お金のデザイン、シルバーレイクグループとベンチャー設立、フィンテックサービスをアジアへ

8月13日(月)9時0分 MONEYzine

 お金のデザインは、マレーシアのシルバーレイク・デジタルとベンチャー設立で合意した。


 マレーシアを拠点とするシルバーレイクグループは1989年の創立以来、アジア地域において銀行基幹システムを中心としたソフトウェアパッケージの開発、提供を行っている。現在では東南アジアの上位20行のうち40%以上で、同グループの銀行システムソリューションが採用されている。


 お金のデザインとシルバーレイク・デジタルは、シルバーレイクグループの本拠地マレーシアでジョイントベンチャーを設立することで合意。両社の強みを活かしフィンテックサービスの提供を目指す。



シルバーレイク・デジタル 取締役社長 ロニー・タン氏 右:お金のデザイン取締役会長 谷家衛氏


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

Coinbaseが日本進出を発表、CEOは元「お金のデザイン」COOの北澤氏

ロボアドバイザー「THEO」を提供するお金のデザイン社、59億円調達

SBIホールディングス、平安グループと合弁会社設立、中国のフィンテックを日本へ

MONEYzine

「デザイン」をもっと詳しく

「デザイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ