NYで話題のフリーランサー専用レストランコワークは飲食店の人手不足を解消できるのか。『selfwork渋谷』本日より登録受付開始

8月20日(火)22時40分 PR TIMES

営業時間外のレストランを活用した定額制ワークスペースに、オンラインサロンの「ゆるいつながり」を合わせて起業家、フリーランサー、スタートアップ社員とイノベーションをおこす取り組みです。

飲食店の昼間など空き時間を活用したクラウドキッチン提供サービス『よじげんスペース』を運営する株式会社よじげん(東京都新宿区、代表者荒木賢二郎)は、‘営業時間外のレストラン’と‘オンラインサロンコミュニティ’を活用した月額定額制ワークスペース『selfwork(セルフワーク)渋谷』を9月よりオープン、本日登録受付を開始いたしました。

飲食店の昼間など空き時間を活用したクラウドキッチン提供サービス『よじげんスペース』を運営する株式会社よじげん(東京都新宿区、代表者荒木賢二郎)は、‘営業時間外のレストラン’と‘オンラインサロンコミュニティ’を活用した月額定額制ワークスペース『selfwork(セルフワーク)渋谷』を9月より道玄坂上にオープン、本日登録受付を開始いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36359/19/resize/d36359-19-557285-0.png ]

selfwork(セルフワーク)
https://selfwork.co.jp/

■オフラインは1人で、オンラインはみんなで
selfwork会員になると、安定したWi-Fiや電源、お水やコーヒーなどが整った営業時間外のレストランをワークスペースとして利用することができます。会員同士はオンラインサロンを通じて全員とつながることができ、ロゴ の制作などライトな依頼から、新規事業の壁打ち、アンケート、求人など、会員コミュニティを活用して自身のビジネスを伸ばすことが可能です。イベントは苦手だけれどネット上だと強いコミュ障の起業家や、フリーランサー、スタートアップ社員の利用を想定しております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36359/19/resize/d36359-19-681114-1.png ]

■サービス開発の背景
 個人的に、出先での時間調整などカフェで仕事をする場合、路面のチェーンカフェは満席だったり、やっと入れたファミレスはWi-Fiが繋がらなかったり、「XX駅周辺電源のあるカフェ12選」を見て行ったら電源のある席は埋まっていたり、580円の経費精算がやりづらかったりなど、カフェで常に快適な仕事を行うことは難しい状況にあります。

 働き方改革のもとテレワークやサテライトオフィスの需要も高まっており、自宅でもオフィスでもない第三のワークスペース需要は、大企業中小企業を問わず現在急速に伸び続けています。

 コワーキングスペースに月額料金を払う方法もありますが、カフェで仕事をしたい出先は1箇所では無いので週に1度も使うことはないでしょう。色々なコワーキングスペースが使えるパスポートも登場しましたが、パスポート利用者に話を聞くと、混んでいるとパスポート利用者には席が用意されなかったり、閉店していたり、ストレスも多いということでした。

 弊社の既存事業である飲食店昼間を活用したクラウドキッチン提供サービスよじげんスペースを通じて、飲食店の昼間を活用してこの問題が解決できないか。空いている時間帯を有効活用することにより、飲食店側はランチ時間の人材確保が不要になる上に収益の一部が受け取れ、利用者側はカフェワークを最適化できるのでは無いかと考え、今回selfwork(セルフワーク)という、月額定額制のワークスペースとオンラインサロンを合わせたサービスの開発に至りました。


■レストランついて
 営業時間外のレストランをワークスペースにするという試みは、NYでは7社が参入しすでに1つの市場が出来上がっています。

 今回selfworkでは、キッチンではなく客席のシェアとする事で食中毒リスクを0にし、キッチンを使わない事でお店の仕込み時間との両立も実現しました。飲食店が抱える赤字と人手不足という問題を解決するために、ランチ営業を止めてコワーキングスペースの運営をよじげんへ委託するという形を提案して行く予定です。

 また、NYのレストランコワーキングでは、コワーキングタイム終了後もユーザーがそのまま残ってレストランでディナーを楽しんだり、コワーキング運営会社と利用者がSNSでのシェアで勝手にお店の名前と場所を宣伝してくれるという宣伝効果もうまれている様です。

 ワークスペースは渋谷道玄坂上から始まり、会員の投票により出店場所を決める形で、2019年内に都内で4店舗、2020年内に全国主要都市100店舗1万人のネットワーク構築を計画しております。
[画像3: https://prtimes.jp/i/36359/19/resize/d36359-19-420721-2.jpg ]



■オンラインサロンについて
facebookグループを活用し、メイングループに加えて30個から40個のテーマ別分科会を用意します。

「誰か、ロゴを作ってくれないか?3万円で。」

「もし、月8000円でいろんなカフェがワーキングスペースになるならどうする?」

「アプリ作るの手伝ってくれませんか?」

「めしどこかたのむ」

「今日渋谷で飲める人」

このようにオンラインサロンでは、会員同士のクラウドソーシング、ビジネスマッチング、テストマーケティング、求人、などビジネスの付き合いも深めつつ、ラーメン部、餃子部などビジネス以外の部活動も提供する予定です。

フリーランサーや起業家は、コミュ障だけれど寂しがり屋というデータもあります(当社調べ)。
「仕事が終わって誰かとご飯行きたいけれど、twitterに投稿して誰もきてくれなかったら寂しいし恥ずかしい」という起業家の方でも、会員制のfacebookグループの中でハイボール部の「部活」が楽しめる場を提供します。

また、テーマ領域に沿ったスポンサー企業との共創マッチングも進める予定です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/36359/19/resize/d36359-19-567638-3.png ]


■利用料金等
8,800円/月〜
法人プランあり
※9月からのオープンとなりますが、本日より利用登録を受け付けております

■今後の展開について
 飲食店の昼間など空き時間を活用するよじげんスペースの物件調達力を生かし、小さな飲食店はクラウドキッチンとして間借り希望者へ提供し、50席以上の大きな飲食店の客席はselfcafeとして運用を行うことで飲食店が抱える人手不足と赤字の問題を解決してまいります。
 また、selfcafeの運営自体も‘ホスト制’としてオンラインコミュニティの中で希望者を募る事で出店速度を加速していく予定です。

企業さまからのスポンサー、協業、リソース提供などのお問い合わせもお待ちしております。

■selfwork(セルフワーク)
https://selfwork.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社よじげん
東京都新宿区新宿3-10-11 国久ビル4F
araki@4jigen.space
https://4jigen.space/

PR TIMES

「レストラン」をもっと詳しく

「レストラン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ