大井川鐵道で昭和の「EL列車」運行 電化70周年記念で冬季期間中に大増発

8月16日(金)11時12分 ねとらぼ

大井川鐵道が冬季に運行する「EL列車」

写真を拡大

 大井川鐵道が2019年10月31日から、期間限定で電気機関車(EL)がけん引する列車「ELかわね路号」を大増発して運行すると発表しました。
 今回のEL列車は、1949年12月1日に電化した大井川本線の電化70周年記念で運行。ELはこの本線電化に合わせて自社発注した1949年(昭和24年)製造の2両を主に使い、客車も旧国鉄のものを使います。大井川鐵道名物のSL列車やアプト式とともに、昭和時代にタイムスリップするような行程を楽しめそうです。
 運転期間は2019年10月31日から12月31日までの休日を含む43日間。運転区間は大井川本線の新金谷〜千頭駅間。乗車区間の運賃とEL急行運賃(大人500円、小人250円)で乗車できます。
 予約は大井川鐵道公式サイトの申し込みフォームか、電話にて。当日に空席がある場合には当日券も発売します。
 使われる機関車は大井川線電化当時から在籍する1949年製造の「E101」「E102」と、1986〜87年に製造された元西武鉄道の電気機関車のいずれかです。客車は1930年〜50年代に製造された旧国鉄で活躍したもので、2人ずつ向かい合せのオールボックスシート仕様です。運行は冬季ですが、客車内には暖房設備がないので乗車時は防寒対策をお忘れなく。
 なおEL列車を15人以上で利用する団体客向けに、予約制限定プランも一部の日程で用意します。
 この団体向けプランは、新金谷駅構内で営業する「This is Cafe」のパティシエが作る特別メニュー「大井川鐵道ELオリジナルパフェ」を車内で楽しめる特典付き。料金は乗車料金に加えて、1人あたりプラス500円。申し込みは大井川鐵道の営業部SLセンターで受け付けます。オフ会やイベントなどに良さそうです。
 大井川鐵道といえば、SL列車やアプト式、トーマス号、そしてうっとりする絶景と秘境駅の「旅したくなる鉄道路線」の1つ。国内でも数少なくなったEL列車の「乗り」も新たな名物になりそうです。冬休みは昭和時代の列車気分を味わうEL列車の時間旅行へ行ってみてはいかがでしょうか。

ねとらぼ

「昭和」をもっと詳しく

「昭和」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ