新宿で魔法使い体験!? 逃げ出した魔法生物を捕まえろ!最新技術を駆使したProjection Table Game最新作『ある魔法図書館の奇妙な図鑑』スタート日決定!

8月23日(木)18時0分 @Press

昨年末に新宿・歌舞伎町にオープンし、老若男女を問わず、さらに海外の方も日々訪れる、世界初・国内最大となる"謎"をテーマとした大人気のテーマパーク「TOKYO MYSTERY CIRCUS(以下、東京ミステリーサーカス)」。その運営会社「合同会社TOKYO MYSTERY CIRCUS」(所在地:東京都新宿区、代表社員:加藤隆生)は、昨年末のオープン以来すでに25万人以上が来場している当該施設にて、Projection Table Gamevol.2『ある魔法図書館の奇妙な図鑑』を2018年11月1日(木)より開催することを発表いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_1.jpg
Projection Table Game(略称:PTG)とはテーブルにプロジェクションされた謎や暗号を解き明かしていく体感型ゲーム・イベントです。
本イベントは今年4月よりスタートすることを発表、しかしコンテンツとシステムの調整の目処が立たず、お客様に満足いただけるものを提供することが難しいと判断し、公演延期することを発表していた公演となります。調整期間を経て、より面白く、より美しい、映像と謎にパワーアップいたしました。
ストーリーは、王立魔法学園を舞台に、見習い魔法使いのあなたが、図鑑から逃げ出した魔法生物を捕まえ、学園をピンチから救うストーリーとなっています。図鑑の中で“生きた”魔法生物が動き、その魔法生物を捕まえたり、利用することで、図鑑の世界と対話するような体験をお楽しみいただけます。
スタート日決定と共に、CMも公開されました。王立魔法学園を舞台とする、美しく不思議な世界を表現したCMにもぜひご注目ください。
また、本公演スタートに伴い、Projection Table Game vol.1『不思議な晩餐会へようこそ』は2018年10月28日(日)をもって東京ミステリーサーカスでの公演を終了いたします。こちらもどうぞお楽しみください。

■Projection Table Game vol.2
『ある魔法図書館の奇妙な図鑑』

<ストーリー>
ここは、王立魔法学園。
君達はそこに通う生徒で、見習い魔法使いだ。
今日は図書委員の当番の日。
司書の先生は出張に向かっているので、君達だけで業務をこなさなくてはならない。
黙々と仕事をしていた君達は、机の上に放置されている図鑑に気が付く。
それは先生がいつも厳重に保管している「魔法生物図鑑」だった。
君達は不思議な光に導かれるように、その図鑑を開いてしまう。
その瞬間、図鑑から何匹かの魔法生物が飛び出してしまった。
このままでは一時間後に魔法生物達が逃げ出し、君達は処刑されてしまう!
君達は全ての生物を図鑑に戻し、この危機を乗り越えることができるのか?

<CM>
https://youtu.be/bcGj6-nazwU
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_2.jpg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_3.jpg
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_4.jpg
<特設サイト>
https://mysterycircus.jp/ptg2/
これは、実際にあなたの手でプロジェクションマッピングを変化させて、物語をエンディングに導くゲーム・イベントです。

<公式Instagram>
@projection_table_game

<チケット料金>
前売一般:3,100円
前売学生:2,600円(要学生証)
前売グループチケット:18,000円
当日一律:3,600円

<11・12月公演分チケット発売日>
一次購入者優先発売
2018年8月22日(水) 18:00〜2018年8月31日(金) 23:59
少年探偵SCRAP団員先行発売
2018年9月1日(土) 12:00〜2018年9月7日(金) 23:59
一般発売
2018年9月8日(土) 12:00〜
※一次購入者優先発売とは、2月3日(土)〜4月5日(木)まで販売していた『ある魔法図書館の奇妙な図鑑』のチケットに一度お申込みいただいた方が、優先的に購入いただけるチケット発売期間となります。

<プレイ形式>
想定プレイ時間: 100分
チーム人数:6人
場所:屋内
スタート:一斉スタート

【世界一謎があるテーマパーク『東京ミステリーサーカス』概要】
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_5.png
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_6.png
■施設名 :TOKYO MYSTERY CIRCUS(東京ミステリーサーカス、略称:TMC)
■施設面積 :約1,650平方メートル
■所在地:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 APMビル
(JR 新宿駅東口 徒歩 7 分 / 西武新宿駅 徒歩 2 分)
■料金:入場無料 ※別途コンテンツごとのチケット制
■ご利用方法:チケット制
■営業日・営業時間 :<平日>11:30〜23:00 <土日祝>9:30〜23:00 ※不定休
■公式ホームページ:https://mysterycircus.jp
■公式Twitterアカウント:@T_MysteryCircus

SCRAPとは?
いまや謎解きゲーム・イベントは一大ブームとなり、世界中で数千もの専用施設があります。2008年設立のSCRAPは、謎解きゲーム・イベントブームの先駆けとなり、全世界で参加者を興奮の渦に巻き込む「リアル脱出ゲーム」など数々の参加型謎解きゲーム・イベントを展開してきました。
2017年12月現在、全国14店舗、さらに海外2ヶ国7店舗で展開しています。これからも、世界中の人々にドキドキとワクワクを届け続けます。
公式ホームページ http://www.scrapmagazine.com/

+++++
Projection Table Gameとは?
プロジェクションテーブルゲームとは、1つのテーブルに6人で座り行うゲームです。
テーブルにプロジェクションされる内容は、自分たちが行うアクションによって、
まるで魔法のようにさまざまに変化していきます。謎を解き明かし物語をエンディングに導く事ができればゲームクリアです。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_7.jpg
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_8.jpg
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_9.jpg
+++++
リアル脱出ゲームとは?
2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。07年に初開催して以降、現在までで360万人以上を動員している。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテインメントである。
※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。

オフィシャルサイト→http://realdgame.jp/
ツイッターアカウント→@realdgame
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_10.jpg
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_11.jpg
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/164222/img_164222_12.jpg
過去のリアル脱出ゲーム







詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「魔法」をもっと詳しく

「魔法」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ