東京都をキレイにすることを宣言し、呼び掛ける「抱きしめて、都。」プロジェクト始動

8月13日(月)11時0分 ドリームニュース

文化の普及により平安な世の中を実現する日本のこころ平安協会(代表理事:中澤 弘幸)は、世界の平安を願い、相手を思いあう大切さを伝えるため、そして、世界が美しくなることを願い、この度、『抱きしめて、都。』を行うことを決意しました。

代表理事の中澤 弘幸は、1987年11月8日に、「滋賀県大津市のはずれに、第一びわこ学園(重症心身障害児施設)」を支援するための資金作りとして『抱きしめて琵琶湖』を開催。 メインテーマを水と命とする壮大なイベントととして、人々が手を繋ぎ、琵琶湖一周235kmが、一つに繋がりました。

『抱きしめて琵琶湖』開催から32年の時を経て、その時の熱い思いがカタチを変え、若者たちにバトンが渡され、2019年7月に『抱きしめて、都。』として開催します。

『抱きしめて、都。』では、ベーシックインカムの概念が取り入れられています。この活動の第一の目的は「援助」でも「利益」でもなく、「共に楽しむこと=コンヴィヴィアリティ」です。そしてそれが同時に人や社会のためになることで、その効果が高まります。

2020年には、世界各国から多くの方々が、おそらくは、この東京という都に訪れます。『抱きしめて、都。』では、世界各国の方々に都を抱きしめてもらえるよう、東京都をキレイにすることを宣言し、呼び掛けます。
東京という都に、世界各国から様々な方々訪れ、笑顔が満ち溢れることこそが、『抱きしめて、都。』が望むこととなります。


◆『抱きしめて、都。』開催概要
<プロジェクト名>
『抱きしめて、都。』

<主催者>
一般社団法人日本のこころ平安協会

<目的>
世界の平安を願い、相手を思いあう大切さを伝えるため、そして、世界が美しくなること

<内容>
■都内のゴミを拾い、キレイにすることを呼び掛け、実施する
■イベントの開催
日時:2019年2019年7月21日(日)※予定
場所:大手町・東京・有楽町・銀座周辺、および『皇居』周辺
内容:皇居の周回をウォーキングする。また、都内のゴミを拾い、キレイにすることを実施
参加費:一人3,000円(「抱きしめて、都。」Tシャツとイベント参加を含む)
※Tシャツのみ購入の場合、1枚あたり2,000円
募集人数: 1,000人まで
申し込み方法: ホームページ( http://www.nihon-kokoro.org/miyako/ ) よりお申込みください

<備考>
集まったお金は、プロジェクト実施の上での運営費と制作物(Tシャツ や エコなゴミ箱・ゴミ袋)の費用と、若者の育成および自然をキレイにする活動に活用予定。

ドリームニュース

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ