BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

日本郵政の買収戦略はどう変わるか?

プレジデント社8月13日(日)11時15分
画像:日本郵政社長 長門 正貢氏(時事通信フォト=写真)
写真を拡大
日本郵政社長 長門 正貢氏(時事通信フォト=写真)

「買収価格が高かったかもしれない」。日本郵政の長門正貢社長は5月の会見で、子会社化から2年で約4000億円の特別損失計上に追い込まれた豪州物流会社トール・ホールディングス買収失敗について、反省の弁を述べた。経営環境は厳しい。収益の大半を稼ぐ傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命は低金利の長期化で資金運用難に直面。はがき需要が減り続けている日本郵便も低収益にあえぐ。トール買収は前社長の西室泰三氏(東芝元会長)が主導。2015年11月に日本郵政の上場を控え「成長性を大きく見せようという気持ちがあった」(長門氏)ことが裏目に出た。日本郵政は17年3月期連結決算で連結純損益が赤字転落。07年の民営化以来、初である。



日本郵政社長 長門 正貢氏(時事通信フォト=写真)

長門氏は日本興業銀行出身で、富士重工業に転じ北米事業の拡大に副社長として貢献。その後、マネーロンダリング対策の不備など不祥事に揺れたシティバンク銀行の会長となり、コンプライアンス体制の立て直しに尽力した。長門氏は15年にゆうちょ銀行の社長に就いたが、体調を崩した西室前社長に代わって昨年4月に日本郵政のトップとなった。


今年5月に表面化した野村不動産ホールディングスの買収交渉は、価格などの条件が折り合わず白紙となる見通しとなった。野村買収についてはトールの失敗直後でもあり、「また高値づかみになりそう」(大手証券)といった厳しい見方が大勢で、社内にも懐疑的な意見が多かった。戦略の見直しを迫られる長門氏の次の一手に注目が集まりそうだ。


----------


日本郵政社長 長門正貢(ながと・まさつぐ)

1948年生まれ。一橋大学卒。72年日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。シティバンク銀行会長、ゆうちょ銀行社長などを経て2016年4月より現職。

----------


(山下 守 写真=時事通信フォト)

Copyright (c) PRESIDENT Inc. All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず 読売新聞8月20日(日)11時38分
国内バイク市場の低迷が続いている。手頃な価格の軽自動車や電動アシスト自転車が人気となり、身近な移動手段だった原付きバイクの販売が振るわないためだ。二輪車大手は利幅の大きい中・大型に力を入れるなどして打開したい考えだが、若者のさらなるバイク離れを招く恐れもあり、難しい対応を迫られている。[ 記事全文 ]
年収150万円が普通に?2030年の社会はこうなる? All About8月18日(金)21時40分
日本はどうなるの?未来予測を書いてみます今後数年で、経済格差はますます拡大すると思われます。そこで、ちょっとした未来予測をしてみました。[ 記事全文 ]
ひきこもり長男"4千万相続"で妹の"悶々" プレジデント社8月20日(日)11時15分
37歳の長男はひきこもり。将来が心配だが、持ち家があり、両親は4300万円分の現金と株を相続させるつもりだった。[ 記事全文 ]
苦戦強いられる流通業界でなぜドン・キホーテだけ堅調なのか NEWSポストセブン8月20日(日)7時0分
“驚安の殿堂”をうたうディスカウントストア(DS)、ドン・キホーテ(以下、ドンキ)が好調だ。[ 記事全文 ]
中国、企業の海外投資を規制…資金流出懸念か 読売新聞8月19日(土)18時1分
【北京=鎌田秀男】中国政府は18日、国内企業が海外で不動産やホテルなどに投資することを制限する新たな規制を発表した。国内資金の海外流出への懸念などが背景にあるとみられる。制限対象として、不動産、ホテル、映画館、娯楽業、スポーツクラブを挙げた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア