BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

かかりつけ薬剤師の効果に疑問、薬剤費削減額の2.7倍のコスト発生

ダイヤモンドオンライン8月14日(月)6時0分
画像:写真はイメージです
写真を拡大
写真はイメージです

 7月13日、大手調剤薬局チェーンの日本調剤が、「『かかりつけ薬剤師』効果で薬剤費年間1億円削減へ 日本調剤『かかりつけ薬剤師』を効果検証!」と銘打ったニュースリリースを発表した。


 病院や診療所で薬を処方されても、飲み残したり、使われずに捨てられたりしている残薬は年間400億〜500億円に上るといわれている。


 厚生労働省が2013年度に行った「薬局の機能に係る実態調査」でも、薬局の9割が「残薬のある患者がいた」、患者の5割が「医薬品が余ったことがある」と答えている。


 薬は、正しく使われないと症状の改善につながらないこともあるし、医療費の無駄使いにもなる。日本調剤のニュースリリースでは、「かかりつけ薬剤師」の服薬指導のほうが、一般の薬剤師よりも残薬の調整効果が高く、その削減額は推計で年間1億円を超えると報告している。


 服薬指導によって飲み残し分を調整してもらったり、問題のある重複投与が減ったりすれば、患者にとっては健康面でも経済面でもメリットが高い。厳しい財政運営を強いられている健保組合にも朗報だ。


 だが、ことはそう簡単ではない。なぜなら、「かかりつけ薬剤師」は、一般的な薬剤師による服薬指導より高い報酬が設定されているからだ。ところが、このニュースリリースで示されているのは、残薬調整による医薬品の削減額のみだ。服薬指導のコストも含めたら、かかりつけ薬剤師による残薬調整に、果たして大きな医療費の削減効果はあるのだろうか。公表された数字をもとに検証してみよう。


高度な服薬指導が期待される

かかりつけ薬剤師指導料


 日本の医療費は全国一律の公定価格で、原則的に2年に1回、厚生労働省の審議会で見直されている。病院や診療所の報酬が「医科」、歯科クリニック等の報酬が「歯科」、そして薬局での報酬が「調剤」だ。


 この報酬改定は国が目指す医療政策を実現するための重要な手段となっており、充実させたい診療科や項目に高い報酬をつけるのが慣例だ。経済的インセンティブを働かせて、医療者を誘導する狙いがある。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「かかりつけ薬剤師」をもっと詳しく

注目ニュース
「走るATM」広がる 時事通信8月18日(金)17時12分
地方銀行や信用金庫といった地域金融機関で、現金自動預払機(ATM)を搭載し、店舗の空白地域などを巡回する移動ATM車の導入が広がっている。[ 記事全文 ]
スタバ「マイボトル」の人は浪費家だった プレジデント社8月18日(金)9時15分
コーヒー専門店に「マイボトル」を携行する人がいる。数十円の割引が受けられるため、節約意識の高い人のように思えるが、FPの山崎俊輔氏は「マイ…[ 記事全文 ]
電気自動車はガソリン車を超えるか JBpress8月18日(金)6時12分
テスラの「モデル3」。同社提供(2016年4月1日提供)。(c)AFP/TESLAMOTORS〔AFPBBNews〕テスラの電気自動車(E…[ 記事全文 ]
デキる人かを見分けるたった1つの質問 プレジデント社8月16日(水)9時15分
ビジネスの現場で、相手が「仕事がデキる人」かどうかすぐに見抜く方法はあるのでしょうか。じつは、質問1つで判断する方法があります。[ 記事全文 ]
「走るATM」広がる=高齢化受け、店舗空白地回る—地域金融機関 時事通信8月18日(金)16時57分
地方銀行や信用金庫といった地域金融機関で、現金自動預払機(ATM)を搭載し、店舗の空白地域などを巡回する移動ATM車の導入が広がっている。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア