NY円、106円台前半

8月15日(木)22時35分 時事通信

 【ニューヨーク時事】15日午前のニューヨーク外国為替市場では、堅調な米経済指標を受けて円売り・ドル買いが優勢となり、円相場は1ドル=106円台前半に下落した。午前9時現在は106円15〜25銭と、前日午後5時比29銭の円安・ドル高。
 対ユーロは1ユーロ=118円30〜40銭と、40銭の円安・ユーロ高。 

[時事通信社]

時事通信

「NY」をもっと詳しく

「NY」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ