中村キース・ヘリング美術館 ミュージアムショップがBROOKLYN ROASTING COMPANY(ブルックリン ロースティング カンパニー)なんばEKIKAN店に出現!

8月17日(木)12時26分 PR TIMES

中村キース・ヘリング美術館 ミュージアムショップが2017年9月6日〜9月18日の期間、BROOKLYN ROASTING COMPANY(ブルックリン ロースティング カンパニー)なんばEKIKAN店に出現!

[画像1: https://prtimes.jp/i/22359/12/resize/d22359-12-834943-1.jpg ]

中村キース・ヘリング美術館(山梨県北杜市)は、大阪・難波のコーヒーショップ「ブルックリンロースティングカンパニー」なんばEKIKAN店(大阪府大阪市)でポップアップショップを開催する運びとなりました。ブルックリンロースティングカンパニーの発祥の地、ニューヨーク市ブルックリン区は、80年代にマンハッタン区のダウンタウンがそうであった様に、現在のアーティストやクリエイティヴな人々が集まる場所です。そんなブルックリンで丁寧にローストされているコーヒー豆は、ブルックリンロースティングカンパニーの強い主義である、フェア・トレードによって生まれています。

私たち、中村キース・ヘリング美術館は、そんなブルックリンロースティングカンパニーの平等に則ったビジネス、そして何よりも彼らのコーヒーが大好きなのです!
ポップアップショップでは、コーヒーの香り漂う居心地のよい空間で、
中村キース・ヘリング美術館のミュージアムショップでしか買えないキース・ヘリングのアイテムはもちろん、当館監修で発売されたばかりの、世界初キース・ヘリングの日本語でのカタログ『キース・ヘリングアートはすべての人のために。』をご用意しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22359/12/resize/d22359-12-970631-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/22359/12/resize/d22359-12-316271-3.jpg ]



▶BROOKLYN ROASTING COMPANY(ブルックリン ロースティング カンパニー)について
http://brooklynroasting.jp

BROOKLYN ROASTING COMPANYは2009年、ニューヨーク、ブルックリンで誕生しました。「本当に美味しいコーヒーは地球と人に優しく育まれたものだ」という信念のもと、環境保護にも配慮した彼らのコーヒーに対する真剣な姿勢は多くのニューヨーカーから高い評価を集めています。
原産地、農園に至るまでこだわり選び抜いた個性豊かでバラエティに富んだコーヒーは、丁寧に焙煎され、各地のカフェ、ホテル、美術館、レストラン、ベーカリーなどへ出荷されていきます。日本には、2011年に上陸。2016年にはローリング社製のスマートロースターを導入したフラッグシップストアがなんばEKIKANにオープン。国内焙煎を実現したことで、よりフレッシュなコーヒー豆の卸販売も展開しております。

[画像4: https://prtimes.jp/i/22359/12/resize/d22359-12-704259-4.jpg ]


▶中村キース・ヘリング美術館について
http://www.nakamura-haring.com

当館は八ヶ岳の裾の尾に位置し豊かな自然環境に包まれ、古代縄文文化が隆盛を極めた土地に2007 年に建設されました。標高1,000 メートルの創り出す環境は、生命を育む母体のサイクルと似ているといわれています。
コレクションは、当館創設者中村和男が1987年より蒐集している約190 点のキース・ヘリングの作品からなり、アーティストを多角的に考察することができます。展示空間はキース・ ヘリングと彼が駆け抜けた時代の「光と影」を根底とした空間で構成されています。赤と黒の大胆にカーブしたルーフや波動や稲妻を表現した外壁は、ヘリングの作品に通底するプリミティブな生命のエネルギーをも表しています。これら一連の設計は、日本の現 代建築をリードする北川原温氏によるものです。この設計は、第21回村野藤吾賞、日本建築大賞(2009)を受賞したほか、二度にわたり山梨県建築文化賞を受賞しています。
2015年春には「美術館を超えた美術館」をテーマにリニューアルオープンをいたしました。ヘリング芸術を引き継ぐ新しいアートで現代社会の声を提示することを目的とした二つの新しい展示スペースおよび芸術活動の一環としてヘリングが創ったPOPSHOP(ポップショップ)の遺志を受け継ぐ、中村キース・ヘリングポップショップの空間が拡張されました。本年は、開館10周年を記念し「キース・ ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism」展を企画し、日本文化をポップに昇華させたヘリングの自由で多様な世界観を披露いたします。
2017年8月3日に、中村キース・ヘリング美術館監修『 キース・ヘリング アートはすべての人のために。』を発売。
本書は美術館の10年間の歩みをたどりつつ、所蔵作品を中心に、ドローイング、立体ほか約160の作品を掲載。暴力や差別を否定して平和や生きる歓びをメッセージとして発信し、人間の意識や社会のあり方を変えていこうとしたヘリングの幅広い活動を紹介する。


▶キース・ヘリング(1958〜1990)
http://haring.com

アメリカ合衆国ペンシルバニア州出身。1980年代のアメリカ現代美術を代表するアーティスト。ストリート・アートから独特なビジュアルコミュニケーションを確立し、世界中へメッセージを投げかける。生涯を通して世界中の子どもたちとのワークショップや、壁画を含むパブリック・アート、ポスター・アート、そして社会的なプロジェクトにも取り組む。1990年、エイズにより31歳で死亡。ヘリングのパワフルでポップなアートは現在でも世界中の人々に愛され続け、未だ多くの展示やコラボレーションが実現している。


▼開催情報
中村キース・ヘリング美術館 ミュージアムショップポップアップ
期間:2017年9月6日〜9月18日
所在地:大阪府大阪市浪速区敷津東1-1-21なんばEkikan
ブルックリンロースティングカンパニー なんばEKIKAN店内
営業時間:8:00〜20:00 (L.O 19:30)
取り扱いカテゴリー:家庭雑貨、文房具、衣料、衣料雑貨、ポスターなど

[画像5: https://prtimes.jp/i/22359/12/resize/d22359-12-229361-0.jpg ]

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中村をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ