4〜6月期の実質GDP、年率6.8%減 震災以来の大幅マイナス

8月13日(水)12時45分 J-CASTニュース

   内閣府が2014年8月13日に発表した14年4〜6月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前期比1.7%減、年率換算では6.8%減となった。マイナスは2四半期ぶりで、東日本大震災の影響で6.9%減だった2011年1月〜3月期以来の大幅な落ち込みとなった。



   年率換算で6.1%増だった14年1〜3月期から、急減した。消費増税前の駆け込み需要の反動が出て、自動車や家電など耐久消費財を中心に個人消費が大きく落ち込んだ。


   生活実感に近い名目GDPは前期比0.1%減、年率では0.4%減だった。名目ベースでは7四半期ぶりのマイナスだった。

J-CASTニュース

「GDP」をもっと詳しく

「GDP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ