地震速報

9月16日1時27分頃、最大震度3の地震がありました

震度3 青森県三八上北

【新製品】アートフィアーよりワンアクションでフルオープンの口枠式バッグ「Forte(フォルテ)」2モデルが新登場

8月22日(木)17時40分 PR TIMES

〜モバイルワーカーのオン・オフを強力にサポートする近未来型バッグ〜

鞄生産量日本一を誇る街 兵庫県豊岡市のバッグメーカー株式会社アートフィアー(本社:兵庫県豊岡市、代表取締役:土生田 昇)は、モバイル機器収納に適した構造とワンアクションでフルオープンする開口部を持つ「フォルテ」を2019年9月4日(水)より発売いたします。予約販売は、公式サイトより8月21日(水)スタート。
【URL】https://www.artphere.com/forte

[画像1: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-887359-1.jpg ]

Forte 5つの特徴
1.クイックオープンシステム

メインルームには、ワンアクションで大きく開くアルミフレームを採用。取り出しやすく視認性にも優れ、機能ポケットも充実。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=U5SymwnlMmQ&feature=youtu.be ]


2.美しい曲線美を保つPフレーム
Pフレーム(Protect Piping)を使用することにより、立体的な美しいシルエットを保ち自立を維持します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-288415-2.jpg ]

3.使い心地を向上させるショルダーパッド
ショルダーベルトのパッドには、ズレ防止の特殊な素材を使用。クロスに切られた大きな溝がネジレに対してフレキシブルに可動することで歩行時も安定。またバックパックの背負ベルトは、独自の曲線を描きからだにフィットします。
[画像3: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-498838-7.jpg ]

4.背中を風が抜ける爽快感
快適な背負い心地を実現する一体整形で仕上げた背面パッド。クロスのみぞが空気の抜け道となり、身体と密着することで発生するムレを発散。また適度な厚みはからだとフレームの接触を軽減します。
[画像4: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-269832-3.jpg ]


5.衝撃吸収 宙吊りポケット
バッグ内装にはモバイル機器が底に触れない宙吊りポケットを採用。不意な落下から、大切なモバイル機器を守ります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-164141-14.jpg ]




開発ストーリー


2006年の創業以来、口枠を利用したダレス構造のバッグにこだわり続けてきました。
2009年、世界最高峰のドイツの工業デザイン賞にニューダレスバッグが「iFデザインアワード」を受賞。
ニューダレスバッグは、誕生から10年改良を重ね現在も多くのお客様に支援されております。
近年、スーツ姿にバックパックを背負うスタイルが定番化しノートパソコンやタブレットを持ち運ぶことが当たり前になり、スマートフォンを使用するために「両手の自由度」が高いバックパック人気が高まったのは、まさに時代の流れといえます。ただ残念ながら、ニューダレスバッグは背負うことに重点を置いた製品ではなかったのです。私たちはニューダレスバッグの良さを引き継ぎ、背負うことに特化した新しいバックパックに着手しました。背負っても快適な口金式のバックパックをつくりたい。まず、私たちは背中に直接触れる背面部に注目いたしました。独自開発した一体成型のウレタンパッドは、長時間背負っても痛くならない適度な硬さに、さらにクロスに溝を切ることで空気の通り道=エアートンネルが、背中の蒸れを軽減。背負ベルトは、独自の曲線でからだにフィットさせる事に成功。
[画像6: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-354656-6.jpg ]

これまで誰も見たことがないような、斬新で格好良いデザイン。それをいかに使いやすく機能的なカバンに落とし込んでいけるか。世界中の新しい素材を探し出し、持ち前の技術を駆使して、それをカタチにしていく。
たくさんのデザイン・試作を繰り返し、ついにForteが完成いたしました。
[画像7: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-448602-13.jpg ]




利用シーン


ビジネスシーンでもバックパックの需要が高まっています。
凛としたフォルムで自立するバックパックはビジネスシーンでも大活躍。2つのモバイル機器用ポケットは、PCの持ち運びに最適です。カフェやフリーデスクのオフィスではショルダー型がオススメ。バッグの中にPCを置いたまま、狭いテーブルでもPC作業が可能です。
[画像8: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-488385-9.jpg ]




製品概要


バックパック型(FW02-101) カラー:ブラック/ネイビー/オレンジ/グレー
サイズ:W330 H380 D140/1550g 素材:本体(人工皮革・ナイロン)裏地(ナイロン)
販売価格:27,000(税別)
[画像9: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-334848-10.jpg ]

ショルダーバッグ型(FW02-102)カラー:ブラック/ネイビー/オレンジ/グレー
サイズ:W365 H270 D130/1,160g 素材:本体(人工皮革・ナイロン)裏地(ナイロン)
販売価格:25,000(税別)
[画像10: https://prtimes.jp/i/47552/4/resize/d47552-4-665888-11.jpg ]

株式会社アートフィアー  https://www.artphere.com
販売は、ARTPHERE ONLINE STORE
http://www.store.artphere.com/SHOP/162941/211492/list.html

PR TIMES

「バッグ」をもっと詳しく

「バッグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ