デジタル時代にアナログ回帰 「新型DM」の可能性

8月13日(日)11時0分 Forbes JAPAN

米国でデジタルマーケティングの取材をする中で、「リード・ナーチャリング」という言葉がよく聞かれた。見込み客をいかに育てるか──デジタルとアナログを組み合わせた取り組みとは。

PrintingForLess(以下、PFL)のCEO、アンドリュー・フィールドは、毎日のように大量に届くメールに辟易としていた。その数は多いときに5000通に上っていた。

「単純なデジタルマーケティングは効果が薄いんじゃないか、と思いました。そこで、印刷物によるDM(ダイレクトメール)とデジタルでのキャンペーン、その両方を組み合わせたサービスを始めてみることにしたんです」

PFLはデジタル全盛の時代において、アナログな手法によるアプローチを重要視している。提供するサービス「Tactile Marketing Automation」は見込み客に対して、メールなどでアプローチしつつ、印刷物からポストカード、ブランドグッズといったアイテムを届けられるというもの。

「べストなキャンペーンというのは、まずデジタルから始まる。そして、その数週間後、見込み客のもとに印刷物やDM、ギフトが届く。そうすると、レスポンスが上がるんです」

例えば、同社ではあるソフトウェア会社の幹部にメールでアプローチした数週間後、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の有名選手であるスティーブ・ヤングのサイン入りボールを贈った。そうしたところ一人の幹部から連絡が届き、最終的に大きな契約につながったという。

「贈るべきものは、マネジャーなのか幹部なのか、対象によって異なります。ただし、FedExが届けた荷物は100パーセント開封してもらえるように、こちらから贈ったものは確実に開けてもらえる。短い間ですが、顧客の注意を引きつけることができるわけですから、これは企業にとって大きなビジネスチャンスになるはずです」


アンドリュー・フィールド◎PrintingForLess のCEO。1999年に創業。職場づくりの革新的なアプローチに対して贈られる、Best Bosses Award の2005年度の受賞者。

Forbes JAPAN

この記事が気に入ったらいいね!しよう

米国をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ