クラウド上で衣服の生地・附属品の在庫確認や発注を実現 「sitateru CLOUD」がアパレル業務のDXを推進すべく、新機能拡充

8月18日(火)11時46分 PR TIMES

人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変えるシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下シタテル)は、クラウド上で生地・附属の在庫確認および発注が可能となる「生地・附属デジタル管理機能」を「sitateru CLOUD(シタテルクラウド)」に追加実装いたしました。

これにより、初回リリース時には株式会社ヤギ(本社:大阪市中央区、代表取締役:八木隆夫、以下ヤギ)、および清原株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:斧原正明、以下清原)の2社が取り扱う生地・附属品をクラウド上で購入・管理することができます。
※出品企業は、今後、順次拡大していく予定です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/41863/45/resize/d41863-45-929694-0.png ]


サービスリリースの背景

現在、アパレル事業者が生地や附属品を購入する場合、都度、各メーカーに在庫確認を行うことが主流ですが、各メーカーによって購入方法(WEB、メール、電話など)が異なるため、生地や付属品の購入には手間と時間がかかります。また、購入履歴の確認方法や伝票も各メーカーによって異なるため、アパレル事業者がそれらを統一して管理することは困難です。

さらに、生地や付属品の種類によっては、サンプル生産から量産確定までの間に在庫が切れてしまうこともあり、アパレル事業者にとっては悩みの種となっています。

シタテルは、2020年4月にクラウドを用いたデジタル衣服管理ツール「sitateru CLOUD」をリリースし、衣服の生産管理や工場とのコミュニケーションのデジタル化を実現しましたが、今回追加する「生地・附属デジタル管理機能」により、デジタル化の遅れたアパレル業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)をより一層、推進してまいります。

サービス概要

今回追加実装する「生地・附属デジタル管理機能」は、下記機能を備えています。初回リリース時に在庫確認や発注を行える製品は、株式会社ヤギ、および清原株式会社の2社が取り扱う生地・附属品ですが、今後、順次出品企業が拡大していく予定です。

<主な機能>
・在庫確認
各メーカーの生地・附属品について、在庫状況をリアルタイムに確認することできます。お目当ての商品については、在庫数が変動した際にアラートを出すことも可能です。

・購入
各メーカーとクラウド上で直接やりとりを行い、製品を購入可能です。各メーカーの与信枠獲得などは不要です。

・管理
購入履歴から必要材料を購入したかどうかの管理や、関係者への共有を簡易に行えます。発注漏れや、発注の重複を防ぐことに役立ちます。

※本機能で購入いただいた製品の請求元は、シタテルです。

<画面イメージ>
[画像2: https://prtimes.jp/i/41863/45/resize/d41863-45-937028-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/41863/45/resize/d41863-45-522400-2.png ]


サービス概要資料ダウンロードフォーム
https://share.hsforms.com/1i4RcLUWYRkGNJbDErek2Qw2ywjd


シタテル株式会社

衣服生産プラットフォーム事業を運営。「人・しくみ・テクノロジーで衣服の価値を変える」をミッションに掲げ、衣類の生産インフラを必要とする人々が、いつ、どこであっても自由に服をつくることができるようなプラットフォームを提供。国内を中心とした1,000社の縫製工場・生地メーカー等と連携、16,000社のブランドやデザイナーが登録している。(2020年3月1日現在)

PR TIMES

「クラウド」をもっと詳しく

「クラウド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ