KDDI子会社「Supershipホールディングス」が株式上場の準備を開始

8月12日(月)9時0分 MONEYzine

 KDDIは、子会社のSupershipホールディングスが株式上場の準備を開始すると発表した。


 KDDIは8月9日、連結子会社であるSupershipホールディングスが、株式上場の準備を開始すると発表した。なお、準備過程における検討の結果次第では、上場しないという結論に至る可能性もあるとしている。


 Supershipホールディングスは、2014年10月1日にSyn.ホールディングスとして設立された。2015年9月、Syn.ホールディングスは、スマートフォンアプリ向け動画広告配信サービスを提供するアップベイダーと、スマートフォンに特化した販促ソリューションを提供するSocketを連結子会社化した。


 さらに、同月、デジタル広告事業を手掛けるスケールアウト、ウェブメディアを運営するnanapi、プラットフォーム事業を展開するビットセラーの3社が2015年11月に合併し、KDDIのグループ会社としてSupershipが誕生した。


 2016年6月、Syn.ホールディングスは、妊娠・出産・子育ての疑問を解決する女性向けサイト「ママリ」と、Q&Aアプリ「ママリQ」を提供するコネヒトを子会社化。2017年2月には、Supershipと、動画広告のアップベイダー、スマホ向け接客プラットフォームのSocketの3社が合併し、Supershipが存続会社となった。


 2017年7月には、Syn.ホールディングスがアドフラウドソリューションなどを提供するMomentumを子会社化。そして2018年10月、Syn.ホールディングスは、Supershipホールディングスへ社名を変更した。同月、Supershipホールディングスは、人工知能の活用を提案するDATUM STUDIOを子会社化した。


 2019年5月には、Supershipホールディングス、テレビ朝日、サイバーエージェント、電通、博報堂DYメディアパートナーズの5社は、デジタル動画広告配信事業で合弁会社を設立。この合弁会社はテレビ朝日の連結子会社となった。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

じぶん銀行、商号を「auじぶん銀行」へ変更

KDDIがau損保を連結子会社化へ、あいおいニッセイ同和損保から株式取得で合意

KDDI、876億円でカブドットコム証券株式の公開買付け

MONEYzine

「上場」をもっと詳しく

「上場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ