“意識高い系”が仇となり大手を辞め起業して陥った37歳の「マイルド貧困」

8月22日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

写真はイメージです Photo:PIXTA

写真を拡大


格差や貧困問題の是正が放置されているうちに、「アンダークラス(パート主婦を除く非正規労働者)」が900万人を突破、日本は「階級社会」への道を突き進んでいる。中でも「中間階級」が崩壊、新たな貧困層が生まれてきた。それは、どん底一歩手前の「マイルド貧困」とも呼べる新たな階級だ。そこでDOL特集「『マイルド貧困』の絶望」第6回は、いわゆる“意識高い系”であるがゆえに、大手企業を辞めて起業、その結果「マイルド貧困」に陥った男性を追った。(ライター 根本直樹)


“体験を売る”というアイデア実現のために

一部上場企業を辞めて独立


「正直、今はどん詰まり状態。後悔していないと言えば嘘になります。日本って1度つまずいたら、そう簡単に再起できる社会じゃないんですよ。だから、今は苦しくても、何とか続けていくしかないと思っています。光明ですか? そろそろ見えないと本気でヤバいんですが」


 山下颯太社長(仮名・37歳)はそう言うと、力なく笑った。かつては一部上場の大手IT系企業でEコマース関連部署のマネージャーを務めていたが、3年前に起業を目指して退社。当初は、フリーランスとして前の職場の上司から仕事をもらいながら準備を進め、今から2年前、念願のITベンチャーを立ち上げた。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「貧困」をもっと詳しく

「貧困」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ