【土屋鞄】軽井沢のランドセル工房で、紅葉を楽しみながら親子ものづくり体験!

8月15日(水)14時1分 PR TIMES

子どもたちの感性を育む「森のアトリエ in 軽井沢」2018年10月開催

1965年創業、職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける株式会社土屋鞄製造所は、工房併設の店舗「軽井澤工房店」にて、ものづくりイベント「森のアトリエ in 軽井沢」を2018年10月5日(金)〜10月8日(月祝)の4日間開催します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-708414-0.jpg ]


1965年創業、職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける株式会社土屋鞄製造所(本社:東京都足立区)は、工房併設の店舗「軽井澤工房店」にて、ものづくりイベント「森のアトリエ in 軽井沢」を2018年10月5日(金)〜10月8日(月祝)に開催します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-235063-7.jpg ]



自然豊かな軽井沢の地で、想像する面白さや、つくる楽しさを感じてほしいという思いから、小学生以下のお子さまが自由に参加できる革を使ったワークショップの他、革のどうぶつ探しなど、親子で楽しめる企画を用意しました。更に、土屋鞄のランドセルをお使いのご家族には特別なワークショップを開催予定です。詳細は以下WEBページにて、順次公開します。

【イベント詳細】https://www.tsuchiya-randoseru.jp/c/atelier-karuizawa.php


■ 「森のアトリエ in 軽井沢」 開催概要
ランドセルの革を使ったワークショップをはじめ、複数のワークショップを用意しました。また、革のどうぶつ探しなども予定しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-593355-2.jpg ]

【開催場所】土屋鞄製造所 軽井澤工房店
【開催日程】2018年10月5日(金)〜10月8日(月祝)
【時間】10:00〜16:00
【入場料】無料
【予約】複数のワークショップのうち、「革のフィルムカメラストラップづくり」のみ要予約

※材料がなくなり次第、終了とさせていただきます
※雨天時は規模を縮小して開催します(荒天中止)


■ 秋の軽井澤工房で、子どもたちの感性を育む

[画像4: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-810423-3.jpg ]

土屋鞄製造所が創業50周年を迎えた2015年、自然豊かで職人がものづくりに集中することができる長野県軽井沢町にオープンした軽井澤工房。
この工房敷地内で親子で紅葉を楽しみながら、子どもたちの感性を育むものづくりを体験することができます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-670665-4.jpg ]

●住所 長野県北佐久郡軽井沢町発地200
電車:JR・しなの鉄道「軽井沢駅」より約5.5km
車:上信越自動車道「碓氷軽井沢インター」より約6.5km


<自由参加>
〇実りの秋のデザインワークショップ

[画像6: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-582796-5.jpg ]

布のバッグなどに色を付け、革でつくったパーツを貼って実りの秋をデザインします。

〇森の思い出絵ハガキづくり

[画像7: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-583259-6.jpg ]

スタンプを押して、色鉛筆で絵を描きます。ハガキにインスタントカメラで撮った写真を貼ったら完成。
会場内のポストへ投函することができます。

〇革のどうぶつ探し

[画像8: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-420895-12.jpg ]

店内や芝生の庭に隠れている、ランドセルの革でつくったどうぶつを探します。


【対象】小学生以下(6年生まで)
【参加費】無料
【時間】10:00〜16:00



<土屋鞄のランドセル使用者限定/要予約>
○革のフィルムカメラストラップづくり

[画像9: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-235063-7.jpg ]

レンズ付きフィルムカメラ「写ルンです」に付けられる革製のストラップを親子でつくります。使うほどに風合いが増すヌメ革を使用。

[画像10: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-556058-8.jpg ]



【対象】 小学生以上
【所要時間】 約2時間
【参加費】 2,500円
【時間】 10:15〜/13:30〜/15:45〜
【予約】 2018年8月22日(水)10:00よりWEBにて受付開始。
詳細は以下WEBページをご覧ください。
【ワークショップ詳細】
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/c/atelier-karuizawaworkshop.php
※土屋鞄のランドセルを使用するご家族限定のワークショップです



■その他企画は順次公開予定
以下WEBページにて更新いたしますのでご確認ください。
【イベント詳細】
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/c/atelier-karuizawa.php


ーーーーー


■土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)
丈夫でシンプルなランドセル

[画像11: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-292439-9.jpg ]

土屋鞄のランドセルづくりは、1965年に創業者の土屋國男が自宅に併設した工房で始まりました。半世紀以上にわたり鞄製造一筋に打ち込み、子どもたちが6年間安心して使える、丈夫でシンプルなものづくりを大切にしています。


職人の手仕事によるものづくり

[画像12: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-613762-10.jpg ]

子どもたちと6年間をともに過ごす特別な鞄だからこそ、150以上のパーツを使用、職人の300を超える手仕事によりつくられます。
西新井工房、軽井澤工房の他、2017年には長野県佐久市に「佐久工房」が仲間入りしました。工房や職人の数とともに、製造できるランドセルの数も少しずつ増えています。

ものづくりへの思いを込めたランドセル専門店

[画像13: https://prtimes.jp/i/7557/109/resize/d7557-109-596921-11.jpg ]

工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店9店舗、ランドセル専門店10店舗、全国に21店舗を構えています。
木材やレンガを使用した落ち着きのある店内には、ランドセルの素材となる牛革や、ミシンなどを展示しており、職人のものづくりを感じることができます。

■会社概要
会社名 :株式会社 土屋鞄製造所
代表取締役社長:土屋成範
所在地(本社):〒123-0841東京都足立区西新井7-15-5

土屋鞄のランドセル 
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/
Facebook 
https://www.facebook.com/tsuchiya.randoseru
Instagram 
https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/

■お客様お問い合わせ先
電話:0120-907-647(平日10:00〜17:00) 
メール:jr-support@tsuchiya-kaban.com

PR TIMES

「軽井沢」をもっと詳しく

「軽井沢」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ