47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 長野の味『ポテトチップス 山賊焼き味』 9月23日(月)発売!

8月20日(火)15時40分 PR TIMES

鶏の1枚肉を豪快に揚げた郷土料理の味わい

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、長野県塩尻市で生まれた郷土料理の味わいを再現した『ポテトチップス 山賊焼き味』を数量限定・期間限定で2019年9月23日(月)、長野・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟(8県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(11月上旬終売予定)。

[画像1: https://prtimes.jp/i/30525/229/resize/d30525-229-595887-0.png ]

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2019年度の第1弾となる長野の味『ポテトチップス 山賊焼き味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、長野県庁にて地元を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、2017年度の「キムたくごはん味」、2018年度の「野沢菜漬け味」に続く味案として、「安曇野産わさび」等のアイデアも出されましたが、特に「山賊焼き」に強いご要望をいただいたことから、お客様の声に応えるべく商品化しました。

【商品特長】
[画像2: https://prtimes.jp/i/30525/229/resize/d30525-229-590297-1.jpg ]

「山賊焼き」は、タレにつけこんだ鶏の一枚肉を豪快にカラッと揚げた郷土料理です。長野県塩尻市で生まれ、今では中信地区(塩尻・松本エリア)を中心に広く愛されている味わいです。本商品は、この「山賊焼き」の味わいを再現したポテトチップスです。厚切りのVカットで、食べ応えのあるザクッとした食感に仕上げています。

パッケージは、味名の「山賊焼き」のフォントを力強くガッツリとしたイメージで表現し、中央に料理写真を配置して、味わいを想起させるインパクトのあるデザインにしました。長野県PRキャラクター「アルクマ」や背景に松本城のイラストを掲載し、親しみを感じさせるとともに、裏面では、みんなが信州をもっと好きになって、信州を発信していくことを目指すプロジェクト「しあわせ信州」の紹介を掲載しています。

【開発担当者のコメント】
長野県で親しまれている山賊焼きをポテトチップスとして再現するにあたり、相性の良い食べ応えがある厚切りのギザギザカット(Vカット)のポテトチップスを選択しました。

食べた瞬間に、にんにくの風味を感じ、噛むごとに鶏肉の旨味と、揚げ衣の香ばしい風味を味わえる設計にしています。醤油だれの味わいの中に、隠し味にジンジャーパウダーを入れて、食べ応えがありつつも、ついついもう1枚と手が伸びる味わいに仕上がりました。この企画ならではの特別な味わい、ぜひお召し上がりください!


[画像3: https://prtimes.jp/i/30525/229/resize/d30525-229-702980-2.jpg ]

【商品概要】
商品名:ポテトチップス 山賊焼き味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
JANコード:4901330537029
価格:オープン(想定価格 税込み130円前後)
発売日:2019年9月23日(月)
    ※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
    ※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:長野・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟
アンテナショップ:新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・
         海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・
         神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店

PR TIMES

「ポテトチップス」をもっと詳しく

「ポテトチップス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ