BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

テスラ充電施設、EV市場急拡大のノルウェーが人口当たり最多

Forbes JAPAN8月14日(月)8時0分
画像:テスラ充電施設、EV市場急拡大のノルウェーが人口当たり最多
写真を拡大
ノルウェー国内を車で走ってみれば、電気自動車の多さに驚くことだろう。電気自動車(EV)メーカーの米テスラにとって、ノルウェーは2015年の時点で米国に次ぐ2番目に大きな市場だった。ノルウェーでの同年の販売台数は、およそ4000台となった。

ノルウェーでは現在、購入される新車の3分の1以上が電気自動車かプラグインハイブリッド車だ。この割合は、米国の10倍以上に相当する。さらに、ノルウェー政府は2025年までに、ガソリン車とディーゼル車の販売を中止する方針だ。

同国で電気自動車への移行が急速に進む一因となっているのは、政府の手厚いインセンティブだ。電気自動車は自動車取得税に加え、25%の消費税も免除されている。さらに、各地方自治体が無料の充電装置を設置している。

電気自動車はカーフェリーも無料で利用が可能。高速道路料金も大半が無料だ。バス専用車線の走行が認められていることから、渋滞に巻き込まれることもない。そして、当然ながらテスラは、こうした一連の施策から大きな恩恵を受けている。

ノルウェーはテスラの急速充電施設「スーパーチャージャー・ステーション」の設置数が最も多い国の一つだ。テスラのウェブサイトによれば、実際の設置数では米国内が380か所で最多だが、人口100万人当たりの設置数で見れば、6.3か所のノルウェーの方が上回っている。

主な国の人口100万人当たりのスーパーチャージャー・ステーション設置数

・ノルウェー: 6.30
・スウェーデン: 2.40
・デンマーク: 1.70
・米国: 1.20
・フランス: 0.91
・ドイツ: 0.72
・英国: 0.56
・イタリア: 0.37
・中国: 0.11
・日本: 0.11

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ノルウェー」をもっと詳しく

注目ニュース
ユニクロがどんなブランドとも合う理由 プレジデント社8月21日(月)9時15分
■なぜユニクロは世界的ブランドになれたのか日本の地方企業から、世界第3位の売上高を誇るアパレル製造小売業(SPA)に成長した、「ユニクロ」…[ 記事全文 ]
バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず 読売新聞8月20日(日)11時38分
国内バイク市場の低迷が続いている。手頃な価格の軽自動車や電動アシスト自転車が人気となり、身近な移動手段だった原付きバイクの販売が振るわないためだ。二輪車大手は利幅の大きい中・大型に力を入れるなどして打開したい考えだが、若者のさらなるバイク離れを招く恐れもあり、難しい対応を迫られている。[ 記事全文 ]
東京大学 エリートはどこへ消えた?——徹底解剖 日本の大組織 文春オンライン8月21日(月)7時0分
かつては政官財界のリーダーを輩出した「最高学府」だが……。エリート神話が崩壊した今、その学力、実力を検証する◆◆◆©文藝春秋かつて東京大学…[ 記事全文 ]
年収150万円が普通に?2030年の社会はこうなる? All About8月18日(金)21時40分
日本はどうなるの?未来予測を書いてみます今後数年で、経済格差はますます拡大すると思われます。そこで、ちょっとした未来予測をしてみました。[ 記事全文 ]
苦戦強いられる流通業界でなぜドン・キホーテだけ堅調なのか NEWSポストセブン8月20日(日)7時0分
“驚安の殿堂”をうたうディスカウントストア(DS)、ドン・キホーテ(以下、ドンキ)が好調だ。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア