AIにつながるヒアラブルデバイス市場への参入に向けた共同開発に関する基本合意のお知らせ

8月14日(月)9時15分 PR TIMES

オンキヨーグループは、株式会社ネイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:山本健太郎)(以下、「ネイン」)とAIにつながるヒアラブル市場への商品共同開発について、基本合意をいたしました。

1.商品共同開発の趣旨

当社グループは、音声認識を中心としたAI技術に対応するスマートスピーカーをはじめ、高いオーディオ技術と他社技術を融合させ、IoT時代を見据えた次世代製品の開発を積極的に行い、新市場の開拓を推進しています。

一方、ネインは各種メディアにて取り上げられ、クラウドファンディングでも成功している現在注目のベンチャー企業であり、2014年11月に大手メーカーで10年以上車載機器開発に携わってきたメンバーを中心となって設立、企画からデザイン、回路設計、組み込み、アプリ、クラウドソフトウェア開発をすべて自社で行うことで高効率、ハイスピードなモノづくりを進めております。

ネインが開発した、安全で快適な“ながらスマホ”を可能とするイヤホンは、同社開発のAndroidアプリ「APlay」に連携することで、高音質コーデック対応で音楽を楽しみながら、音声アシスタントによりユーザーの必要な情報を読み上げます。カレンダー、天気、路線情報、ニュース、Twitterなどのリアルタイム情報、LINE、Facebookメッセンジャー、SMSなどのメッセージなどテキスト通知と連携することができ、一部メッセンジャーアプリでは移動しながら音声認識を使いダイレクトで返信が可能であり、市場では高評価を得ております。ネインは自社ブランドでの企画開発を行う一方、「APlay」をはじめとするヒアラブル技術の多方面でのさらなる活用をグローバル市場で図る意向があります。

このたび、こうした両社の認識を踏まえ、双方のもつ強みを活かし、AIとつながるヒアラブルデバイス市場における商品共同開発を検討することに関して基本合意に至りました。

2.検討する共同開発の内容

・当社グループが企画開発するヘッドホンにおける音声認識、通知機能のアプリケーションの共同開発
 Android・iOSアプリ(Android版は2017年8月末リリース予定)
・AI技術に対応するスマートスピーカーへの音声認識、通知機能の開発
・当社グループによるネインが企画・開発するヒアラブル・AIデバイスの開発支援

3.今後の見通し
共同開発のあり方やリリースする商品の詳細については、今後検討を重ねてまいります。公表すべき内容が判明次第、速やかに公表いたします。

以上

※Androidは、Google Inc.の商標です。
※TwitterはTwitter,Inc.の商標登録です。
※LINEはLINE株式会社の商標または商標登録です。
※Facebookは、Facebook,Inc.の商標または商標登録です。
※iOSは米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。
※APlayは株式会社ネインの日本における登録商標です。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

開発をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ