オーダーシャツ今だけ納期短縮!注文から20日でお届け、FABRIC TOKYOより。(2019年8月16~27日のご注文限定)

8月16日(金)11時40分 PR TIMES

パートナーである縫製工場との協働企画、ご注文のタイミングを分散させることで、工場・ブランド・お客様、3方が嬉しいお買い物に


[画像1: https://prtimes.jp/i/13830/73/resize/d13830-73-533268-0.jpg ]

Fit Your Lifeをブランドコンセプトに掲げる、オーダースーツECサービス『FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)』 (代表取締役:森 雄一郎) は、2019年8月16日(金)~27日(火)の11日間限定で、FABRIC TOKYOのオーダーシャツ(対象商品に限る)をご注文のお客様へ、通常よりも約10日間納期を縮めてお届けするオーダーシャツの短納期キャンペーンを開始致します。

オーダーシャツ・オーダースーツの注文が集中する9月直前の8月、我々ビジネスウェアのブランドや提携先の縫製工場にとっては、ほんの束の間、生産ラインに少しだけゆとりが持てる時期でもあります。このタイミングを利用して、今回工場と連携する形で短納期キャンペーンを企画しました。11日間と短い期間ではありますが、FABRIC TOKYOのオーダーシャツのご購入をお悩みの方、この機会をぜひご利用ください。

■短納期キャンペーンの対象となるオーダーシャツについて


通常納期に30日程度頂いているFABRIC TOKYOのオーダーシャツを、2019年8月16日~27日の11日間限定で納期を短縮し、約20日でお届けします。
サイズをお持ちでない方は、まずは店頭にて採寸からお願いいたします。関東10店舗、関西4店舗の全14店舗よりご来店の店舗をお選びいただき、採寸のみは無料で受け付けております。(店舗情報はこちらから。https://fabric-tokyo.com/pages/stores)
短納期で製作できるシャツの数には限りがございます。予定数に達し次第終了となりますので、ご検討中の方はお早めにご利用ください。


1.コットンとポリエステルの形態安定 全22種類  ¥ 7,855

[画像2: https://prtimes.jp/i/13830/73/resize/d13830-73-139319-3.png ]

手触りのよいコットンと、お手入れのしやすいポリエステル、両方を適度にブレンドしているため、吸水速乾性と形態安定性に優れています。ケアの簡単さを最優先にされている方におすすめです。

またFABRIC TOKYOのオーダーシャツの中でも最もリーズナブルな価格帯のため、初めてオーダーシャツをご注文される方や、まずはサイズ感で他社のオーダーと比べてみたい方などにもおすすめです。


[画像3: https://prtimes.jp/i/13830/73/resize/d13830-73-359470-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/13830/73/resize/d13830-73-123886-2.jpg ]

モデル着用商品:コットンとポリエステルの形態安定ホワイトブロードシャツ(上)/コットンとポリエステルの形態安定サックスロイヤルオックスフォードシャツ(下)

ご注文はこちらから:https://fabric-tokyo.com/formal/formal_shirts?fabricCategory=72

2.OKAYAMA DENIM 全2種類 ¥13,745

[画像5: https://prtimes.jp/i/13830/73/resize/d13830-73-476849-4.png ]


世界的に有名な岡山のデニム工場で、4.5oz の自然なムラ糸を使い、デニムと同じ糸であるダンガリー組織で織り上げております。

通年使えるカジュアルなデニムシャツです。ビジネスカジュアルとも相性がいい素材になります。


ご注文はこちらから:https://fabric-tokyo.com/formal/formal_shirts?fabricCategory=76

■FABRIC TOKYOが大切にする3つのこと

1.テクノロジー ~最高の品質を、適正な価格で~
アパレルの販売・生産において、大胆にテクノロジーを取り入れました。お気に入りのスタイルやサイズデータをWEB上で管理でき、だれもが簡単にオンラインで体にフィットした洋服を購入することができます。また、独自のシステムによってオーダー情報を即時に工場に届けることができます。ファクトリーダイレクトでお客さまと生産者である工場を結びつけ、最高の品質を適正価格で届けます。

2.トレーサビリティ ~いいものへのこだわりを、オープンに~
普段は決して知ることのない洋服の素材や原料のこと、生産地のこと、流通のこと。それをお客さまに伝えていくことを一つの使命としています。中間流通を介さず、自社で一つ一つ生産者と提携することと、それを包み隠さず伝えるトレーサビリティ(透明性)を重んじ、世の中の情報をよりオープンにしていきます。

3.サステナビリティ ~未来へつながる暮らしのために~
持続しない事業に意味はありません。サステナビリティ(持続可能性)において、先進的な取り組みを行うアパレル企業を目指します。わたしたちは誰もが洋服を毎日着ています。それだけ、一人ひとりの影響力が絶大なのです。アパレル業界から持続可能な社会をつくることを続けていきます。

■FABRIC TOKYOとは

[画像6: https://prtimes.jp/i/13830/73/resize/d13830-73-782681-5.png ]

「FABRIC TOKYO」は、オーダーメイドのビジネスウェアを適正価格でご提供するD2Cブランドです。
20〜30代の忙しく働くビジネスパーソンを中心に支持されており、現在、関東と関西で計14店舗を構え、「採寸とコミュニケーション」に特化した店舗では、お客さまに素材や生地をお選びいただき、無料で採寸を行なっています。採寸された体のデータはクラウド上に保存され、その後はECでも気軽に購入できるサービスとなっています。


メディア各位様へ:写真素材はこちらからダウンロードお願いいたします。
https://drive.google.com/drive/folders/0BzAJ0OFPBIHiRDZmUzJmaWpnM1E

PR TIMES

「2019年」をもっと詳しく

「2019年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ