新人が「俺についてこい」で伸びないのは当然、一流の教え方はここが違う

8月19日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

新卒社員17人中6人が、1年以内に大型契約を取り付けるという快挙を生み出した、画期的な新人教育とは? Photo:PIXTA

写真を拡大

この春以降、新卒社員の指導を受け持っているというビジネスマンも多いのでは。肝に銘じてほしいのは、新卒社員の今後の成長を決めるのは、ほかでもない教育者であるあなた自身ということだ。NASDAQに上場している外資系IT企業「ライブパーソン (LivePerson)」の日本法人代表として働く傍ら、多数のビジネス書籍を出版する金田博之氏に、実際に現場で行ってきた新卒社員への対応方法を聞いた。(清談社 島野美穂)


新卒17人中6人が

大型契約を取り付ける快挙



 新卒社員の教育に関するノウハウは、ちまたにあふれている。しかし、実際の成功事例に勝るノウハウはないだろう。金田氏は30歳の頃に、新卒社員の教育という大きな壁にぶち当たった。


「当時勤めていた会社の事情によって、新卒社員がいっぺんに私の部署に入ってきました。その数17人です。比較的新しい部署に、それだけの新卒が入ってきて、正直どうやって教育すればいいのか頭を抱えました」


 人手が足らず、マンツーマンで先輩社員が教育することは不可能。そこで、新卒をグループ分けし、リーダーを1人ずつ置いて教育していくことにした。最初こそ不安な状況ではあったが、ふたを開けてみると、予想外のことが起こった。


「新卒社員17人のうち、6人が大きな契約を取り付けるという快挙を成し遂げました。それも1年以内にです。前例のない事態ということで、海外支店に向けて発表する機会も設けられたほどです」


 この快挙の裏には、金田氏が行った新卒社員への教育方法があった。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「ビジネス」をもっと詳しく

「ビジネス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ