OPPO Japan R15 シリーズ2製品を発表

8月22日(水)15時35分 Digital PR Platform


防水・FeliCa対応の「R15 pro」を9月下旬、大画面・大容量バッテリーの「R15 Neo」を8月31日(金)から順次発売

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1390/28510/160_286_201808212311275b7c1d8f89172.jpg
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1390/28510/300_312_201808212311375b7c1d991a066.png



【2018年8月22日、東京】 アジアNo,1の市場シェアを誇るスマートフォンブランド、OPPOの日本法人、OPPO Japan株式会社(本社:東京都品川区、OPPO Japan 代表取締役:鄧 宇辰(トウ·ウシン/Deng Yuchen)は本日開催した記者発表会で、日本市場向け第二弾のスマートフォンとして、日本市場向けに防水とFeliCaに対応したハイエンドモデル「R15 Pro(市場想定価格69880円/税別)」を9月下旬、大画面・大容量バッテリーでコストパフォーマンスに優れたモデル「R15 Neo」のメモリー3GBモデル(市場想定価格25880円/税別)を9月7日(金)から、メモリー4GBモデル(市場想定価格29880円/税別)を8月31日(金)より、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店、ならびにAmazonなどのオンラインストアで順次販売開始することを発表しました。Amazonでは、本日より予約受付を開始いたします。

R15 Proについて

■最新のA.I.インテリジェントカメラで、プロレベルの写真を実現
R15 Proはアウトカメラに1600万+ 2000万画素のA.I.デュアルカメラを採用しました。イメージセンサーにはSonyの最新のIMX519を搭載、さらにA.I(人工知能)技術を導入。新しくなった「A.I.ポートレートモード」が、写真の背景に今まで以上に自然なぼかし効果をもたらします。また、A.I.シチュエーション認識機能、3Dライティングなどの新機能も搭載しており、OPPOが提唱する「カメラフォン」の名の通り、誰もが手軽にプロレベルの写真を実現します。

■進化したA.I.ビューティー機能
R15 Proでは、A.I.ビューティー機能がさらに進化しました。 シャッターを押した瞬間に、2000万画素のインカメラで、顔の296ポイントを正確に捉え(前世代より16.5%アップ)、顔の認識精度を高めたこと、進化した800万パターンのビューティー効果で、撮影した人物に最適なビューティー効果をもたらします。さらに、センサーHDR技術で逆光の環境でも写真を鮮明に写します。

■日本市場向けに防水機能ならびにFeliCa(おサイフケータイ®)に対応
OPPOは、日本市場参入後も引き続き、日本のお客様のニーズを調査して参りました。今回発売するR15 Proは、特にお客様からのニーズが高かった防水機能とFeliCaに対応するため、日本市場向けに再設計を行いました。防水機能についてはIPX7*に対応しており、雨やちょっとした水濡れにも耐えられます。FeliCaはおサイフケータイ®などに対応し、様々なお客様にも満足いただける仕様となっております。
*IPX7: 規程の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない。水面下・15cm〜1m、30分間。IEC(国際電気標準会議)の規格による。

■スクリーン比率19:9の大画面スクリーンと洗練されたデザイン
R15 Proは、6.28インチで、スクリーン比率19:9のフルスクリーンを搭載、ノッチありのディスプレイを採用したことで、より大きな画面で様々なコンテンツを楽しむことができます。R15 Proのデザインやカラー設計は、世界的に有名なプロダクトデザイナーでありカラーマスターでもあるカリム・ラシッド氏と共同開発しました。両面ガラスのボディに加え、グラデーションカラーを用いることで、レッドをより情熱的に、パープルをより神秘的に表現しています。さらに金属とは異なった繊細なガラスならではの手触りの良い質感を実現しました。

R15 Neoについて

■6.2インチのフルスクリーン、4230mAhの大容量バッテリー搭載
R15 Neoは6.2インチで、スクリーン比率19:9のフルスクリーンを搭載、画面占有率を88.8%(R11sは85.8%)まで広がっており、筐体サイズがほぼ変わらずに、大画面でコンテンツをお楽しみいただけます。R15 Neoのバッテリー容量は4230mAhと、現在市場に流通しているスマートフォンの中でも最高水準の大容量バッテリーを搭載、バッテリー残量を気にすることなくご使用いただけます。

■デュアルカメラ搭載、A.I.ビューティーモードにも対応
R15 Neoは、1300万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載、A.I. ポートレートモードで、背景のぼかしを自然につくることができること、撮影した写真の人物を被写体として強調して、写真の主役にしてくれます。また、R15 Proと同様にA.I.ビューティーモードにも対応しており、800万画素のインカメラと共に、あなただけの「美しさ」を表現します。

■選べるメモリー容量と大容量の64GB ROMを搭載
R15 Neoは3GB RAMと4GB RAMの2モデルを用意。ROMも64GBと同じ価格帯のスマートフォンでも大容量となっており、撮影した写真や動画、ダウンロードしたアプリなどの容量を気にせずにご利用いただけます。

■トリプルスロットでDSDV対応
R15 Neoは、カードスロットがトリプルスロットで、デュアルnano-SIM(DSDV)+microSDカードに対応しており、契約いただいているキャリアに応じて、自由にSIMカードを組み合わせてご利用いただけます。

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/1390/28510/600_868_201808302000105b87ce3a1f349.png







OPPOについて
OPPOはカメラフォンブランドとして、アジアや欧州、アフリカ、オセアニアなど30の市場のあらゆる世代の方に楽しんでもらっています。OPPOはこの10年の間、カメラフォンの製造に注力しており、画期的なモバイルの撮影技術を革新してきました。OPPOは、セルフィーのビューティフィーケーション機能の提供を時代に先駆けて始めた最初のスマートフォンブランドとして5MPと16MPのフロントカメラを搭載したスマートフォンを提供しました。またOPPOは、UltraHD対応、回転式で5倍ズーム対応のデュアルカメラを搭載した初のスマートフォンも提供しています。OPPOのスマートフォンは、Counterpointの2017年Q3の調査でアジア第1位、IDCの調査でグローバル第4位にランクインしており、今日では優れたスマートフォンでの撮影体験を世界中の方々に提供しています。


OPPO Japan公式WEBサイト:
http://www.oppo.com/jp/index.html

Twitter:
https://twitter.com/OPPOJapan

Facebook:
https://www.facebook.com/oppojapan/

Instagram:
https://www.instagram.com/oppojapan/

【製品に関するユーザーからのお問い合せ先】
OPPO Japanカスタマーサポート
support.jp@oppo.com
Tel: 0120-03-6776
(受付時間 年中無休10:00〜19:00)
https://www.oppo.com/jp/supports/

Digital PR Platform

「R15」をもっと詳しく

「R15」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ