BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

AIにつながるヒアラブルデバイス市場への参入に向けた共同開発に関する基本合意のお知らせ

PR TIMES8月14日(月)9時15分
オンキヨーグループは、株式会社ネイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:山本健太郎)(以下、「ネイン」)とAIにつながるヒアラブル市場への商品共同開発について、基本合意をいたしました。

1.商品共同開発の趣旨

当社グループは、音声認識を中心としたAI技術に対応するスマートスピーカーをはじめ、高いオーディオ技術と他社技術を融合させ、IoT時代を見据えた次世代製品の開発を積極的に行い、新市場の開拓を推進しています。

一方、ネインは各種メディアにて取り上げられ、クラウドファンディングでも成功している現在注目のベンチャー企業であり、2014年11月に大手メーカーで10年以上車載機器開発に携わってきたメンバーを中心となって設立、企画からデザイン、回路設計、組み込み、アプリ、クラウドソフトウェア開発をすべて自社で行うことで高効率、ハイスピードなモノづくりを進めております。

ネインが開発した、安全で快適な“ながらスマホ”を可能とするイヤホンは、同社開発のAndroidアプリ「APlay」に連携することで、高音質コーデック対応で音楽を楽しみながら、音声アシスタントによりユーザーの必要な情報を読み上げます。カレンダー、天気、路線情報、ニュース、Twitterなどのリアルタイム情報、LINE、Facebookメッセンジャー、SMSなどのメッセージなどテキスト通知と連携することができ、一部メッセンジャーアプリでは移動しながら音声認識を使いダイレクトで返信が可能であり、市場では高評価を得ております。ネインは自社ブランドでの企画開発を行う一方、「APlay」をはじめとするヒアラブル技術の多方面でのさらなる活用をグローバル市場で図る意向があります。

このたび、こうした両社の認識を踏まえ、双方のもつ強みを活かし、AIとつながるヒアラブルデバイス市場における商品共同開発を検討することに関して基本合意に至りました。

2.検討する共同開発の内容

・当社グループが企画開発するヘッドホンにおける音声認識、通知機能のアプリケーションの共同開発
 Android・iOSアプリ(Android版は2017年8月末リリース予定)
・AI技術に対応するスマートスピーカーへの音声認識、通知機能の開発
・当社グループによるネインが企画・開発するヒアラブル・AIデバイスの開発支援

3.今後の見通し
共同開発のあり方やリリースする商品の詳細については、今後検討を重ねてまいります。公表すべき内容が判明次第、速やかに公表いたします。

以上

※Androidは、Google Inc.の商標です。
※TwitterはTwitter,Inc.の商標登録です。
※LINEはLINE株式会社の商標または商標登録です。
※Facebookは、Facebook,Inc.の商標または商標登録です。
※iOSは米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。
※APlayは株式会社ネインの日本における登録商標です。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「開発」をもっと詳しく

注目ニュース
中国「強烈な不満」=米通商調査に報復も 時事通信8月21日(月)18時50分
【北京時事】中国商務省は21日、米通商代表部(USTR)が対中貿易制裁を視野に米通商法301条に基づく調査を始めたことを受け、「強烈な不満…[ 記事全文 ]
ユニクロがどんなブランドとも合う理由 プレジデント社8月21日(月)9時15分
■なぜユニクロは世界的ブランドになれたのか日本の地方企業から、世界第3位の売上高を誇るアパレル製造小売業(SPA)に成長した、「ユニクロ」…[ 記事全文 ]
為替相場  22日(日本時間 4時) 共同通信 47NEWS8月22日(火)3時1分
共同通信のニュース速報 [ 記事全文 ]
マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!ついに決着!マクド軍が勝利! Digital PR Platform8月21日(月)15時56分
8月22日(火)から、勝利軍バーガー「大阪ビーフカツバーガー」「大阪ビーフカツマフィン」がお得になる“優勝セール!クーポン”を配信!さらに…[ 記事全文 ]
ゲーム専用機「復権」、「スイッチ」の品薄続く 読売新聞8月21日(月)7時35分
国内のゲーム市場で、専用機が「復権」している。スマートフォン向けに押されていたが、今年3月に発売された任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が爆発的に売れ、人気ソフトも販売を伸ばす。上半期として、専用機の国内売上高が今年、3年ぶりに前年同期を上回り、活況を呈している。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア