ベンツ、アウディ、BMWといったジャーマン・プレミアムが、軒並み200万〜300万台あたりという事実からも、GMは今もって自動車業界の巨人と言える存在だ。
 
さらに、GMの中でも、シボレーは最も普及しているブランドだ。小型車からフルサイズSUVまでフルラインナップを揃えるのみならず、同社を代表するスポーツカーとして60年以上の歴史を誇る「コルベット」も属している。

アメリカ人にとって、このクルマは、色褪せることのない古き良きアメリカの象徴だ。初期こそ、直6エンジンを積んでいたものの、V8エンジンを搭載した後輪駆動の2シーター・スポーツカーという基本は7代目となる現在まで連綿と受け継がれている。 

翻って、現代の「コルベット」では古き良きアメリカの遺伝子を受け継ぎながらも、現代の要素を取り込んでいる。ボディにカーボン複合材を使う伝統を継承しつつ、軽量素材を奢り、パワフルな新型V8エンジンを搭載。日本で操るには大ぶりに思えるが、実は4510×1880×1230mmに過ぎない。

そもそも、「コルベット」とは小型の巡洋艦の意。小型でパワフルなクルーザーのごとく俊敏さも兼ね備える。そんな現代的になった「コルベット」の姿は、77年もの間、王座に君臨したGMの底力を感じさせる。

DATA
駆動形式:後輪駆動
全長:4510mm
全幅:1880mm
全高:1230mm
最高出力:466PS/6000rpm
価格:9,940,000円(7MT)から
問い合わせ:GMジャパンカスタマー・センター(0120-711-276)

「カマロ」6代目となる新型は、年内に日本上陸予定!1953年に登場した「コルベット」がアメリカの古く良き時代の象徴であるのに対して、1967年に登場した「カマロ」は、スリークなスタイリングにパワフルなエンジンを搭載したアメリカン・マッスルカーの典型だ。



初代から現在に至るまで、後輪を駆動する形式を採り、2+2というレイアウトを採用している。スポーツカー不遇の時代になり、2002年には一旦、生産中止となった。

しかし、初代にオマージュを捧げたレトロモダンなコンセプトカーを発表するやいなや、ファンからの熱烈なラブコールが集まり、7年間の沈黙を破って、2009年に5代目が復活。そして、すでにアメリカ本国では6代目となる新型「カマロ」が発表されており、日本にも年内に上陸する予定だ。

一回り小さいボディに軽量素材を奢り、90kg以上のダイエットに成功し、従来のV8とV6に加えて、2L直4エンジンも追加され、これまでにない軽快な走りが予想されている。

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「コルベット」をもっと詳しく

注目ニュース
トヨタとマツダが「EV提携」、ミスリード報道の波紋 JBpress8月22日(火)6時14分
8月4日、トヨタ自動車とマツダが資本提携に関する記者会見を開いた。具体的な内容は、(1)両社共同の製造拠点を北米に新設し2021年に稼働、…[ 記事全文 ]
松屋のビビン丼が終売、だと? 衝撃受けるファンに「耳より情報」 J-CASTニュース8月22日(火)15時50分
松屋フーズ(東京都武蔵野市)の定番メニュー「ビビン丼」が、2017年8月中旬をもって終売(最終納品済)していたことがわかった。[ 記事全文 ]
富士通が携帯事業売却へ 販売減で、来月にも入札 共同通信 47NEWS8月22日(火)9時25分
富士通が携帯電話事業を売却する方針を固めたことが22日、分かった。米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などの攻勢で販…[ 記事全文 ]
"死ぬまでSEX"に注がれる高齢者の熱視線 プレジデント社8月22日(火)15時15分
年をとれば性への関心は薄れる。そんな“常識”は嘘っぱちだった。この数年、週刊誌では「死ぬまでSEX」が大人気。特に高齢者の食いつきが顕著だ。[ 記事全文 ]
中国「強烈な不満」=米通商調査に報復も 時事通信8月21日(月)18時50分
【北京時事】中国商務省は21日、米通商代表部(USTR)が対中貿易制裁を視野に米通商法301条に基づく調査を始めたことを受け、「強烈な不満…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア